名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川又三智彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川又三智彦のプロフィール

川又三智彦、かわまた・さちひこ。日本の経営者。ツカサグループの社長。栃木県出身。サレジオ学院高等学校卒業後、米国ノースウエスタン・ミシガンカレッジに留学。帰国後、家業の不動産会社司建物管理有限会社社長に就任。ウィークリーマンション事業を大ヒットさせる。その後、ウィークリーマンション事業をリーマン・ブラザーズに売却。不動産、福祉・介護、インターネットなどの事業を展開している。主な著書に『死の意味と量子論』『人生の意味と量子論』『二極化ニッポン』『1000億円失って 情報整理があなたの危機を救う』など。

川又三智彦の名言 一覧

人は自分を、わかっているようで、実際は全然わかっていないんだと思います。


自分の行動でも、世間の動きでも、丹念に記録して振り返ることで、普通では得られない発見や発想が得られます。遠回りに思えるかもしれませんが、ほかにはない成果を誰よりも早くあげたいのであれば、記録を取ることから始めるべきでしょう。


情報をただ受け取るだけではなくて、自分の手でまとめていかないと、その情報が持つ本当の意味に気づくことは難しい。だから私は数時間を費やして情報整理をするのです。


経済情報の収集と整理を始めたのは、バブル崩壊で事業に失敗した際に、それ以前に書かれた新聞記事や書籍などを読み返してみたら、その前兆となる出来事がきちんと書かれていたことに気づいたからです。「時代の先を読む」なんて特別なことと思われるかもしれませんが、世の中に流れている情報で十分可能なことなんです。


新聞8紙、雑誌30冊とネット情報にも目を通します。時間は毎日3時間くらいでしょうか。時間をきちんと管理すれば、そのくらいの時間はつくれます。僕はお酒もゴルフもやりませんから、これくらいの時間を情報整理に充てることはまったく苦ではありません。むしろ、仕事の速さと質を高めるために必要なことだと思っています。


記録するだけではなく、見返すことが大事です。学校の勉強でも予習と復習が大切だといわれています。でも社会人になると、みんな仕事の準備など予習はしても、振り返って反省するという復習はほとんどしなくなってしまう。しかし、自分の行動を時間を置いて見直すと、「自分はこういうことがやりたかったんだ」と再発見したり、「他にこういうやり方があった」と気づいたりすることがとても多いのです。


僕は人の顔や名前を覚えるのが苦手で、人の顔だけでなく、その人に関係する仕事まで忘れてしまって、何度か失敗したんです。何とかしなくてはと思ったのですが、いちいちメモを取るのが面倒。だから最初はテープレコーダーを持ち歩いて、「何時何分、誰それに会った」などと録音していたんですが、機会が進化してビデオカメラになったわけです。ですが、続けていくうち別の効果があるとわかりました。自分の行動を振り返ると、知らなかった自分が見えてきたんです。


何か行動する際は、ビデオカメラで録画して、記録を残しておくんです。録画するのは、行動のはじめだけですが、それでも1日100項目くらいになります。それをパソコンに移す際に、誰と会ってどんな話をしたのか、何を感じ取ったかなど、感想とともに整理していきます。


川又三智彦の経歴・略歴

川又三智彦、かわまた・さちひこ。日本の経営者。ツカサグループの社長。栃木県出身。サレジオ学院高等学校卒業後、米国ノースウエスタン・ミシガンカレッジに留学。帰国後、家業の不動産会社司建物管理有限会社社長に就任。ウィークリーマンション事業を大ヒットさせる。その後、ウィークリーマンション事業をリーマン・ブラザーズに売却。不動産、福祉・介護、インターネットなどの事業を展開している。主な著書に『死の意味と量子論』『人生の意味と量子論』『二極化ニッポン』『1000億円失って 情報整理があなたの危機を救う』など。

