名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

川島廣守の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川島廣守のプロフィール

川島廣守、かわしま・ひろもり。日本の官僚、プロ野球コミッショナー。福島県出身。中央大学法学部在学中、高等文官試験に合格。卒業後、海軍主計大尉としてインドネシアで太平洋戦争終戦を迎える。戦後は警察庁に入り、警視庁公安部長、警察庁警備局長などを歴任。内閣調査室長、内閣官房副長官などを務めた。その後、セリーグ会長、プロ野球コミッショナーなどを務め、日本球界に貢献。初めてプロ野球選手をオリンピックに派遣することを決定したことでも知られている。

川島廣守の名言 一覧

5つ褒め、3つ教えて、2つ叱る。


川島廣守の経歴・略歴

川島廣守、かわしま・ひろもり。日本の官僚、プロ野球コミッショナー。福島県出身。中央大学法学部在学中、高等文官試験に合格。卒業後、海軍主計大尉としてインドネシアで太平洋戦争終戦を迎える。戦後は警察庁に入り、警視庁公安部長、警察庁警備局長などを歴任。内閣調査室長、内閣官房副長官などを務めた。その後、セリーグ会長、プロ野球コミッショナーなどを務め、日本球界に貢献。初めてプロ野球選手をオリンピックに派遣することを決定したことでも知られている。

他の記事も読んでみる

依田宣夫

従来、家長と呼ばれる存在は、給与さえ家に運んでいれば尊重される存在だった。しかし、消費の形態が異様に複雑化した現在では、消費の意思決定にも力を発揮しないと、存在を承認される可能性は低い。多くの男性はここを勘違いして、いまだにもっと多く稼げば家族の尊敬を勝ち取れると思い込んでいるようだがそれは違う。現代の家族が期待しているのは、必ずしも収入の多寡ではなく、この複雑極まりない時代を乗り切っていく知恵なのだ。


ヘレン・フォン・ライス

聞く側として相手の意見を尊重することの大切さを実感したのは、商品カタログ製作のプロジェクトリーダーを任されたときでした。米国市場向けのカタログの出来が悪いとマーケティング担当者に指摘され、米国の家庭の生活実態を再調査することになりました。改めて調べてみると、カタログ製作拠点があるスウェーデンと米国の家は一見似ていますが、実態はかなり違うことに気付かされました。それに合った家具やインテリアを提案するようにカタログの内容を変えたところ、大変好評でした。


出雲充

いまは、人を疑うことがあたりまえの社会です。「子どもから電話がかかってきても、振り込め詐欺かもしれないから気をつけよう」とテレビ放送が流れる。注意喚起は必要かもしれませんが、人を疑うことを前提にした社会が、本当に成熟した社会といえるのか。私には、そう思えません。


杉田敏

英語の教材は、書店へ行くと様々なものが売られています。一番売れているのは「やさしそう」「すぐにできそう」と思えるものだそうです。しかし、自分にやさしそうなテキストは、いくらやってもそのレベルどまりです。レベルアップは望めません。英語の教材は、ちょっと難しいかなと思えるもの、自分の実力より少し上のものを選ぶことをお勧めします。


池谷裕二

毎日を悲観的に過ごせというつもりはありませんが、このくらい悪いことが起きるかもしれないと、頭の中でシミュレーションをしておくと、実際に不測の事態が起こった際に感じるストレスを軽減できます。これは準備された心、「プリぺアド・マインド」といいますが、このような予測を心のどこかに持っておくことは必要でしょう。


須磨久善

上手いといわれる医者の手術は国内外を問わず、すべて見に行きました。自分の手術と比較をしました。やり方に違いがあれば、なぜ違うやり方をするのか考え、同じやり方なのに自分より上手ければ、なぜ上手いのかを考えました。そして、採りいれてみてしっくりくるものは、ためらうことなく採りいれていきました。


川上徹也(パナソニック)

私の信条は「クリーンハンド」「クールヘッド」「ウォームハート」です。人に避難されないようなキレイな手で、冷静な頭で数字を扱う。そして、相手を理解しようとする温かい心を持つ。とくに最後の温かい心を大事にしています。結局、優しさとは相手の立場をどこまで理解できるかだと思います。


佐治信忠

トップが「やってみなはれ」と絶えず言い続けること。1回でダメなら10回、それでダメなら100回でも1000回でも飽きずに言い続けることが大事。


安保拓朗

再来店率をいかに高めるかが勝負なんです。そこで、3年前から「漁火応援団」という取り組みを行っています。リピート客に、角ハイボール、サワー、セットの氷、ウーロンハイ無料を1杯無料にしています。


一休

自心すなわち仏たることを悟れば、阿弥陀願うに及ばず。自心の外に浄土なし。


山中さわお

中学生の頃、出会ったのが、マイケル・シェンカー・グループの「Are You Ready To Rock」。その当時買ったギター雑誌に、この曲のタブ譜がついていたので、ものすごい時間をかけて練習して8小節くらい弾けるようになったんです。その瞬間、聴いている側ではなく、演奏している側の感覚を得たんですよ。そのときに、得体の知れない、すごく特別なことをしているような感覚になったんです。それからはひたすらギターに没頭していました。


道脇裕

自分のアイデアをいろいろ人に話していたら、「キミの頭の中にあるものをそのままにしておくのはもったいない。一度、出に出してみないか」と言って支援してくれた方がいたのです。それで自分の頭の中にあった発明ストックをザッと書き出したら、200くらいになった。そこから絞り込む作業をやりました。実現性はどうか。開発コストはどれくらいかかるか。製品化したとして、マーケットはあるか。そうやってさまざまな角度から検討して最終的に残ったのが、緩まないネジでした。