名言DB

9425 人 / 110833 名言

川原俊明の名言

twitter Facebook はてブ

川原俊明のプロフィール

川原俊明、かわはら・としあき。日本の弁護士、学校経営者。「追手門学院」理事長、「追手門学院大学」学長。早稲田大学法学部卒業。弁護士事務所勤務を経て、川原俊明法律事務所を設立。その後、学校法人追手門学院評議員会議長、理事長、追手門学院大学学長を務めた。

川原俊明の名言 一覧

教員からの意見が出づらくなるという懸念があったので、積極的に意見を出してもらえるよう、円卓で会議をする方式を取り入れるなど工夫をしています。円卓会議で、互いに顔を突き合せて意見を言えるようになったので、報告集会ではなく、学部長を中心とした建設的な議論ができるようになりました。


本学の場合、残念ながら、第一志望大学に入れなかった学生が、不本意ながら入学してくることが割と多くあったんです。けれども、大切なのは入学してからです。入学してからの成長が極めて重要なわけです。本学の特徴は、学生が本来持っている潜在能力を最大限に引き出すことにあります。


本学のアイデンティティを表すキャッチコピーは「自分史上、想像以上!」です。入学してきた頃は、偏差値なども含めて「自分はこんなものだ」と思っていた学生も、本学の大学教育によって、自分が思っている以上の成長を実現させています。他の大学に落ちて、不本意ながら入学してきたとしても、「追手門に任せておけ」ということです。


川原俊明の経歴・略歴

川原俊明、かわはら・としあき。日本の弁護士、学校経営者。「追手門学院」理事長、「追手門学院大学」学長。早稲田大学法学部卒業。弁護士事務所勤務を経て、川原俊明法律事務所を設立。その後、学校法人追手門学院評議員会議長、理事長、追手門学院大学学長を務めた。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

経営者というのはスペシャリストの中のスペシャリストでなければいけません。経営のプロでなくちゃいけません。昔のエリートはゼネラリストで、いろいろな仕事を少しずつ経験して上にあがっていった。そして、下があげてきた案件に対して、「よきに計らえ」といっていればよかった。おおざっぱな調整能力さえ持っていればよかったのです。しかし、現代の経営者はそうはいかない。そんなに甘くはないんです。


佐藤康博

目先の収益、例えば1年ぐらいの目線で見た収益力ということになると、海外がかなりいいと思います。ただ、海外がずっと好調かというと、そうではない。アジアの資金需要は既に社債にシフトしており、貸し出しはやや落ちてきています。


野路國夫(野路国夫)

僕の考える最終形は、建設機械一台あればそこにうちのお客さんの生産管理情報が全部入り込んでしまう姿にあります。それが実現すれば、これはもう完全に生産計画から、管理、実績、作業指示まで、すべてそこでオペレーションが済んでしまう時代が来るかもしれません。


植松富司

「弱いものに明日はない」という考え方は正しくないのです。コンサルタントが判断ベースにしているのは定量的なバランスシートであって、要するに過去の成果で明日を語っているわけで、ひどいと思います。目に見えない人の力とか技術力とかを考慮していない。企業にとって大事なのは、バランスシートにないもの。それが新しいモノを生み出す原動力になるのです。


下川浩二

仕事量を増やすためには、仕事を効率化すると同時に、仕事の密度を上げることも考えなければいけません。


ガー・レイノルズ

スライドと同じものを印刷して資料として配る人がいますが、これはダメ。スライドと配布資料の両方の役割を兼ねさせようとして、「スライドとしては重すぎて、配布資料としては物足りない」という中途半端なものになります。日本には「二兎を追う者は一兎をも得ず」という諺がありますが、まさにそれです。


井上直也(経営者)

マガシークのサイトリニューアルをした理由は市場の変化に対応し、新たな顧客を取り込むためです。2000年に、女性ファッション誌に掲載されている商品がネットで購入できるECサイトとしてスタートしました。ところがこの10年でファッションは多様化し、雑誌の影響力も変化しました。いま、お客様が求めているのはどんなサイトなのか、その具体的なコンセプトづくりからはじめました。


大久保哲夫

信託銀行のビジネスは、お客様の人生に併走する長い付き合いになります。お客様から信用、信頼される存在でなければなりません。それが自身の存在意義にもつながると考えています。


内田和成

マネジメント層に求められるのは「すぐに作業にかかる人」ではなく、「何を解決すべきか即決できる人」です。


村上太一

会社やおカネに頼っていたら、不安は消えないのではないでしょうか。どうなっても自分自身でリカバリーできる、生きられるという思いが、不安を解消する。