名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川北英貴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川北英貴のプロフィール

川北英貴、かわきた・ひでき。日本の事業再生コンサルタント、資金繰りコンサルタント。愛知県出身。早稲田大学法学部卒業後、大垣共立銀行に入行。中小企業向け融資業務に従事。その後、フィナンシャル・インスティテュートを設立。著者に『中小企業経営者のための融資の基本100』。

川北英貴の名言 一覧

銀行は想像以上に実績を重視する。初めての融資には多少のハードルがあるのは事実。だが裏を返せば、一度実績をつくってしまえばいいとも言える。ポイントは、余裕のあるときこそ融資を受けること。そこで「借りて返す」という実績をつくれば、いざ事業拡大で多額の融資が必要になったときにも銀行が味方になってくれるはずだ。


銀行員は、融資の契約書に実印をもらうまでは気が抜けず、逆に、実印をもらい、契約書の預かり証を渡したときに大きな安堵感を得ます。そんなとき、銀行員の口はおのずと軽くなり、問い掛けに応じてさまざまな本音を語るようになります。したがって、あなたの会社に対する誉め言葉のみならず、改善すべき点などについても聞いておき、のちの経営に生かすことが大切なのです。


銀行の本音が聞ける好機は、融資審査が通り、銀行側が金銭消費貸借契約書や借入用手形など、融資に必要な書類を用意し、あなたがそれに実印を押した直後にほかなりません。無事に融資審査が通り、融資先の社長に実印を押してもらったときは、銀行員もホッとして気が緩みます。そうした頃合いを見計らい、銀行員に「なぜ、うちの会社への融資が通ったのですか」と質問してみてください。


ある事業や店舗を撤退するとき。これは悪いことのように見えますが、撤退すれば赤字事業や赤字店舗がなくなる、そのような前向きの理由を、部門別損益などの資料も添えて銀行に説明することにより、撤退資金の融資を受けることも可能です。


業績が悪くなり、融資が受けられなくなってもおかしくないのに、会社をどう良くしていくか、経営改善計画書を見て、銀行は融資を行うことがよくあります。融資が受けられないのは、経営が不透明だから、そして将来の見通しが見えないからです。


銀行はなぜリスケジュールを行ってくれるのか、そしてリスケジュールを何年も続けてくれるのか。それは、銀行としてはリスケジュールを行い続けるほうが、メリットがあるからです。銀行が求めるメリットというのは、少しずつでも融資の回収が進むことです。そして融資の回収が進むためには、企業の利益が上がって返済が少しずつでも再開していくことが必要です。会社はいくら債務超過であっても、負債が多くあっても、足元の資金繰りがまわれば、継続することができます。割り切って銀行へは何年かかってでも返済していこうとすること、それもリスケジュール中の企業が考える方向の1つとして考えてよいのです。


余計なことを言ったばっかりに、銀行から融資が出なくなるケースを時々、目にします。経営者の中には、自分の武勇伝として余計なことを銀行に言ってしまう人もいます。昔はやんちゃだったとか、不倫をしているとか、そのような話でも、銀行員や銀行の体質によっては、それを大きくとらえることもあります。そしてその銀行から融資が受けられなくなることがあります。1つの銀行から融資が受けられなくなれば、やがて他の銀行もその事実に気付くため、どの銀行でも融資が受けられなくなる可能性が高いでしょう。余計なことは銀行に言わないこと。武勇伝を話したがる経営者は特に気を付けなければなりません。


銀行と口頭で交渉した記録は、銀行内でとっておかれるものです。あるとき、社長は銀行員に言いました。「これから3か月に1回、試算表を銀行に提出します」。それは銀行内に記録されます。試算表の内容が悪いからと、社長が忘れたふりをしても、銀行では3か月に1回、この会社から試算表が提出されることが記録されています。企業側も、銀行とどのような交渉をしてきたか記録をとっておき、約束したことは忠実に守っていくと、銀行からの信用は高くなることでしょう。


悪くなったときに包み隠さず銀行に相談してくれる社長、そして悪くなったらどのように会社を良くしていくのか、計画を立てられる社長を、銀行員は信用します。多少業績が悪くなっても、融資は行ってくれることが多いですし、また融資が行えなくても、一方で既存の融資の返済負担が大きい、その返済を減額・猶予するリスケジュールという方法を検討してくれます。


