川島廣守の名言

川島廣守のプロフィール

川島廣守、かわしま・ひろもり。日本の官僚、プロ野球コミッショナー。福島県出身。中央大学法学部在学中、高等文官試験に合格。卒業後、海軍主計大尉としてインドネシアで太平洋戦争終戦を迎える。戦後は警察庁に入り、警視庁公安部長、警察庁警備局長などを歴任。内閣調査室長、内閣官房副長官などを務めた。その後、セリーグ会長、プロ野球コミッショナーなどを務め、日本球界に貢献。初めてプロ野球選手をオリンピックに派遣することを決定したことでも知られている。

川島廣守の名言 一覧

5つ褒め、3つ教えて、2つ叱る。


川島廣守の経歴・略歴

川島廣守、かわしま・ひろもり。日本の官僚、プロ野球コミッショナー。福島県出身。中央大学法学部在学中、高等文官試験に合格。卒業後、海軍主計大尉としてインドネシアで太平洋戦争終戦を迎える。戦後は警察庁に入り、警視庁公安部長、警察庁警備局長などを歴任。内閣調査室長、内閣官房副長官などを務めた。その後、セリーグ会長、プロ野球コミッショナーなどを務め、日本球界に貢献。初めてプロ野球選手をオリンピックに派遣することを決定したことでも知られている。

他の記事も読んでみる

福嶋隆史

対義語やワンセットで使う言葉を意識することは、物事を一方的に決めつけず、見落としも出さない、客観的な文章、論理的な思考につながる。


田坂広志

私自身は、書店で時間を過ごすとき、様々なジャンルの本のコーナーを見て回ります。時代の最先端のテーマは何か、いま多くの人が興味を持っているテーマは何か、古いテーマの新たな切り口は何かなど、考えながら回ります。すると、書店を出るころには、いろいろな物語が心の中に生まれてきます。


島田精一

成功は必然ではなく、偶然の産物。だからといって運に頼るのではない。偶然は「たゆまぬ努力という必然があってはじめて生み出される」もの。


北川登士彦

当社の仕事は賃貸管理ではない。お客様や社会のニーズを探り、解決することで、価値を創造することだ。


三屋裕子

自信はないけど、負けるのは嫌い。ずっと自身がなかった。現役時代、自分がすごい選手だと思ったことがない。スパイク賞やサーブ賞をとっても、これで満足しちゃいけないと思ったし、下手だからとにかく練習しなきゃと思った。


根本次郎

日本型経営と言った場合、戦後の高度成長の中で生まれた制度であるかのように思いがちですが、その萌芽は戦前、戦中の国家総動員体制の中にすでにみられました。戦後、経済復興を目指した傾斜生産方式がとられる中で、これを支えるシステムとして終身雇用、年功序列、労使協調などの日本型経営システムが浸透していったわけです。一口に日本型経営の見直しと言っても、このように今日の繁栄が先達の血のにじむような努力によって築かれたものであることをよく認識したうえで、新しい方向を探ることが必要でしょう。


アルベルト・ザッケローニ

日本は自分たちの特徴に合わせたサッカーをすべきだと思う。つまり今のテクニカルなサッカーをスピードに乗せてやることだ。確実に言えることは私は日本の伝統を変えていくつもりはない。その伝統の中に入っていくのはこの私であって日本人が私に合わせるのではない。


鎌田浩毅

古典は「解説」から読みましょう。古典を理解するうえで重要なのは、歴史上の位置づけです。どのような時代に生まれて、その登場によって人間の見方・考え方にいかなる影響を与えたのか。そうした背景がわかれば、本文の理解も早く進むはずです。


原田明夫

これからの日本は、司法で処理することを「約束事」と考えるべきではないでしょうか。企業法務でも、出るところに出ようじゃないかというと開き直りのように聞こえますが、そうではありません。透明なやり方で解決しようよということです。そのためにも弁護士でもいい、友人でもいい、トップに直言できる人間が会社には必要です。


小杉友巳

何事にも共通することですが、諦めたときがおしまいです。自分の人生を「もう大したことはできない」とばかりに諦めてしまうと、そこから先が余生になり、生きがいもハリもなくした隠居生活になってしまうのではないでしょうか。


喜多あおい

入念な準備をしていれば、取材で得られる情報の質は格段に上がる。


金川千尋

私は神様ではありません。目の前に、「どうしても売れない。どうしたらいいだろうか」と困り果てた営業マンがいても、どう声をかければいいのかわかりません。しかし、酷な言い方になりますが、こうした不況期にこそ、平時の努力の結果が表れるのです。


福沢桃介

アメリカは、黄金の毒素によって、今にローマのように衰亡する道を歩いている。そのアメリカから、金の毒を、わずかながら取り出してやろうとする私は、実は貴国から感謝されていいはずです。【覚書き|上記の言葉は融資を引き出すために渡米した際、タフト元大統領とアメリカ政財界の面々の前で語った言葉】


鈴木貴子(経営者)

当社の社員は会社と仲間が好きで、自分たちの企業文化や理念に誇りを持っている。それはとても素晴らしいこと。それに対して、私から社員の皆へ感謝の言葉をてらいなく口に出して伝える。これがとても大事。


高橋克徳

理念とビジョンは大切。「何を目的とし、何をする会社なのか」が明確でないと、社員の思いも見えてこず、未来への活力は生まれません。現在の職場の行き詰まりは、変革へのターニングポイント。そこを乗り切れないと会社は沈んでいきます。


ページの先頭へ