名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川上哲郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川上哲郎のプロフィール

川上哲郎、かわかみ・てつろう。日本の経営者。住友電気工業社長・会長。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、住友電気工業に入社。同社社長を務めた。そのほか、関西経済連後悔会長、日本万国博覧会記念協会会長、大阪都市経済調査会会長、関西情報センター会長などを務めた。

川上哲郎の名言 一覧

技術開発の競争にタナボタはない。必要なのは独自の挑戦。開拓への足場作りである


川上哲郎の経歴・略歴

川上哲郎、かわかみ・てつろう。日本の経営者。住友電気工業社長・会長。東京出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、住友電気工業に入社。同社社長を務めた。そのほか、関西経済連後悔会長、日本万国博覧会記念協会会長、大阪都市経済調査会会長、関西情報センター会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

社長就任後、2年ほどかけて技術部門のトップ数人と技術の棚卸しをやりました。当社が持っている技術のうち競争力のあるシーズ(種)は何か、それをどんな市場や商品に応用すべきなのかを洗い出しました。その中から医薬や化粧品といった考えが生まれました。


山本一力

『龍馬奔る』の取材で高知に行ったんだけど、ほとんどは行ったことがある場所。それでも行く。わかっているけれど何度も足を運ぶ。そうすると「ああ、こうだったのか」と、新しい発見が毎回ある。そこまでやって、やっと仕事の理解が深まる。インターネットで調べただけでは知らないのと同じ。そのためには、時間とお金をかけることを惜しんじゃいけない。


住友政友

何にしても、世間の相場より安いものを持ってこられた場合、その素性がわからないようなものは、絶対に買ってはならない。そのようなものは盗品だと心得よ。


曽野綾子

友人となり、適切な人間関係を持ち得るということは、いかに親しい友人であっても、生来、全く違う個性のもとに生まれついているということに自覚を持ち、その違いを許容し得る、というところから始まるのである。


吉原毅

成果主義は昨年からやめました。100メートルの短距離をやっても仕方ないでしょう。1回の勝負なら、高性能のシューズで走ってもタイムは出るし、ストップウォッチを操作しても数字は上がるわけです。しかし、それが組織をメチャクチャにしてしまう。上司に取り入る人ばかり増やしてしまうのです。


鈴木敏文

無理にこの次は何をやろうとか、あの次は何をやるとか、そんなことは考えなくていい。目の前の仕事の中から自然と次のテーマは出てくる。


デービッド・アトキンソン

本物の伝統技術を持った企業がいなくては国宝が消滅してしまう、と危機感を持ちました。そこで職人すべてを正社員にすることで、社員の離職率を減らそうと考えた。同時に、若い人をどんどん雇うことができ、48歳くらいだった平均年齢も今は38歳ぐらいになりました。生活が安定したことで社員の離職率が激減し、品質も向上するという好循環が生まれたのです。


金川顕教

理想が高すぎるのはよくない。いい加減でも適当でもいいから、まずはやってみる。「やるか、やらないか」ではなく、「やるか、すぐやるか」の違いで差がつく。


前澤友作

仕事がつまらなくなってしまう人というのは、受動的になっていることが多いのではないでしょうか。僕はよく、会社の中を歩き回ってスタッフの様子を見ます。すると、どうもつまらなさそうにしているスタッフがいる。そういう人はたいてい「言われたことをやる」受け身の姿勢になっているんですね。受動的な人は別に意欲がないわけではなく、真面目だからこそ、そうなってしまうんです。そういう人に話を聞くと、「上司に喜んでもらいたい」「チームに貢献したい」という答えが返ってくるんです。「期待に応えたい」という思いが、「言われたことをちゃんとやる」という受動性につながってしまうのです。


高橋克実

結局、長く残っている人に共通しているのは、「好きだ」という気持ちの強さ。


松本大

新入社員時代からずっと重視しているのは、「働く環境作り」です。仕事に必要な能力は、人によってさほど変わらないと私は思う。ならば、長く働いた方が大きな成果を上げられる。そう考え、会社の近くに1Kのアパートを借りました。場所が高級住宅地の東京・東麻布だったので、家賃は月13万~14万円と高かった。ですが、通勤時間が短い分、誰よりも早く会社に着くことができ、誰よりも遅くまで会社にいて働けます。働く時間を長くするための投資と考えて、高い家賃を支払い続けたのです。


高田明(ジャパネットたかた)

私はずっと「今」に集中することで経営をしてきました。時代の先を読むことが重要だとよく言いますが、学者の方がどんなに知恵を絞っても、時代の先なんて読めないのが現実だと思います。明日の株価だってわからない。なのに、「景気の先行きがどうなるか」なんて心配してもしょうがないですよね。