名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川上徹也(パナソニック)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川上徹也(パナソニック)のプロフィール

川上徹也、かわかみ・てつや。日本の財務家。パナソニック経理大学学長、松下電機産業CFO(最高経営責任者)。関西学院大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。経理部長、取締役、常務、専務、副社長などを経たのち、常勤顧問、松下経理大学(のちのパナソニック経理大学)学長などを務めた。主に経理・財務畑を歴任し、CFOとして活躍した。そのほか、CFO協会理事、日本証券業協会自主規制委員、関西学院大学大学院経営戦略研究科客員教授、松下政経塾監事、経済産業省高度金融人材産学協議会会長代行、関西経済連合会評議員などを務めた。

川上徹也(パナソニック)の名言 一覧

日々の仕事では、枝葉や、今日明日のことよりも本質を見なければなりません。


仕事が上手くいかないときもあります。そういうときに相手が悪いと思わない方がいい。半分以上は自分が悪いと思った方が、上手くいきます。権力や地位を振りかざすのではなく、素直な心で学び続ける姿勢を大切にする必要があります。


普段当たり前に思っている自分の健康、家族、部下が遅くまで働いてくれることのありがたさは、自分が弱い立場になったときにこそわかります。


松下電器で7年間のCFOとしての経験から、5つのことが大事だと学びました。

  1. 難しいことを易しく伝えること。
  2. 本質的、長期的、多面的にものごとを考えること。
  3. 事前の一策は、最後の百策に勝るということ。
  4. 自分自身の言葉で伝えること。
  5. 素直な心と、学ぶ心を持つこと。

CFO(最高財務責任者)として冷静に数字を見るのはもちろん大事ですが、数字の背後で必死に働いている人たちの気持ちを決して忘れてはなりません。


いま改めて一連の改革を振り返ると、この経験は非常に貴重でした。私は腹が据わっていない平凡な会社員でしたが、危機と改革を通じて鍛えられました。
【覚書き|CFOに就任した年にITバブルが崩壊し、その後、中村邦夫社長(のちに会長)の経営改革をCFOとして支え、V字回復を成し遂げた当時を振り返っての発言】


CFO(チーフ・ファイナンシャル・オフィサー、最高財務責任者)の役割は「チーフ・フォーカス・オフィサー」だとつくづく思います。何を優先するか示さなければなりません。目指すものが多いと、本当に大事なものが見えなくなるからです。


部下や他部署の人に何かを伝えるときに、トップがこう言っているとか、事業部長がこう言っているからと話しても、説得力に欠けます。「私はこう考えています」ということを自分の言葉で伝えた方がいいでしょう。


会社の中で本音で話せる人がいるといいですよね。僕もそんな人がいない時期があったので、家に帰って妻と話をしていました。


私の信条は「クリーンハンド」「クールヘッド」「ウォームハート」です。人に避難されないようなキレイな手で、冷静な頭で数字を扱う。そして、相手を理解しようとする温かい心を持つ。とくに最後の温かい心を大事にしています。結局、優しさとは相手の立場をどこまで理解できるかだと思います。


会計や経理は他の部署の人にとっては難解に感じられるものです。専門用語や数字を振りかざすと、難しいと受け止められやすい。内容や真意をしっかりと伝えて、相手に動いてもらって、成果を出してもらわなければなりません。


若手を選抜して、「経理規定を含めてシステムを抜本的に変えたい。3か月でやってくれ」と頼みました。中間報告を聞くと、稚拙な点が目立ちました。「なんでこんなものになるんだ」と正直思いましたが、ここで彼らを否定すると、プロジェクトがつぶれる。グッと我慢して、活動を見守りました。こうして生まれた経営の仕組みの改革案は期待以上でした。
【覚書き|松下電器の経営改革案をまとめたときを振り返っての発言】


危機と改革から学んだ経験を語り継ぐことが大事だと思っています。いま、私はパナソニック経理大学の学長として、経営幹部や社員に、研修を通じて自分の経験を伝えています。


