名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川俣喜昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川俣喜昭のプロフィール

川俣喜昭、かわまた・よしあき。日本の経営者。「モルガン・スタンレーMUFG証券」会長。早稲田大学卒業後、三和銀行に入行。三和銀行執行役員、UFJ銀行常務執行役員、専務執行役員、東京三菱UFJ銀行常務執行役員、専務執行役員などを経てモルガン・スタンレーMUFG証券会長に就任。

川俣喜昭の名言 一覧

大事なのは、常に自分が主体的に関わる、当事者意識。失敗した際に、ああだこうだと、他のせいにしたり言い訳をしないこと。


仕事というのは、困難なもの。楽な仕事はない。仕事は、言われたことをやるのではなく、自分で課題をはっきりさせ、それを解決することだ。


自分で何かを変えていくという意思、決意がなければ物事は変わらない。


大きな組織だと、少しの力では物事は進まない。成功させるためには、どれだけ自分の思いを組織の他の人に理解させ、ベクトルを同じ方向に向けさせるかだ。


自分もかつて、仕事でうまくいかなかったとき、不平を言ったら、ある上司から「ならお前は納得するまで動いたのか」と言われ、戒められた。


川俣喜昭の経歴・略歴

川俣喜昭、かわまた・よしあき。日本の経営者。「モルガン・スタンレーMUFG証券」会長。早稲田大学卒業後、三和銀行に入行。三和銀行執行役員、UFJ銀行常務執行役員、専務執行役員、東京三菱UFJ銀行常務執行役員、専務執行役員などを経てモルガン・スタンレーMUFG証券会長に就任。

他の記事も読んでみる

渡邊陽一

考えたこと、思ったことは、遠慮せず、仲間ととことん話し合う。そのためには、会社の中で誰よりも、会社のことを考えていないといけない。


上西京一郎

ハード面での投資は手を休めることなく継続的に行います。数百億円単位の大規模な投資から十億円程度のものまで大小織り交ぜ、東京ディズニーランドでしか得られない体験価値の拡充を常に目指します。これは世の中に対し、話題を喚起するためにも大きな意味を持ちます。


萩本欽一

たいていのことは、努力すれば3年で達成できます。どんなにつらくても、3年我慢すれば今度は楽しいことがやってくる。「石の上にも3年」なんて、昔の人はうまいことを言いますよね。でもね、3年間努力したり我慢すればたしかに状況は変わるかもしれないけど、そこに「運」はないの。せっかく3年間踏ん張ったんだから、ついでにあと2年続けていれば、そこに運が生まれます。「石の上にも5年」、僕はいつも5年周期でものごとを完成させてます。


福森豊樹

事前にまとめた書類を提出させる方法もありますが、前日でも当日でも、考える内容はさほどかわりません。ならば、頭の中にあるものを、その場で書いてもらった方が早いのです。
【覚書き|同社の会議スペースに電子ホワイトボードが45機並んでおり、社員たちが自分の考えをまとめて書き込んでいる理由について語った言葉】


鈴木啓太(サッカー)

立ち止まったら終わり。サッカーも経営もより良いものを追い求めなければ進化はない。


安藤文男

お客様の方もアバウトな物言いで、「こんな感じのものをつくって」と言うのではなく、具体的に「当社の経営戦略上、イノベートするためにはこういうものが必要だ」という提案があれば、こちらもより具体的なものを一生懸命につくっていくことができます。ですから、この辺はお互いのシステム責任者だけではなく、企画も営業も、場合によってはファイナンスの担当者も入ったチームをつくって、お客様と共により良いものをつくっていくという時代になると思います。


加藤嘉一

いまの若い人たちには、刺激が必要だと思うんです。若い人が世代や職種、国境を越えて、勇敢に挑戦していくことが大事だと。日本の若者だって、海外の人たちに負けたら悔しいはずです。日本と海外の若者が共同作業を通じて汗を流すことで、刺激を与え合う。そこから新たな活力が生まれるのではないでしょうか。


野村直之

AI時代に必要とされる人材とは、AIが苦手なことを柔軟にこなせる人間、まさに「シャーロック・ホームズ」がこれにあてはまります。仮説を立て、物事を突き詰めて考え、証拠や反証を得て可能性をつぶしていく。様々な情報や物証を照らし合わせて分析し、事件現場で何が起きたかを推測する。つまり、消去法を用い、常人が思いつかない解答を出すのです。ホームズは、並外れた演繹能力(仮説から結論を導き出す能力)を持っていた人物と言えます。そして、この演繹能力こそ、AI時代に向けて身につけておきたい力の一つなのです。


藤井美保代

判断基準には、「正解」があるわけではありません。答えは会社の方針や業務内容によって違ってくるでしょう。リーダーはその背景を理解したうえで、組織としての価値観、つまり仕事に携わるうえでの「これははずさない」という基準を明確に持つべきです。そして、それに基づく判断基準をチームに周知させることも忘れてはいけません。「うちのチームはこれを第一に考える」という指針があれば、メンバーが優先順位に迷って業務を停滞させる事態を防げます。


池田一美(コンサルタント)

仕事の見直しをするときのポイントは、なぜその仕事が必要なのか。目的は何かをはっきりさせること。


田口三昭

この業界は変化が早い。我々には強固な基盤はない。次の打ち手を常に考える必要がある。


出口治明

仕事に追われるビジネスパーソンが良書を自分で選ぶにはどうすればよいでしょう。良い本を書店でじっくり選ぶということは時間的に制約があり難しいかもしれません。私のようにベンチャーの社長を務めていると、書店でじっくり選ぶ時間もなかなか捻出できないのが実情です。そこで活用しているのが、新聞の書評欄です。これが実にハズレがなく、極めて役立つ情報源になっています。