川又克二の名言

川又克二のプロフィール

川又克二、かわまた・かつじ。日本の経営者。「日産自動車」社長、会長。茨城県出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、日本興業銀行(のちのみずほ銀行)に入行。大日本帝国陸軍主計幹部候補生、日本興業銀行大阪支店長代理、融資事業部長、太平洋戦争後、広島支店長などを務めたのち、日産重工業(のちの日産自動車)に移り、常務、専務を経て社長に就任。プリンス自動車との合併を成功させ、同社を日本二位の自動車メーカーへ成長させた。「セドリック」「フェアレディ」「ブルーバード」「バイオレット」の名付け親。そのほか、日産ディーゼル会長、日本自動車工業会初代会長、経団連副会長なども務めた。

川又克二の名言 一覧

私の経験では、なにか小さなジャンプがいいヒントになることがある。だから小さなジャンプも、私は大事にして経営に活かすようにしている。


このままでは皆共倒れになってしまう。会社がつぶれてはトータル・ロスじゃないか。人員整理は決して好ましくないが、会社を立て直すためには大乗的立場に立って蛮勇をふるうべきだ。
【覚書き|日産自動車の財務担当役員時代、役員会での発言。赤字続きで人員削減しなければいけなくなっているのに強い労組を恐れて決断できない役員たちに言った言葉】


労働をすぐ金銭と結びつける今の考え方からすれば馬鹿なことのようだが、私は勤務と給料は別に考えていた。現在でもこういう人は皆無ではないだろうが、やはり少しはこんな気持ちも残しておきたいものである。
【覚書き|残業代をもらわずに家に仕事を持ち帰って深夜まで仕事をし、朝は出勤に間に合わないのでわざわざタクシーを使って出社していた時代を振り返っての発言】


富士山ろくの演習場まで、炎天の下に5人に1丁の軽機関銃を担ぎながら歩いたときに知った、一本の木陰のありがたさ。習志野の夜行軍のとき、近くに赤痢が発生して一杯の水も禁じられたときの苦しさ。私の場合は、いまでもこの経験が自由という理念の裏付けとなっている。


いまのように自由、自由と言いながら、不自由の何かを知らない人間では、自由の限度がわからない。一歩営門を入れば、精神的にも肉体的にも拘束され、自分の意思は全体に吸収されてしまって行動がとれぬ。そういう拘束状態を体験すると、はじめて自由とはどんなに嬉しく価値あるものかがわかるのである。軍隊とは言わぬが、国民訓練所のようなものをつくって、半年でも一年でもいいから、若い者が集団生活をすれば、社会秩序を保つための教育訓練にもなるであろう。


相手が信頼するに足れば、自らも信頼に値するものにならねばならぬとする努力。これが相互信頼の真髄である。
【覚書き:日産自動車社長時の発言。労組との交渉について語った時の言葉】


小さなジャンプをヒントにして、大きなジャンプに変えていくことが大切という気持ちをもって、未来に目を向ける積極的な若者に話をすることが多かった。


川又克二の経歴・略歴

川又克二、かわまた・かつじ。日本の経営者。「日産自動車」社長、会長。茨城県出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、日本興業銀行(のちのみずほ銀行)に入行。大日本帝国陸軍主計幹部候補生、日本興業銀行大阪支店長代理、融資事業部長、太平洋戦争後、広島支店長などを務めたのち、日産重工業(のちの日産自動車)に移り、常務、専務を経て社長に就任。プリンス自動車との合併を成功させ、同社を日本二位の自動車メーカーへ成長させた。「セドリック」「フェアレディ」「ブルーバード」「バイオレット」の名付け親。そのほか、日産ディーゼル会長、日本自動車工業会初代会長、経団連副会長なども務めた。

他の記事も読んでみる

寺井和彦

それまでは、いわば半国産のソフトを使っている状況でした。そうした中で、全部を自分たちでつくりたいという仲間が、CSKの中にできたんです。独立しても給料分の仕事はなんとでもなると思っての退職でした。怖いもの知らずだったんですね。


