名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川口菜旺子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川口菜旺子のプロフィール

川口菜旺子、かわぐち・なおこ。日本の経営者。「シュウ・カワグチ」社長。上智大学外国語学部卒業。外資系企業勤務などを経て、シュウ・カワグチ社長に就任。同社の経営再建を成し遂げた。そのほか、商工会議所練馬支部商業分科会副会長などを務めた。

川口菜旺子の名言 一覧

金銭も絡むビジネスでのトラブル解決に奇策はありません。


社長就任当時、ここまでヒドイ状況は普通ない、笑えると思ったんですよ。映画にできるなと。では俳優をキャスティングするなら私の役を演じる女優は誰か、あの悪者は誰かと考えました。頭の中で映画化する習慣を続けたから冷静でいられ、目の前の問題を分析し、メンタルが蝕まれる状態を防げました。効果はてきめんですから、真似してみてください。
【覚え書き|社長に就任し、経営再建に取り組んだ当時を振り返っての発言】


川口菜旺子の経歴・略歴

川口菜旺子、かわぐち・なおこ。日本の経営者。「シュウ・カワグチ」社長。上智大学外国語学部卒業。外資系企業勤務などを経て、シュウ・カワグチ社長に就任。同社の経営再建を成し遂げた。そのほか、商工会議所練馬支部商業分科会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

若宮正子

歳を取ると頭や身体の働きが鈍くなるため、できないことや諦めることが増え、世界が狭くなってくるものです。しかし、何歳からでも新しい何かを得ようとする姿勢を忘れなければ、新しい世界を切り開くことができます。そうすれば、残りの人生を豊かにできるのではないでしょうか。


佐藤廣士(経営者)

営業マンと研究者が一丸となって新しい仕事に挑む気風は神戸製鋼の強み。


秋元康

場数を踏むこと、たくさんの企画を考え続けることが大切。野球に例えると、打席に何度も入り、経験を重ねるしかない。大切なのは打席でボールを見送らず、バットを振り続けること。とにかく規定打席数に達していないバッターは、ヒットメーカーとは決して言われません。


是枝裕和

偉そうなことを言う前に、とりあえずやってみれば。


南部靖之

会社というのは、経営者の器以上には大きくならないもの。目の前の仕事に追われずに、自らに投資し、自らを成長させる時間をもつ重要性を痛感しましたね。


津田大介

自分は今もコミュニケーションが得意とは思わないし、人見知り。30代前半まで立食パーティーとか超苦手でしたから。何十人規模でも、とりあえずご飯をお皿に取ったら壁際の端っこで食べて、知り合いがいたらその人たちとだけ話すみたいなタイプ。誰も知り合いがいなかったら、すぐに帰っていました。でも、それじゃ仕事の質も変わらないし、人とのつながりも広がらない。誰の力も借りられない、と。仕事を通して、そう気づく機会があって、そこから10年。実感として、30代からでも自分を変えていくことはできるんだなと感じています。


徳川光圀

軍法は、大将たる者が知らなくてはならないことである。万一の御用で出馬する時には士卒の召使い方や備え立てなどを知らなくてはならない。


野間口有

私は研究所の時代から今日まで、「ヒット商品をつくれ」とは言わないできました。意識してヒットを狙うのではなく、自然にヒットが出るような体質づくりこそ大切だと考えているからです。常に技術を磨き、工夫して品質改善を重ねる。足腰を鍛え、鋭いスイングのできる筋肉や技術を蓄える。土壌があればヒットは自然に生まれるはずです。


内藤誼人

「どうすれば評価していただけますか?」と、ダイレクトに聞いてしまいましょう。それが怖く感じる場合は、「うちの会社の人事評価は何に重きを置きますか?」など、第三者を絡めた表現でもOK。これによって行動の指針がつかめると、意思疎通が格段にスムーズになります。


渡瀬謙

何を話したらいいかわからない、会話が途切れてしまう、全然話が弾まない、といった悩みを持つ人は多いはずです。ただ、実は雑談が苦手だと言う人に限って「準備」をしていないのです。一方、雑談が得意な人はアドリブでしゃべっているように見えて、実は意識的、あるいは無意識的に準備をしています。雑談が苦手なら、こうした準備を意識してすることが大事なのです。


午堂登紀雄

1年間無収入でも生活できる程度の貯金するといいでしょう。いまは雇用状況が厳しいですが、選り好みをしなければ1年くらいで再就職先や転職先が見つかると仮定して、とりあえずは、その間の生活費があればいいのではないでしょうか。


早川種三

再建という仕事でいうなら、会社を立て直すには、まず自分が苦渋を飲み、苦境を耐え忍ぶ覚悟がなければなりません。銀行や取引先などの債権者に債権の一部をカットしてもらう、あるいは猶予してもらうのが再建業務の第一歩ですが、債権者にそうした負担をかけるからには、こちらも彼らに十分納得のいく厳しい再建策を打ち出さなくてはなりません。