名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川口直昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川口直昭のプロフィール

川口直昭、かわぐち・なおあき。日本の経営者。建設会社「久本組」社長。

川口直昭の名言 一覧

たとえ災害が起こったとしても、何事もなかったかのように日常生活を送っていただくのが私たちの究極の使命。


パワーというのは、世の中に貢献したいという思いの強さに正比例して与えられる。


専門家の意見を待っている時間はありません。30年以内に80%の確率で発生するといわれている南海トラフ地震。数々の災害で様々なことを学んできた私たちは、二度と同じ過ちを繰り返さないためにできることは何かを問い続け、そして実行していかなければなりません。


近年は業態転換をする企業が多いと聞きますが、私たちは自分たちの歩むべき道をしっかり見据えて進んでいきます。「この会社は何のために存在しているのか?」「この仕事にはどんな社会的意義があるのか?」。そして、「何のためにこれからの自分の時間を使うのか?」人々の生活を守り、命を守るというミッションを胸に、一生をかけてやり続けていく覚悟です。


川口直昭の経歴・略歴

川口直昭、かわぐち・なおあき。日本の経営者。建設会社「久本組」社長。

他の記事も読んでみる

岡田裕介(東映)

子会社の基本的な経営はそこの社長にすべて任せています。昔は子会社の社長は本体の一部長という感じがありましたが、それではダメで自主独立していけと。


谷繁元信

落合(博満)監督時代、ちょっとしたことで代えられたり、使ってもらえなかったり。どうやったら試合に出られるかを考えた末、自分が出たときの勝率を上げれば使わざるをえなくなるだろうという結論を出した。勝てば試合に出られる。じゃ、勝つためにはどうするか。そのくり返しでした。


松本徹三

違和感があるからと言って、科学の進歩を否定するのは正しい姿勢とは思えません。仮に、ストップをかけるために開発を世界的に禁止しても、どこかの同や企業が、必ず隠れて開発を続けます。国際協調性に欠けた独裁国がAI先進国になってしまう可能性だってある。その方がずっと怖い。であれば、明るい未来につなげるためのルール作りをみんなで議論していった方がいい。


戸田博道

変化に社内資源を大胆に集中させること。グローバル化の中で生き残るにはそれが何より大事です。


石川尚子

「答えは現場の中にある」とよく言われます。研修では現場のドロドロした課題を扱うことで初めて、現場で使える解決策が得られます。


中村天風

特にいけないことは、生活の中の情味ということを、物質方面にのみ求めることである。生活の中の情味を味わうというのは、心の問題なので、物質の問題ではないのである。いかに豊かな収入を持ち、満ち足りた物質を獲ても、心が、その生活の中の情味を味わい得なければ、あるも無きに等しい。世俗にいうところの、金持ち貧乏とか、位倒(くらい だお)れとかいう言葉は、こういう事実の形容詞なのである。これは、深く考えなくとも良識のある人ならすぐ理解できるはずである。


稲盛和夫

早く言えば売上から費用を引いたものが利益だから、売上を最大にして経費を最小にすればいい。そうすればいろいろな種類の利益もすべて問題なく増える。


保坂隆(精神科医)

「仕事面」の人脈構築において心がけてほしいのが、「情報面でのソーシャルサポーター構築」です。具体的には、何かわからないことがあった際に、「○○に詳しい人は△△さんだから聞いてみよう」と気軽に聞くことができる関係です。そうした人が瞬時に出てくるかという、いわば「人間検索力」は、とくに新たな分野へのチャレンジをする際には欠かせません。そこで、まずすべきなのが、「人脈の棚卸し」です。自分がこれまで会ってきた人を再確認し、その中で自分に有益な情報をもたらしてくれる人は誰かを考え、その人との関係を強化していくのです。もちろん一方で、新たな人脈開拓も欠かせません。


田口佳史

よく「明治の人はすごい」と言いますが、その人たちは江戸の教育を受けた人たちであることを忘れてはいけない。


水野和敏

「会社にいても自分の車が作れない」と自分だけしか見えていなくて、それだけ自分中心だったからこそ迷っていた。でも、商品は人を喜ばせるためのもの、と心底わかればそれまで見えていなかったものが見えるようになって、ようやく何のために仕事をしているのかがクリアになったんだ。


齋藤孝(教育学者)

逃げると決めたら即実行。相手を傷つけるのではないかとか、途中でやめるのは恥ずかしいとか、あれこれ考えるとなかなか行動に移せなくなります。自分のセンサーが「これはだめだ」と感じたら、無理をせずに逃げる。そんな選択肢もある。


窪田健一(経営者)

当社の考え方として、前提が「マニュアル通りにはいかない」なんです。料理はブレるものですから。ブレる事を恐れるようでは難しいかもしれないですね。ブレないようにという事ばかり気にしていると、結局は効率化が行き過ぎてしまう。もちろんブレ幅が大きくなると、お客様からお代を頂く資格はなくなりますから、ブレを最小限にするためにどうしたらいいのかを考えていった結果、細かいマニュアルになったという事ですね。