名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川岸亮造の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川岸亮造のプロフィール

川岸亮造、かわぎし・りょうぞう。日本の経営者。「オフィスで野菜」を運営する「KOMPEITO」共同創業者。千葉県出身。東京理科大学卒業後、日本能率協会コンサルティングを経てKOMPEITOを設立。

川岸亮造の名言 一覧

キユーピーとも提携しているんです。僕らがハブになってそういった既存の大手プレイヤーを巻き込めば、世の中を動かす力はもっと大きくなる。


コンサル会社で働いていた頃は複数のプロジェクトを掛け持ちしていました。どれも面白いけど「こなす」感じは否めない。ひとつに没頭できればもっと大きなインパクトを残せるのに……。そんな折りに会社の同期に農業界が抱える問題を聞かされたんです。この先農業界は変わる、そこで自分が没頭すればインパクトが出せる。そう思って同期と2人で起業しました。


初期は僕らが自転車をこいで「お前は港区内担当な」とやって野菜を届けていたんですが(笑)、今は朝日新聞の販売所と提携して配送を仕組み化しました。考えてみると自力にこだわる必要もないんですよね。


川岸亮造の経歴・略歴

川岸亮造、かわぎし・りょうぞう。日本の経営者。「オフィスで野菜」を運営する「KOMPEITO」共同創業者。千葉県出身。東京理科大学卒業後、日本能率協会コンサルティングを経てKOMPEITOを設立。

他の記事も読んでみる

山本康博

情報だけ聞いてわかった気にならないことが大切。自分で直接確かめないことには、信じないですね。


佐藤優

徹底的に働く。これは自分自身がある程度のレベルに達するまでは、やっぱり必要なことだと思う。「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、昔は若いうちに徹底的に鍛えるという風潮があった。


永守重信

午前中は頭脳の働きが冴えているので、稟議書などの書類を読み込んだり、難しい文書を作成したりという仕事にあてています。集中力が落ちてくる午後には、人と会って刺激を受けます。それが4時半までです。5時を過ぎると再び集中力が高まってくるので、またデスクワークに専念します。退社時間は、20代のころは夜12時と決めていましたが、60代のいまは8時に切り上げています。


久野康成

経営者は、未来を語る人と、過去を語る人に分かれます。過去を語る人は現状に満足しているか、将来を諦めている人でしょう。


川村元気

映画の世界では「トラブル・イズ・マイ・ビジネス」ってよく言うんですよ。監督が思いつきで言ってきためちゃくちゃなことに対して、なんとか食らいついて屁理屈で返してるうちに、面白いアイデアが出てくる。それが映画の世界における「企画」という仕事なんです。


イチロー(鈴木一朗)

大切なのは、チームが負けたからといってモチベーションを失ってはいけないということなんです。


天坊昭彦

常に新しい市場に挑戦し、そこで大義ある事業を展開する。この2つが、出光の事業ポートフォリオを形作ってきたと言えます。


高城幸司

遊びを通じて社内外でビジネスチャンスやネットワークを広げる行動力や、仕事のために「持ち出し」を嫌がらない姿勢が、一定の評価につながる側面はある。


川﨑宗則

一番何が楽しいかって、ガチガチにプレッシャーを感じて、勝ちに行くということ。本当に勝ちたいという気持ちで全試合をやりたい。


森口博子

歌手デビュー後、鳴かず飛ばずでスケジュール帳は真っ白。高校卒業時には、早くも事務所からリストラ宣告です。私は「何でもしますから、福岡に帰さないでください!」と懇願……。「何でもします」と言った私はホントに何でもやりました(笑)。バラエティ番組で宙吊りにされたり、滝に打たれたり。雄のロバを口説いたこともありますよ。結果的に「バラドル」と呼ばれ、仕事がどんどん増えました。


晝馬明

全部門が黒字化するように計画を立て、進捗を随時チェックしている。


坂本孝

ブックオフを立ち上げた当初は、周囲から「気でも違ったのか」という目で見られました。大々的に中古書販売をやろうとすれば出版業界から非難を浴びるのは目に見えていたし、考えられるリスクはいくらでもありました。しかも50歳で新たに起業するなんて、当時の常識ではとんでもないこと。今でこそ中高年で起業する人も増えましたが、その頃、取材に来た記者から、「墓場に片足を突っ込んだような歳で」と失礼な言われ方をされたこともあったほどです(笑)。でも私は、「やる!」と決めた。そして、いったん決めたら、怒涛のごとく突っ走ったのです。