川上源一の名言

川上源一のプロフィール

川上源一、かわかみ・げんいち。日本の経営者。ヤマハ発動機社長。旧制高千穂高等商業学校(のちの高千穂大学)卒業後、日本楽器製造(現:ヤマハ)に入社。同社で社長を務めた後、ヤマハ発動機へ移り社長に就任。

川上源一の名言 一覧

社長は戦国時代の大名と一緒で、すべて背水の陣でものを考えている。その都度、その都度、私自身、自分の決心に時間をかけたことはない。
【覚書き:自身の経営哲学を語った言葉】


川上源一の経歴・略歴

川上源一、かわかみ・げんいち。日本の経営者。ヤマハ発動機社長。旧制高千穂高等商業学校(のちの高千穂大学)卒業後、日本楽器製造(現:ヤマハ)に入社。同社で社長を務めた後、ヤマハ発動機へ移り社長に就任。

他の記事も読んでみる

松重豊

年齢と共に、俳優に求められるものは演技だけではないだろうと思うようにもなってきた。若いミュージシャンと僕が話している姿とか今ここで話していることを、若い俳優や表現者が見たら、ちょっとした刺激を受けるかもしれない。どんな方向でどんな矢が刺さるかわからないですからね。人の前に出る仕事をしている限り考えなければいけないことだと思うし、この仕事をする覚悟をした時から、どういうふうに生きればいいのかをずっと考えてきました。


加藤照和

とにかく何でもいいから売れるものをつくるのではなくて、自分たちが売るべき薬とは何かを深く考える、すなわち「良薬を追求し、さらに進化させる」という信念を大切にしています。


世良公則

この前、ライブの後に、楽屋に3人だけ、抽選で握手でもしましょうという企画をやったのですが、当選して来てくれた3人のうちの1人が19歳の女の子なんです。「どっから俺のこと知ってるの?」と聞いたら、僕の比較的新しい曲に政治家をちょっと皮肉ったような曲があるんですけど、その歌がいいです、と言うんです。あんたのバラードでも銃爪(ひきがね)でもないわけです。自分が日頃感じていることを歌ってくれる人として僕をみている。そういう子がいると、自分が古いキャリアなどにこだわることが改めてつまらなく感じられる。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

事業展開している国や地域のマーケット特性に合わせ、またそのマ一ケットの成長率やお客様のニーズに合わせて販売する商品は替えます。戦略を例えるなら、ピアノを弾くようなものとでも言いましょうか。同じピアノを弾くにしても、どのような場所でどのような時間にどのようなメロディーを弾くか。相手によってかなり違いが出てくるでしょう。


小笹芳央

壮大な目標に向かって着実に歩を進めるという充足感はないかもしれない。でも、生きていく中では、ゴールを設定しにくいことの方が多いものです。やりたいことが見つからなくても、「今は信頼を積み上げている時期なのだ」と考えて日々を充実させていけば、後で大きな自由を獲得できる。そう信じて進んでください。


大久保恒夫

品切れは絶対にダメです。品切れを起こす商品は売れる商品ですし、お客様が買い物に来て品切れしていたら、がっかりさせてしまうことになります。


林修

相手の期待値を知るには観察し、おもてなしの5W1Hを埋めること。「Why(なぜ)」「Who(相手に)」「When(いつ)」「Where(どこで)」「What(何を)」「HOW(どのようにもてなすのか)」。この問題が解ける人には「もてなされ嫌い」の僕さえも感動します。


弘兼憲史

「その世界でトップに立ってやる」「自分の手でこの人たちを喜ばせたい」といった強い動機や明確な意志があるかどうか。そのための必死な努力ができるかどうかという覚悟が大事。


近藤太香巳

ストレスを感じないためには、自分でミッションを課すこと。苦しいこと、悲しいこと、つらいことも多いけれど、その先には素晴らしいことが待っているんだという想像の世界を作るんです。イマジネーションがすごく大切です。


ウォルト・ディズニー

成功する秘訣を教えてほしい、どうすれば夢を実現することができますかとよく人から尋ねられる。自分でやってみることだと私は答えている。


大前研一

私はジャック・ウェルチと20年来の付き合いだが、彼は私に会うといつも「Ken, What’s new?」と聞いてくる。つまり、「前に会ってから、その後お前に起こった新しいことは何か?その差分だけ教えろ」ということである。前と同じことを言おうものなら、きっと「お前は進歩してないな」とたしなめることだろうし、新しいトピックを話すと、それについて矢継ぎ早に質問してくるのだ。


哀川翔

29歳でVシネマ『ネオチンピラ 鉄砲玉ぴゅ~』に主演で出たことが最大の転機だよね。高橋伴明監督に「なぜ、オレのような素人を起用したんですか?」って聞いたときに、「六本木で一番元気よく遊んでいるから」と言われたときには、返す言葉もなかったけどさ(笑)。現場では伴明さんのエネルギーに圧倒されながら、「殺されるんじゃねえか」というぐらい、とことんまでやり合ってね。いいやり取りができたから、本格的に映画の世界に足を踏み入れるきっかけになったんです。それから10年で100本以上もの作品に出ることになり、そのころからかな、「オレは役者としてこういうことが求められているのか。だったら、こうやろうじゃないか」と、いくらかわかるようになってきたのは。それまでは、ただ必死に、死にものぐるいでやってきたし……、いまでも俳優として一流の域には達していないと思うよ。オレなんかよりは一生懸命やっている人はいっぱいいるしさ。


ジョセフ・バウアー

企業が後継者となる次期CEO(最高経営責任者)を決める際の最大の問題は、多くの企業が場当たり的な対応しかとっていないことだ。CEOも取締役会も、後継者を決めさえすれば自分の仕事は終わったと思っている。この現状は、後継者とは企業が何年もかけて経営を通じて育成していくものという本来の姿からはかけ離れている。


バラク・オバマ

我々は夢を追ってリスクを冒していく国民です。我々は誰よりもイノベーションが得意で、それが経済を強くしている。


竹中平蔵

日本企業には健全なプレッシャーが不足している。収益力の弱い会社が居座るだけでなく、ちゃんと業績を上げられない社長に辞めてもらうために、健全なプレッシャーをかけるシステムがない。これはコーポレート・ガバナンス(企業統治)に関わる問題ですが、欧米の企業と比較してみると、日本企業はコーポレート・ガバナンスのシステムが大変にゆるいですね。だから新陳代謝が悪くなってしまう。


ページの先頭へ