名言DB

9413 人 / 110706 名言

川合林太郎の名言

twitter Facebook はてブ

川合林太郎のプロフィール

川合林太郎、かわい・りんたろう。日本の経営者。ウィルスセキュリティーソフト・メーカーの「カスペルスキー」日本法人社長。モスクワ大学言語学部スラブ言語学科博士課程修了後、総合商社現地法人に入社。IT事業部長などを務めたのち、カスペルスキー日本法人に入社。営業部長などを経て社長に就任。

川合林太郎の名言 一覧

他社が「総合セキュリティベンダー」と言うのに対して、当社は頑なに「アンチウィルス専門ベンダー」と表現します。「餅は餅屋」という考え方があるためです。それだけ外部からの攻撃・侵入に対する防御には絶対的な自負を持っています。


幸か不幸か、攻撃する側がウィルスの完成度を確かめるために、力スペルスキーのソフトで検知されるかどうかを試すともいわれています。つまり、守る側も正しい選択をしている企業とそうでない企業では、危険性が圧倒的に異なるわけです。


ウィルス対策ソフトは保険と同様に思われがちです。しかし、保険は加入していても加入していなくても事故や病気の確率は変わりませんが、ウィルス対策ソフトは導入していないと確実に感染します。これが決定的に違う点です。


特定の企業を対象にした標的型攻撃という脅威が存在します。悪意のある第三者が企業のサーバーを乗っ取り、そこを踏み台にして親会社に侵入することがあります。彼らはセキュリティの甘い子会社や関連会社、社外の取引先から核心へと迫っていくのです。標的型攻撃から身を守るためには、1社だけでなく、関係するあらゆる企業がセキュリティを固めなければなりません。平準な対策では被害を防ぐことはできません。自宅のドアを開けっ放しにして防犯システムを作動させておくようなものです。ネットワークに監視カメラをつけるのか赤外線を張り巡らせるのか、企業の規模や扱っている情報の価値に見合う投資をしなければなりません。過信は禁物です。


セキュリティ対策が「コスト」という認識を持つ経営者が多い。「セキュリティが担保されている企業として信頼感を高める」あるいは「被害に遭った際の損害賠償金を避けるための投資」という意識は持っていただけません。日本の産業を支えているのは、間違いなく中堅・中小企業です。しかし、コストと捉えて後回しにされ、セキュリティ対策を講じることの価値をなかなか感じとっていただけない点が残念でなりません。それは「自社には大した情報があるわけではない」という認識不足が背景にあるからです。しかし、社内には取引先や親会社の情報があります。こうした機密情報を、自社を通して社外にメールで送ることもあります。また、たとえ親会社が開発している製品の部品であっても、競合他社に漏えいした場合、ビジネスそのものに甚大な影響を与えます。あらゆる企業が、自社を通過している情報の重要性、ウィルス感染して情報流出した際の影響がいかに大きいかを考える必要があります。情報こそが産業を支える最も重要な基盤です。こうした認識のままだと、日本の産業基盤が根底から崩れてしまいます。


川合林太郎の経歴・略歴

川合林太郎、かわい・りんたろう。日本の経営者。ウィルスセキュリティーソフト・メーカーの「カスペルスキー」日本法人社長。モスクワ大学言語学部スラブ言語学科博士課程修了後、総合商社現地法人に入社。IT事業部長などを務めたのち、カスペルスキー日本法人に入社。営業部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

林望

節約とはノウハウではなく、心の持ちようの問題なのです。倹約ノウハウばかりを並べるばかりでは、ぎゅうぎゅうと雑巾を絞るようで希望がありません。引き算の発想です。そこで未来のために時間投資しようという足し算を持ってくるのです。


吉澤和弘

私たちだけでできることは限られています。パートナーのアセットと当社のアセットを組み合わせて新たなサービスやビジネスをともに創出し、社会課題の解決に貢献していく、それが協創の取り組みです。


