名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

川合林太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川合林太郎のプロフィール

川合林太郎、かわい・りんたろう。日本の経営者。ウィルスセキュリティーソフト・メーカーの「カスペルスキー」日本法人社長。モスクワ大学言語学部スラブ言語学科博士課程修了後、総合商社現地法人に入社。IT事業部長などを務めたのち、カスペルスキー日本法人に入社。営業部長などを経て社長に就任。

川合林太郎の名言 一覧

他社が「総合セキュリティベンダー」と言うのに対して、当社は頑なに「アンチウィルス専門ベンダー」と表現します。「餅は餅屋」という考え方があるためです。それだけ外部からの攻撃・侵入に対する防御には絶対的な自負を持っています。


幸か不幸か、攻撃する側がウィルスの完成度を確かめるために、力スペルスキーのソフトで検知されるかどうかを試すともいわれています。つまり、守る側も正しい選択をしている企業とそうでない企業では、危険性が圧倒的に異なるわけです。


ウィルス対策ソフトは保険と同様に思われがちです。しかし、保険は加入していても加入していなくても事故や病気の確率は変わりませんが、ウィルス対策ソフトは導入していないと確実に感染します。これが決定的に違う点です。


特定の企業を対象にした標的型攻撃という脅威が存在します。悪意のある第三者が企業のサーバーを乗っ取り、そこを踏み台にして親会社に侵入することがあります。彼らはセキュリティの甘い子会社や関連会社、社外の取引先から核心へと迫っていくのです。標的型攻撃から身を守るためには、1社だけでなく、関係するあらゆる企業がセキュリティを固めなければなりません。平準な対策では被害を防ぐことはできません。自宅のドアを開けっ放しにして防犯システムを作動させておくようなものです。ネットワークに監視カメラをつけるのか赤外線を張り巡らせるのか、企業の規模や扱っている情報の価値に見合う投資をしなければなりません。過信は禁物です。


セキュリティ対策が「コスト」という認識を持つ経営者が多い。「セキュリティが担保されている企業として信頼感を高める」あるいは「被害に遭った際の損害賠償金を避けるための投資」という意識は持っていただけません。日本の産業を支えているのは、間違いなく中堅・中小企業です。しかし、コストと捉えて後回しにされ、セキュリティ対策を講じることの価値をなかなか感じとっていただけない点が残念でなりません。それは「自社には大した情報があるわけではない」という認識不足が背景にあるからです。しかし、社内には取引先や親会社の情報があります。こうした機密情報を、自社を通して社外にメールで送ることもあります。また、たとえ親会社が開発している製品の部品であっても、競合他社に漏えいした場合、ビジネスそのものに甚大な影響を与えます。あらゆる企業が、自社を通過している情報の重要性、ウィルス感染して情報流出した際の影響がいかに大きいかを考える必要があります。情報こそが産業を支える最も重要な基盤です。こうした認識のままだと、日本の産業基盤が根底から崩れてしまいます。


川合林太郎の経歴・略歴

川合林太郎、かわい・りんたろう。日本の経営者。ウィルスセキュリティーソフト・メーカーの「カスペルスキー」日本法人社長。モスクワ大学言語学部スラブ言語学科博士課程修了後、総合商社現地法人に入社。IT事業部長などを務めたのち、カスペルスキー日本法人に入社。営業部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

林田英治

景況感の良い今こそ「真のリストラクチャリング」を実施すべき。


テリー伊藤

誰かをもっともらしく叱るというのは、自分の感性を鈍らせること。


吉本隆明

危ないから壊して捨てる。この処方箋はとてもわかりやすいもの。しかし、そのわかりやすさや早急さに引っ張られ、僕ら庶民が自分の頭で考えることをやめてしまうのは最もいけないことだと思う。


大野直竹

我々が買収・提携する会社は全部、当社の周辺事業を手掛けているのですね。だからいきなり買収するのでも、この分野は儲かるからということで買収したケースはありません。川上から川下まで、今まで何らかの形で関わってきたわけですが、関わってきた部分を、その会社と協力することで一気に展開し、具現化できた。


山内溥

任天堂は大きく変身したといわれるけども、それはわたしたちが、時代の変化を予測したとか、会社を大きくしよう、もっと儲かる仕事をしようなどと思ってやったことではないんですよ。花札やトランプは、もうこれ以上伸びないことがわかった。それならばこれからどうするのか、いったいどうしていいのか がわからない。経営者にとってこれほど苦しいことはない。そういう時代が長く続きました。そうしたときにマイコン革命が始まった。いやでもその道を行くし かなかった。ひたすらその道を歩みつづけた結果、任天堂自身が変わっていかざるを得なくなった。それだけのことなんですよ。


小池百合子

スケジュールは、限られた時間の中で効率よく進める。その一点に尽きます。スケジュールは、「15分単位で事を進める」ようにしています。


柳井正

未来をつくるのが経営者。


原尻淳一

暗闇の中で、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて楽しむエンターテインメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に参加してきました。面白かったのは、参加者は待合室で全くしゃべらなかったのに、暗闇に入った途端、団結したこと。人間って、ある感覚が欠落すると他のセンサーをフル回転させて補おうとするのです。


中村久三

会議では議論しているうちに熱くなってしまい、意見がぶつかるときもありますが、根に持たないことを申し合わせています。技術に関する議論は、実験を繰り返せば、結果が証明してくれます。経営幹部の見立てが間違っていることも多いのです。現場の技術者がニヤニヤしながらやってきて「会長、違いますよ。データはこうなっています」と言ってくれることがあります。嬉しいことです。


野村克也

怒りに感情を左右されないためには、敏感さを磨くことだな。怒りで我を忘れるのは、いわば鈍感である証拠だ。カッとなって平常心を失ったら自分の力は発揮できない。そんな当たり前のことに気づけないのは、鈍感そのものだからなんだ。自分のキャリア、仲間からの信頼……。そうして積み上げたものを、怒りの感情は一瞬にして台無しにしてしまうことがある。日頃から丁寧に仕事を積み上げてきたならば、そんな無謀なことができるはずがない。では、敏感さはどう磨けばいいか、といえば、それは丁寧に仕事をするしかない。


秋山竜次

(相方の)山本は今でも出会った頃のまま。主張のない標準的な人間です。馬場も昔のまま素直なので、ロバートは99%、僕の考えで動いていますし、ネタも全部、僕がつくっています。


若山陽一

パナソニックの子会社の、電池の製造請負・派遣会社、パナソニックバッテリーエンジニアリングを買収・子会社化しましたが、非常にうまくいっています。人を大切にするパナソニックの人づくりの在り方には、学ぶところも多い。一方で向こうの社員にしても、活躍の場が広がった。お互いに得るものがあるM&Aでした。こういう案件があれば、積極的に取り組んでいきたいと考えています。