他の記事も読んでみる

久保正行

説得も最初の対応がきわめて重要です。「上司は一度却下したものを再び見直すことはない」と考え、慎重に準備をしてから挑む必要があります。


大前研一

企業参謀たるものは、前提条件を疑え。


三井悠加

当時はまったく休みがなくて、ちょっと立ち止まりたかったんです。自分のキャリアを考えると新しい世界を経験したかったし、30歳になってからでは一歩踏み出せなくなる気がして。行くなら、29歳のいましかないなと。

【覚え書き|29歳のときにロサンゼルスに留学したことについて】


中澤優子(経営者)

何か問題が発生してつらい思いをすることはあります。そのときに「仕事だから」という割り切りでは、きっと乗り越えられない。つらいことも自分なりに咀嚼して前に進めるのは、やっぱり好きだからなのだと思います。


松浪正信

人に頼らず、自分たちで考えて仕事を進めていくという文化があり、それが強み。


土屋敦之

これまでフィットネス業界では女性の中高年がボリューム層でしたが、エニタイムフィットネスの会員は20~40代が全体の85%を占め、そのうち7割は男性です。その意味では、新しいマーケットを開拓したと思っています。


三宅久之

「所得倍増計画」を唱えた池田勇人元首相は暴言ばかり吐くし、すごいケチでしてね。「オレのメザシを食っただろう!」とお手伝いさんを叱るぐらい。一度私が訪ねた時も、書生が高級酒を出したのに、「飲みかけの角瓶があっただろ」と(笑)。でも欠点をさらけ出しているので、どこか憎めない。記者の前で欠点がないように振る舞う政治家よりよほど魅力があります。記事も好意的に書きたくなりますよね。池田元首相の周りに有能なブレーンが集まっていた一因も、その憎めなさにあったと思います。もちろん、欠点をさらけ出すだけでは人はひきつけられませんが、彼には、人間的な温かみがあった。だから、多少欠点があっても人が集まってきて、欠点をカバーしてくれるわけです。


鈴鹿可奈子

「伝統のある八ツ橋をこれからも多くの人に食べていただくにはどうすればいいか。どうすれば喜んでいただけるか」というテーマで商品づくりに取り組んでいます。


大平浩二

見方を変えれば、早期に不正が表に出たり、不祥事が明らかになるのは、企業にとって実はよいことなのです。なぜなら、逆に表に出なければ、それだけ不健全な隠ぺい体質が長く続き、その間、社員が苦しむことになり、多くの人がその犠牲になるからです。


真弓・ナタリー・ユエン

華僑もユダヤの方も同じだと思いますが、投資や新しいビジネスを始めるとき、事前の準備・調査は確かに入念に行います。しかし、例えば不動産なら「価格か35%上がったら売却」という具合に、ある程度の目標額を決めてしまうんです。さらに上がる可能性があったとしても、そこで一度切ってしまうこれを繰り返していく感覚です。彼らはその見切りのタイミングがすごく上手。


高島郁夫

いま思えば、最初の上司が仕事のできる人でラッキーでした。某家具店の店長とやりあい、「正当な取引をしてもらえないなら、商品を引き揚げます」と啖呵を切って帰ってしまったことがあるんです。顛末を上司に報告したら、「会社の姿勢をきちんと示した君は偉い」と褒められました。ところが続けて、「が、いまからもう一度行って取引を再開してもらえ」と言われたんです(笑)。最終的には土下座して謝ったら、先方も「君の真剣な気持ちがよくわかった」といってくれ、逆に関係が良くなったなんてこともありました。あの時期、営業の基本を現場で教えてもらったのは、大きかったです。
【覚書き|大学卒業後入社した家具製造会社マルイチセーリング勤務時代を振り返っての発言】


浜田宏一

膨大な資料だったら速く読む必要がありますが、それはどこを省略して読まないかを素早く判断することでもあります。速く読めても大事なポイントを飛ばしたらいけない。私は「序論と結論だけを見て問題意識を持って読め」と学生に言っています。ものによっては量だけ読めばいいわけではない。数学の本なんて、速くたくさん読んでも分かるようにならない。ゆっくり注意して読むことが必要です。