川上徹也(パナソニック)の経歴・略歴

川上徹也、かわかみ・てつや。日本の財務家。パナソニック経理大学学長、松下電機産業CFO(最高経営責任者)。関西学院大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。経理部長、取締役、常務、専務、副社長などを経たのち、常勤顧問、松下経理大学(のちのパナソニック経理大学)学長などを務めた。主に経理・財務畑を歴任し、CFOとして活躍した。そのほか、CFO協会理事、日本証券業協会自主規制委員、関西学院大学大学院経営戦略研究科客員教授、松下政経塾監事、経済産業省高度金融人材産学協議会会長代行、関西経済連合会評議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐藤有美(経営者)

義務で料理を作っていた時はあまり好きではありませんでした。でも好きな時に料理をするようになったらとっても楽しくなって、今ではストレス解消になっています。


山口誠一郎

当社の企業理念は、「あらゆる不動産シーンにおいて新たな価値と感動を創造する」です。お客様、そして社会から必要とされる新たな不動産価値を心に届く形で提供したいですね。


マーク・ベニオフ

達成した成果をリーダーがすべてやり遂げていると思ってはいけません。実現するのは従業員なのです。まさに人がパワーの源泉なのですから、リーダーは個人を奮い立たせることが重要です。


飯田亮

創業50周年のとき、なぜ自分はここまで会社を成長させることができたのか、改めて思いを巡らせてみました。「ひとつのことに熱中してきたから」とか「一生懸命に努力してきたから」などとも考えたのですが、どれも当たり前のことで、正直これといった理由が見つかりませんでした。結局、当たり前のことを当たり前にやっていたら成長していたんです。


吉山勇樹

じっくり考えて答えを出す考察業務の時間をあらかじめ確保しておくと、緊急時の代替としても役立ちます。私の場合は、一週間のうち数時間は、中長期の戦略を練ったり、計画を立てたりする時間を作っています。仕事が予定通りに進めばそのまま考察に使えるし、クライアントから急な依頼が飛び込んできた場合などは、考察の時間で代替すれば対応できます。


ジェームス・スキナー

競争相手がやっていれば、あなたの会社が廃業に追い込まれてしまうことはなんだろうか。それを先にやることだ。自分たちの手で、今のやり方を廃業に追い込むことだ。


小川孔輔

顧客満足度の高い企業には2つのパターンがあります。一つは値段や利用料金がかさんでも、期待を超える商品やサービスを提供できている企業。もう一つが価格は抑えながら、それなりの品質を保った商品・サービスを提供できている企業です。つまり、コストパフォーマンスの高さこそが客の満足を決定づける大きな要因なのです。


匠英一

実際にお客さんに商品作りに参加してもらうのも、販売につながる手法。お菓子作りや、工芸品作りの体験は観光地に多く、たとえは箱根では自分が作ったガラス細工を買って持ち帰れる店があります。じつは、最初から職人が作ったものを店頭に並べておくよりも、自分が実際に作ったモノのほうに付加価値を高く感じるものなんです。それを心理学的には「自己関与性」と呼びます。商品作りの体験は、人は自分が関与したことには興味を示すという特性をうまく利用していると言えます。


渡辺久信

損得なんて考えてたら台湾にも行ってないし、監督だって引き受けていなかった。僕にとってのポイントは、やり甲斐があるかどうか。その一点だけ。


北野泰男

会社が成長する過程でぶつかる様々な困難を乗り越えるには、一緒に働く人たちの知恵を結集させることが必要です。普段から良好な人間関係を築いていないと、いざというときに、チームとして危機に対応できません。「共に働く仲間がお互いの成長を支え合いながら、生涯働き続けられる環境を作りましょう」というメッセージを、この経営理念に込めました。


澤田秀雄

私たちもハウステンボスでは、随分失敗をしました。最初は価格を下げればお客様が増えるだろうと考え、入場料を安くしました。ところが、値下げをしても客数は増えない。思い切って夕方以降は無料にしてみましたが、それでも増えませんでした。この試みは大失敗だったわけですが、そこで失敗の理由を考えた。航空券やツアーは安くすれば喜ばれるけれど、テーマパークではそうではない。では、本当にお客様に喜んでいただけるものは何だろうか。そう考えながら、失敗を糧にさまざまな新しい挑戦をしました。


佐藤優

理想的な上司なんてものはまずいない。そんなものを探し求めていたら、理想的な女性を探し続けているピーターパンみたいになる人と一緒。