小川理子

音楽の中には数学的、哲学的な要素がたくさん含まれていて、そこから仕事につながるヒントや発想を得られることがある。


近藤聖司

ブランド価値が生まれたことで、単価も上がりましたし、販売先に対しての交渉力も上がりました。商売面では10年前とは隔世の感がありますね。


谷原章介

この仕事には定年はありません。自分として納得のいく仕事ができている限りは、ずっと続けるつもりです。


沢村一樹

上手くいっているときって、すごく注意しなきゃいけないときだと思うんです。よく頭に浮かぶのが「諸行無常」という言葉で、常なるものはないということ。いまの僕だって、いつか必ず飽きられる。だから、下降期になったときにどうするかを、いいときから考えておかなければいけないんです。


斎藤広達

たとえば、雑誌の売上が低迷しはじめたとしましょう。その対策として、思い切って誌面を全面刷新する「プランA」と、少し前に実施した誌面のマイナーチェンジの結果が出るまで様子をみる「プランB」が考えられるとします。こういう場合、ドラスティックな決断として「プランA」を選ぶほうがよい判断のようにみえてしまいます。けれども、打った手の結果が出る前に次のアクションをしてしまうと、何もわからない場合もある。場合によっては「待つ」という判断が適切なこともあります。つまり、どんな場合でも「すぐやる」ことがいいとはかぎらないのです。「とりあえず何もしない」と決めるのも、立派な決断のひとつです。


菊原智明

相手に聞き返してみましょう。意見を求める人は、たいてい自分の中に答えを持っているもの。それを引き出して少し自分の意見をプラスすれば、まるで自分が答えを提案したように見えます。


西成活裕

残業を減らすためにすぐにできることは、残業の5W1Hを洗い出すことです。「誰が、何を、いつ、どこで、なぜ」残業したのかを徹底して調べて、「どのように」改善できるかを考えます。たとえば、ある職員に残業の理由を聞いたら、「教授から問い合わせの電話が入って、対応に時間がかかってしまった」という。続けて、「なぜ問い合わせがきたのか」と聞くと、「書類の記入方法がわからないといわれた」と。では、なぜ記入方法がわからなかったのか。それは「書類のフォーマットがわかりにくいから」です。だったら、その書類を改善すればいい。


後藤清一(三洋電機)

経営とは結果なり。企業の良し悪しを測るのは、つまるところ結果である。いくらプロセスにおいて努力したとしても、努力したことが、努力しただけの形の上で表現されなければ意味はない。


ダライ・ラマ14世

大切なのは「心の平和」を築くということです。心と精神を落ち着かせれば、不安や心配も自然とおさまり、もっとずっと幸せな気持ちを楽しむことができます。


蜷川幸雄

ゴールドシアター(55歳以上を集めた劇団)の劇団員を見ていると、「高齢者」とひとくくりにするのは本当に危険だとわかるよ。60歳より80歳がふけているかというとそうじゃない。個々でまったく違うからね。


山口晋二(経営者)

直接のお客様であるトヨタの販売店や自動車整備事業者のために何ができるのかを考え、さらに、その先のお客様である自動車ユーザー一人ひとりのために何ができるのかを考えて行動していくことが、私たちの仕事。


大竹美喜

強い使命感は不安を吹き払ってくれます。誰もやらないなら自分がやろう。揺れていた自分の気持ちが固まりはじめ、やるべきことが見えはじめました。2年半、私は役所に通い詰め、ようやくガン保険の事業免許を取得し、35歳でアフラックを立ち上げました。


大嶋啓介

ぼくは店舗数を競うことにはモチベーションが上がらないんですよ。それよりも、メンバーの中から経営者が育っていくとか、やる気を持てずにいる人が変わるためのきっかけを提供するとか、自分の可能性に気づいて希望を持ってもらうためにぼくに何かできることをしたい。そういうことにすごくやりがいを感じるんです。目がキラキラ輝いていく人の顔を見るのが好きなんですね。