名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川口宏之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川口宏之のプロフィール

川口宏之、かわぐち・ひろゆき。日本の公認会計士。栃木県出身。専修大学経営学部卒業。ITベンチャーCFO(最高財務責任者)、早稲田大学会計大学院非常勤講師などを務めた。著書に『決算書を使う技術』『ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術』。

川口宏之の名言 一覧

会計センスを身につけていく近道は、日々のニュースで取り上げられる企業の決算書をひもとき、事の起こりなどについて自分なりの「仮説検証」を繰り返していくことだ。


川口宏之の経歴・略歴

川口宏之、かわぐち・ひろゆき。日本の公認会計士。栃木県出身。専修大学経営学部卒業。ITベンチャーCFO(最高財務責任者)、早稲田大学会計大学院非常勤講師などを務めた。著書に『決算書を使う技術』『ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術』。

他の記事も読んでみる

北尾吉孝

経営においては、日々、判断に迫られます。早く判断することはもちろんですが、それ以上に大事なのは、「正しい判断をする」ことです。教養を身につけることが、判断をする上で非常に大事になってくる。そして、その判断がブレないということも、また大事。今日は右、明日は左と方向がブレるようでは、部下もどちらに向かって進めばいいのかわかりません。そこで、ブレないために一つの規範、物差しが必要になる。


ジャック・ウェルチ

変化を起こそうとしているリーダーは、変化の必要性を訴える必要があります。そして、その主張を聞く者が自分のこととしてとらえられるように持っていかなくてはなりません。勇気を出して、事細かに説明してください。業界の動き、利幅、新技術、政治動向などあらゆることについての集められる限りのデータを使って、変化しなければどうなるか、変化したらどうなるかという2つのシナリオを描きだしてください。


みうらじゅん

「おもしろいこと」は常に違和感から生まれる。その違和感を楽しむのが「マイブーム」の原点。


三木谷浩史

常識で考えることがいかに不合理かを肝に銘じよう。常識とは多数派の理論にすぎない。


大橋博(教育者)

一番は学生第一、生徒第一の学校づくりや教育に徹してきたこと。往々にして過去の学校は勤務している人を優先する色彩があったような気がします。私が大学をつくったのも「学生中心の大学が必要だ」という想いからでした。これは小・中・高の先生だろうと大学の教授だろうと関係ありません。そこで学生第一に考えて教育をする大学が必要ではないか。研究をするためだけの大学ではなく、大学に在籍している学生に主眼を置いた大学こそが望まれる大学なのではないかと。


松井忠三

仕事に対する意識を高めるには、いろいろな分野の、それもハードルの高い仕事をすることが大切です。


鈴木優輔

仕事で成果を出すには、「TTP(徹底的にパクる)」が近道です。私もこの世界で成功した先達の営業手法を見聞きし、ひたすら実行してきた。そして、私のオリジナルの手法へと洗練させました。今はその手法を番頭たちを通じて全社員に伝えています。ちゃんと完コピできる社員ほど、結果が出ていますね。


和地孝

甘えを許さないからこそ、360度評価の結果が3期間連続して悪かった人は、降格させました。1年で20~30人は降格したと思います。ただし、相撲にたとえれば、幕下に落ちたあと、もう一度がんばって大関に返り咲いた人も数多くいる、明るくオープンな制度にしました。


西川光一(経営者)

創業者や企業家は特殊能力の持ち主だと思います。社長を出来る人が100いたとすると、起業できる人はその中では2割3割ほどです。


森田英一

まったく嫉妬が湧かないようなら、逆にまずいかもしれません。問題はそのあと、「自分はどうなのか」という点に意識を向けて、頑張れるかどうかです。「あいつはええよなぁ」で終わるのではなく、「俺ももうちょっと頑張らなあかんな」と思えるか。


松澤昭(工学博士)

東工大でも博士課程の学生には3カ月のインターンシップを義務づけています。私の研究室は留学生が多いということもありますが、インターンシップは自分のステップアップにとってとても重要なので、できるだけ海外の先端的な企業に行くように勧めています。


米村でんじろう(米村傳治郎)

世間から「でんじろう先生」がどう見えるかわからないですけど、実際には先のしれない不安を抱えています。科学を楽しく見せるという現在の手法の将来性、イベント、番組出演が今後も続くのだろうか。お客さんは喜んでくれているだろうか、と。また、先端科学の世界で活躍している研究者、技術者から見れば、僕らがやっていることは、何の役にも立たないと言われちゃうかもしれないな……とも思っている。だけど、そうした不安の一方で、誇りもあるわけです。これは一般の人に科学への門戸を開く一種のアートなんだ、と。児童の理科離れ、科学離れが指摘される中で、実験という表現活動を行う。それは映像作りや絵画、音楽と同じように意味のあることのはずで。実験だからこそ、伝わる不思議さ、驚き、キレがあり、見ている人へ感動を与えることができる。一種の創作活動なんだと胸を張る気持ちもあります。