銀行に、自社のことをどこまで言ってよいか。まず、自社の業績が悪くなった場合。それは、試算表や決算書に現れることでしょう。それを粉飾して良い業績のように見せるわけにはいきません。この場合、実際に悪くなった試算表や決算書は包み隠さずに見せるべきです。銀行は、この悪くなった業績を、経営者はどのように立て直すか、経営者としての手腕を見ています。経営改善計画書を作成して提出し、どのように会社を良くしていくかを銀行に伝えるべきです。


融資の相談があった場合、銀行の担当者は決算書の何を見ているのか。最初に見られるのが貸借対照表(BS)の純資産。ここは何はともあれプラスにしておくこと。ここがマイナスだと交渉が一気に不利になる。ただし、ここで安心してしまうのはまだ早い。一見プラスでも実は落とし穴があるのだ。資産として計上していても、「資産価値なし」と判断される費目もあるためだ。その筆頭は売掛金。あまりに多額の場合、架空売り上げを疑われるか、貸し倒れの可能性が高いと見なされることがある。その結果、下手をすると「実質債務超過」という評価になりかねないので注意したい。


川北英貴の経歴・略歴

川北英貴、かわきた・ひでき。日本の事業再生コンサルタント、資金繰りコンサルタント。愛知県出身。早稲田大学法学部卒業後、大垣共立銀行に入行。中小企業向け融資業務に従事。その後、フィナンシャル・インスティテュートを設立。著者に『中小企業経営者のための融資の基本100』。

他の記事も読んでみる

高嶋由美子

難民が自立して、私たちの仕事がなくなることが、本当は一番の望み。


三枝匡

どんな組織にも、どの世代にも必ず「血の騒ぐヤツ」がいるものです。こういう人材を探して、抜擢することが重要です。リーダーには向き不向きがありますから、血の騒がない人には、地道な作業を着実に積み重ねる仕事を担当してもらうのがいい。それが人を生かす道だと思います。


齋藤勇(齊藤勇)

お詫びをするときは、できるだけ早く、そして大きな声でミスを全面的に認めて謝罪。その潔い姿勢と素直さが逆に評価されることになります。上司である自分が失敗したときも同じです。立場がないからといって隠さず、こちらも素直に頭を下げる。自らの失敗を打ち明けることで、部下からの信頼を得られることにもなります。


野村克也

固定観念は悪。安直な判断ではなく、自分の目で見て、触って、自分の頭で判断することが肝要。


和田裕美

メールでも手紙でも、大切なことは、相手のことを思いやって、簡潔に、自分の感動をいかに伝えるかじゃないかな。そうすることで、仕事の成果も、きっとあとからついてくると思います。


島津義秀

「自顕流」「天吹(てんぷく)」「薩摩琵琶」。これら3つの文化には段や階級がありません。要するに、師匠や先輩が良しと言えばそれで良いんです。ただ、どこまでできれば良いという境界もなくて、よく言われるのは棺桶に入るまでが修行だからということです。


柳井正

自分のやっていることが間違っているのではないかと、いつも考えるべきです。経営、店舗、商品、人事などについて日頃から根本的に否定していくことです。ずっと自己肯定が続くと、時代とズレていき、ある日、気づいたら手遅れだったということになりかねない。昨年売れた商品が、今年も売れるという保証はない。もちろん、経営の本質的な部分は通用しますが、表面的な方法は変えなければなりません。


佐治信忠

自分だけでなく他人を含めた経験を糧にすることが大事。


大澤孝征

相手の本音を引き出すときに大事なのは、相手本位で話を聞く姿勢。つまり相手の立場になり、「君の言うことは理解できる」という態度をとること。


千本倖生

会社から言われたことを漫然とこなしているだけでは、たいした力はつきません。入社10年くらいまでの時期、必死になって努力したかしないかが、将来大きな差になって現れてきます。


西川光一(経営者)

私は自分が理解出来ないことをビジネスにはしません。


古川裕倫

困った上司は反面教師です。自分はこんな上司になるまいと誓いつつ接するのです。「恵まれない上司に恵まれている」と考えればすごく楽になります。