竹中平蔵

「戦略は細部に宿る」ことを知って準備することが必要。逃してはならないキーポイントが、小さな問題の中にはある。だからこそ、細部(小さなこと)から万全にしていく気持ちが重要。


稲盛和夫

私も経営者になりたての頃は、研究開発、製造、営業に忙しい日々を過ごしていましたが、経理については素人で、ベテランの経理部長に任せていました。あるとき彼と、次のようなやりとりがあったことを記憶しています。私が「利益は出ましたか?」と訊ねたところ、部長は「売上の一割程度の利益が出ました」といいます。そこで「そのお金はどこにあるの?」と聞くと、彼は「お金はありませんよ。まだ売掛金のままですから、税金は銀行から借りて払います」と答えるではありませんか。いわゆる「勘定合って銭足らず」という状態です。つまり、一割程度の税引前利益が出ていても、場合によっては資金繰りが苦しくなります。手元のキャッシュが少ないようでは、経営戦略上も有効な次の一手が打てません。


ロマン・ロラン

病気はためになることが多い。肉体を病めることによって魂を解放し、浄(きよ)める。一度も病気をしたことのない者は十分に自己を知っているとはいえない。


法華津孝太

若き日の山地土佐太郎(極洋捕鯨初代社長)はブラジルから帰りの船賃が足りない。彼は子豚10頭ばかりを移民船に積み込んだ。豚は戦中の移民の食料として買い取ってもらうように三井物産と契約しておいた。2・300人の移民のなかには船に弱くて少し揺れると食欲をなくす人が多かった。思惑通り、豚はその残飯を食べて丸々太っていった。彼が豚のえさを積み込んでなかったことは断るまでもあるまい。


相澤賢二

私は「偉いヤツから始めろ」と言い続けています。役職が上の人が誰よりも早く出社して、誰よりも丁寧に掃除をするのです。すると、「私もやります」と従業員の意識が変わります。


渡辺捷昭

問題や課題がゼロの組織などというものは必ず衰退します。だから組織には問題発見能力が問われます。では、問題発見のためには何が必要かといえば、常に問題意識を持つことであり、問題意識を持ち続けるために必要なのはやはり現地現物主義なのです。


村田昭治

どんなに青春は短くとも、青春のときに得た宝石のような精神は大事にしておきたいものだ。


宮坂学

ヤフーは新しいテーマを掲げるべき時期に来ている。新しい挑戦をするときは新しいリーダーシップで行うのが適切だと考えた。

【覚え書き|代表権のない会長になった理由について】


阿部修平

投資する段階ではリスクを取らなければなりません。1%持ってもあまり意味はないけれど、20%以上持つと、それ自体がひとつのまとまりとして価値を生むと考えています。


中川政七・13代目(中川淳)

ブランディングをするときは、まずブランドコンセプトを固める。そして、コンセプトの礎となる「物語」に沿った形で、商品群やデザインをコントロールする。


高橋俊介

仕事以外に夢中になれるものを持っているかどうかは、仕事のパフォーマンスに大きく影響する。趣味は単なる息抜きではない。趣味も仕事もそれぞれが主体であり、統合することでシナジー(相乗)効果が出る。趣味が20、仕事が80と切り分けてバランスを取るのではなく、両者を統合することで、100が110や120にも膨らむ。


庄田隆

医薬品産業は、他の産業以上に長期的な視点が重要です。「血栓症」「糖尿病」「癌」「自己免疫疾患/リウマチ」の4領域を研究開発における重点疾患とし、まだ製品になっていないものも含めて、8年後までに世界トップクラスまで強化したいと考えています。


堀之内九一郎

まず外見を変えて、そして中身を変えていく。人間は中身がモノを言うことは、間違いありません。しかし、まずその中身を見てもらうところまで持っていかないと話にならないというのも事実なのです。自分自身を変えたいのなら、まずは態度や言葉遣い、そして身なりなど自分の外側を劇的に変えることです。外見すら変えられない人間が、自分の中身など到底変えられるはずがないのです


酒井光雄

接待は基本的にデートと同じだ。いい接待は相手に喜んでもらえ、記憶に残してもらえる。


ページの先頭へ