名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川又克二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川又克二のプロフィール

川又克二、かわまた・かつじ。日本の経営者。「日産自動車」社長、会長。茨城県出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、日本興業銀行(のちのみずほ銀行)に入行。大日本帝国陸軍主計幹部候補生、日本興業銀行大阪支店長代理、融資事業部長、太平洋戦争後、広島支店長などを務めたのち、日産重工業(のちの日産自動車)に移り、常務、専務を経て社長に就任。プリンス自動車との合併を成功させ、同社を日本二位の自動車メーカーへ成長させた。「セドリック」「フェアレディ」「ブルーバード」「バイオレット」の名付け親。そのほか、日産ディーゼル会長、日本自動車工業会初代会長、経団連副会長なども務めた。

川又克二の名言 一覧

私の経験では、なにか小さなジャンプがいいヒントになることがある。だから小さなジャンプも、私は大事にして経営に活かすようにしている。


このままでは皆共倒れになってしまう。会社がつぶれてはトータル・ロスじゃないか。人員整理は決して好ましくないが、会社を立て直すためには大乗的立場に立って蛮勇をふるうべきだ。
【覚書き|日産自動車の財務担当役員時代、役員会での発言。赤字続きで人員削減しなければいけなくなっているのに強い労組を恐れて決断できない役員たちに言った言葉】


労働をすぐ金銭と結びつける今の考え方からすれば馬鹿なことのようだが、私は勤務と給料は別に考えていた。現在でもこういう人は皆無ではないだろうが、やはり少しはこんな気持ちも残しておきたいものである。
【覚書き|残業代をもらわずに家に仕事を持ち帰って深夜まで仕事をし、朝は出勤に間に合わないのでわざわざタクシーを使って出社していた時代を振り返っての発言】


富士山ろくの演習場まで、炎天の下に5人に1丁の軽機関銃を担ぎながら歩いたときに知った、一本の木陰のありがたさ。習志野の夜行軍のとき、近くに赤痢が発生して一杯の水も禁じられたときの苦しさ。私の場合は、いまでもこの経験が自由という理念の裏付けとなっている。


いまのように自由、自由と言いながら、不自由の何かを知らない人間では、自由の限度がわからない。一歩営門を入れば、精神的にも肉体的にも拘束され、自分の意思は全体に吸収されてしまって行動がとれぬ。そういう拘束状態を体験すると、はじめて自由とはどんなに嬉しく価値あるものかがわかるのである。軍隊とは言わぬが、国民訓練所のようなものをつくって、半年でも一年でもいいから、若い者が集団生活をすれば、社会秩序を保つための教育訓練にもなるであろう。


相手が信頼するに足れば、自らも信頼に値するものにならねばならぬとする努力。これが相互信頼の真髄である。
【覚書き:日産自動車社長時の発言。労組との交渉について語った時の言葉】


小さなジャンプをヒントにして、大きなジャンプに変えていくことが大切という気持ちをもって、未来に目を向ける積極的な若者に話をすることが多かった。


川又克二の経歴・略歴

川又克二、かわまた・かつじ。日本の経営者。「日産自動車」社長、会長。茨城県出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、日本興業銀行(のちのみずほ銀行)に入行。大日本帝国陸軍主計幹部候補生、日本興業銀行大阪支店長代理、融資事業部長、太平洋戦争後、広島支店長などを務めたのち、日産重工業(のちの日産自動車)に移り、常務、専務を経て社長に就任。プリンス自動車との合併を成功させ、同社を日本二位の自動車メーカーへ成長させた。「セドリック」「フェアレディ」「ブルーバード」「バイオレット」の名付け親。そのほか、日産ディーゼル会長、日本自動車工業会初代会長、経団連副会長なども務めた。

他の記事も読んでみる

大岡新一

円谷プロの経営を立て直す中で私が最も気を付けたのは、社員が疑心暗鬼に陥らないよう、経営情報を共有することでした。その際には、なるべく肉声で語りかけるようにしました。円谷プロは社員約80名のコンパクトな組織です。年末や年初、期が変わる際、また経営上で大きな変化があったときには、会議室に本社勤務の社員全員を集めて、私から直接話をするようにしています。


岩城宏之

上手くいっているのにどうして解散にこだわるのかというと、新しくする必要があるからです。時間がたつと楽員たちも、指揮者の僕もマンネリになっているかもしれないからです。
【覚書き|オーケストラ・アンサンブル金沢の設立10年記念パーティで解散と再結成を宣言した理由について語った言葉】


千本倖生

第二電電を立ち上げた際には、途方もない大きな問題ばかりで、それこそ毎日のように「もうやめよう」と思っていました。でも、「もう1日だけやろう」「もう1%だけやってみよう」と考え直しました。ずっとその繰り返しで、振り返ってみたら、えらく高い山に登っていたということです。


新将命

往々にして、部下を持つと「うちの上司は、よくできた人だ」と見られたくて、器の大きなふりをする人がいます。けれども、付け焼刃は絶対に禁物です。見る目を持つ人には、必ず見抜かれてしまうものです。


西澤敬二

会社のDNAと言える強みは、いまいる我々がつくりあげていくしかない。20年後、30年後、この会社の若い社員たちが誇りを持てるDNAを、一人一人が主役になって、つくりあげていこう。


前原金一

すべての国立大学がミニ東大、ミニ京大を目指してしまったが故に、特色の無い大学ばかりになってしまった。だから、そうではなく、大学側のミッションや特色、自分たちの学校が何のためにあるかということを明確に示す必要があると思います。


猪瀬直樹

悪い流れから抜け出すには、自分の仕事の進め方に絶えず疑問を投げかけ、いち早くズレを察知し、修正するしかありません。自分の仕事を改めて見直すと、小さなズレが至るところに潜んでいることに気づくはずです。


築山節

本の内容を本当に身につけようと思えば、それを実際に使ってみることです。私の場合、難解な専門書などは読んだだけでは理解が十分でなくても、実際に患者さんと話してみることでわかってくることもあります。


山崎将志

会議は、組織の意思決定を行う重要な場です。あらゆる場面でスピード化が求められる現在、その成否は、企業の浮沈を左右するといっても決して過言ではありません。会議や打ち合わせのやり方を再度見直して、無駄のない有意義な会議を目指しましょう。


江田麻季子

社員が、より自発的な考え方や、創造性のある考え方ができるようになると、企業の力はもっと強くなる。


豊田昌洋

タテホ工業の再建に取りかかったとき、言葉で何を言ってもダメだろうと考えて、まずは工場の施設を新しくすることにしました。当時、最も売れていた電融マグネシアの工場にあった十数基の釜を一新する一方、別の工場に13基あった電融炉を6基に集約することにしました。設備投資は約30億円です。当時タテホの売上高が約50億円ですから大変な投資です。あちこちから文句を言われましたが、この投資をしなければ会社は潰れると考えました。次第に、タテホの社内も前向きな雰囲気になりました。


やましたひでこ

家の中が散らかっているということは、そこで暮らしている人の心の中も同じ状態。目に見える空間の淀みは、相似形となって人の心の中にも表れる。