川名潤の名言

川名潤のプロフィール

川名潤、かわな・じゅん。日本の装丁家。千葉県出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、『サイゾー』のデザイナー、プリグラフィックスなどを経て川名潤装丁事務所を設立。多くの本の装丁を担当した。

川名潤の名言 一覧

できあがったものがイメージと違ったとしても、描き直してもらうことはまずないですね。締め切りの問題もありますけど、最初のイメージとは違う絵を使ってなんとかしようとするうちに、最終的に良いデザインになることって意外と多いんですよ。


内容がきちんと伝わる装丁にすることは大前提で、どういった読者層に本を手に取ってもらいたいのか、明確に意識した上でデザインを組むことは多いです。


イメージが固まったら、イラストであれば誰にお願いして、写真だったらカメラマンは誰でどんな感じの写真を撮ってもらうかを決めて、「大体こんな感じでお願いします」って、僕の方でラフを描いてお渡しします。できあがったものがイメージと違ったら、僕の伝え方の方が悪かったなって反省します。


僕の場合は、作家さんと会って始まることが多いです。編集者を交えた3人で打ち合わせをして、作家さんに「どういう本にしたいですか?」と要望を聞きます。明確な要望がなければ、僕も事前に原稿を読んでいるので、その場でアイデアを出したり、作家さんからヒントをもらうようにしていますね。編集者から意見を聞く時は、最近だと「どういう本にしたいか?」というよりも、「どういう売り方をしたいか?」という話になることが多いです。


川名潤の経歴・略歴

川名潤、かわな・じゅん。日本の装丁家。千葉県出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、『サイゾー』のデザイナー、プリグラフィックスなどを経て川名潤装丁事務所を設立。多くの本の装丁を担当した。

他の記事も読んでみる

小泉直樹(バリスタ)

経営には職人とは違う力が必要だと痛感しますが、自分の戦略をもとに実験し、その結果を次に生かす毎日にワクワクします。「コーヒーは苦手だったけれど、こんなにおいしいものなのか」と言ってもらう瞬間が、すごくうれしいんですよ。


壺阪龍哉

名刺や手紙・ハガキ類を上手に整理するには、二つの心得が必要です。

  1. すぐ処理すること。受け取ったらその都度行うリアルタイム処理を心がけましょう。
  2. すべてを同じ扱いにはしないこと。名刺を全部同じ名刺フォルダに入れるなど、一律の方法で整理するのはあまりお勧めしません。今後のビジネスにどれだけ有効かを考えて、「活用するもの」「保存するもの」「廃棄するもの」の三段階に分けることが大切です。

増田宗昭

社員には「3つのことしかしてはならない」と言っています。ひとつ目は企画会社として「プラットフォーム」をつくること。2つ目は、これを運営するとデータが集まってくるので、そのデータベースを使って仕事すること。いわゆるデータベースマーケティングです。3番目は中身。ライフスタイルのコンテンツをつくることです。プラットフォームをつくるだけでは駄目です。2番目のデータベースマーケティングはもちろん、3番目のライフスタイルのコンテンツが大切になってくる。


南原竜樹

毎日すごく頭を使ってお金のやり繰りをして、月末には何度も胃が縮む思いをする。そんな時期を切り抜けたことで精神力が鍛えられましたね。石炭が熱と圧力をかけられてダイヤモンドになるように、短い期間だけれどギューッと圧縮されるような心のありようを経験したことで、物事に動じなくなりました。


井岡一翔

遊ぶ時間があれば練習したい。


石塚しのぶ

企業文化を醸成するには、会社の社会的な存在意義と価値観を明確に定め、そのプロセスにできるだけ多くの社員を巻き込むことが大切。


長谷川滋利

初対面の相手と打ち解けるのが得意な選手に共通するのは、人を褒めるのがうまいこと。そんな彼らを見て、私も褒め上手を目指すようになりました。


南部靖之

すべての基本は「人」です。企業ならばいま、技術力や資金力だけでなくマーケティング戦略のような人的サービスも優れていないとモノは売れません。だから人材ニーズが多様化しています。人事部の役割は非常に重要です。今後は人事部の時代になると思います。


松沢幸一

「のどごし」の投入時、我々生産部隊は年末の休み返上で試験を繰り返しました。商品スペックは出来上がっていましたが、量産しても高品位な味を維持することが不可欠だったのです。良いものをつくらなければ早く出しても無駄です。


佐々木かをり

時間管理ができないのは、その仕事にかかる時間がわかっていないこと、そして、自分の持っている時間の量が見えていないことが原因だと思います。今日やることはこれとこれ、ということはわかっていても、それぞれに何時間・何分かかるかがわからない。だから、できないことを自分に期待し、できないままいつの間にか一日が終わってしまった、ということになるのです。


サイモン・クーパー(経営者)

リッツ・カールトンにはお客様を喜ばせた感動のエピソードをラインナップで紹介する「ワオ(Wow=感動)ストーリー」という慣例があります。お客様から頂いたお手紙を紹介したり、事例が披露されたりするのですが、感動のおもてなしに惜しみない拍手が送られ、よい仕事を讃えあいます。従業員にとっては、どのような行動が称賛されるべき事例なのかを知る絶好の機会です。


土合朋宏

大半の人は、自分の考えを一方的に話して、「伝わった」と満足してしまう。これは致命的な誤りです。仕事はコミュニケーションをうまく取って進めることが前提なので、「一方的」になるのは避ける。自分の考えを少しずつ伝えながら、相手に意見を求めるのが基本です。


稲盛和夫

モチベーションが上がる仕事に就けたら、人間は幸せですが、大半の人はそうではありません。結局はモチベーションが高まるよう、自分で努力をしなければならない。


谷繁元信

25年間の選手生活で一番印象に残っているのは落合(博満)さんでしょうか。落合さんと出会ったときいきなり「そんなにのんびりしていていいのか」といわれ、戦いが始まりました。


笹氣健治

本当に100点である必要があるのでしょうか?プロ野球選手でも10割バッターなんて存在しない。3割打てれば上々です。思い切って「できるに越したことはない」くらいまでハードルを下げれば、楽な気持ちで仕事にとりかかれます。


ページの先頭へ