名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川上正光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川上正光のプロフィール

川上正光、かわかみ・まさみつ。日本の電子工学者。長岡技術科学大学学長。明治時代、栃木県出身。東京工業大学卒業。東京工業大学教授、学長、長岡技術科学大学学長などを務めた。電子回路の研究者。

川上正光の名言 一覧

これからの先進国間の勝負は独自性をどれだけ持つかで決まります。日本も真似をするだけではなく、その発明がなぜ生まれたのか、その背景となった精神を学ぶことが大切なのです。独創性を重んじる社会通念を作る努力が必要なんです。


川上正光の経歴・略歴

川上正光、かわかみ・まさみつ。日本の電子工学者。長岡技術科学大学学長。明治時代、栃木県出身。東京工業大学卒業。東京工業大学教授、学長、長岡技術科学大学学長などを務めた。電子回路の研究者。

他の記事も読んでみる

和田大(ワダックス)

創業以来、売上高対前年比130%の成長を続けています。お客様が求めているサービスをずっと提供してきたことが、好成績につながったと思っています。


大山のぶ代

脇目も振らずこの道一筋、というのも立派なことだと思いますが、興味の赴くままにたくさんの「わらじ」を履いてみるというのも、ひとつの方法ではないでしょうか。


戸塚隆将

子供にやる気を出させるために、親は褒めたり、励ましたりするものですよね。ならば同じように「自分になんと言ってやればやる気になるだろう」と考えてみたらどうでしょうか。私の場合は「自分を褒める」ことでモチベーションを意識的にコントロールするように心掛けています。


ロバート・キヨサキ

反抗的な学習期にあれこれ言っても逆効果だ。「やってはいけない」と言うかわりに、「それをやったら、どんな結果になると思う?」と聞いてみよう。「自分で判断して決断する」練習をすることが重要だ。行き詰ったり失敗したりしても、すぐ親に泣きついてはいけない。親も、走っていて転んだ幼い我が子を抱き起こそうと駆け寄る母親のようなまねをしてはいけない。私たちは、自分の判断や決断、行動の結果を、実体験を通して学ぶ。「原因と結果」という言葉を日々意識することだ。


中嶋常幸

「楽しむ」ことも大切。苦しい場面でも、それを楽しんでしまう。せっかくだから、普段できないことをしてみたり――。


小山昇

営業所の施錠が何時だったかというデータを、契約している警備会社から取り寄せてチェックし、さらに、月に1度の部門長会議で発表するようにしたところ、さすがに部門長の意識が変わり、各営業所が競うようにして、早く帰るようになりました。


ケリー・マクゴニガル

人には潜在的な能力があり、それを発揮する唯一の方法が「自分自身に挑戦すること」です。直面する難題を「成長するチャンス」と捉え、そこで失敗したらミスの内容を理解し、次回同じことが起きた時の対処策を考えればいい。


山本真司

上司に評価される、他部署と調整する、といったことは確かに大切ですが、それだけでは新しい価値を創造できません。顧客、競争相手はもちろん、世の中全体に広く目を向けて自分の幅を広げていく必要があります。


金美齢

まず問いたいのは、好きなものに出会う努力をしているのかということです。特別な才能がある人ならともかく、好きなことを見つけるのは簡単なことではありません。努力せずに好きなことが見つからないというのはお門違いです。


ダン・ケネディー

私たちは銀行に預金するとき、クリエイティブでオリジナルな方法で儲けた金がどうか聞かれたことはない。独創的なやり方で儲けた金でも、ご褒美に利息を10%上乗せしてもらえるわけでもない。逆に、人の真似をして儲けた金だからと言って、罰として利息を減らされることもない。


大倉忠司

適正価格とは何か。私は、ステークホルダー(利害関係者)全員が幸福になれる価格のことを、そう呼んでいます。お客様、社員、株主、取引先、地域社会、それと金融機関。みんなが幸せになれる「価格」を設定することが、企業が永続的に成長するための根幹なんです。日本の外食産業は、お客様を獲得したいあまりに顧客満足に傾きすぎるきらいがあります。お客様だけが喜べばいいのなら、ひたすら低価格を目指せばいい。しかし必ずそのしわ寄せが社員や取引先に向かいます。ブラックな経営になっていくんです。それで永続した企業を、私は知りません。


こだま(作家)

次はエッセイのほか、小説を書く予定です。身の回りの出来事から少し離れ、新たな挑戦になりますが、言葉や体裁を飾らずに書いていきたい。少数派の気持ちをわかりやすい文章で、読んだ人の心に届くように。一作目が『夫のちんぽが入らない』だったので、何を書いても「前ほど怒られないだろう」と思えるようになったのは得です。