名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川上哲治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川上哲治のプロフィール

川上哲治、かわかみ・てつはる。プロ野球選手、監督。読売巨人軍監督。熊本県立工業学校(のちの熊本工業高等学校)のメンバーとして全国中等学校優勝野球大会(のちの全国高等学校野球選手権大会:甲子園大会)に出場。優秀投手に選ばれる。卒業後、巨人軍に入団し、一塁手として活躍した。打撃に優れ打撃の神様と称えられた。巨人軍黄金期を支え9年連続リーグ優勝・日本一を達成した原動力となった。引退後は、コーチを経て監督に就任。14年間巨人の監督を務め、そのうち11回も日本一を獲得するという偉業を成し遂げた。

川上哲治の名言 一覧

人間の強い、弱いは、自分のもつ哲学からくる意思の強さ、弱さによる。


疲れるまで練習するのは普通の人。倒れるまで練習しても並のプロ。疲れたとか、このままでは倒れるというレベルを超え、我を忘れて練習する、つまり三昧境(さんまいきょう=無我の境地)に入った人が本当のプロだ。


企業に勤めると、冷や飯を食わされるときもある。そのときに愚痴をこぼしたり、腐ったりして、仕事をろくにしない人が多い。成功する人とは、この冷や飯を上手に食べた人であるといってよい。


無駄になる努力はない。


監督の仕事の「大義」は試合で勝つことです。そのために能力と経験を身につけた人間が選ばれている。いかにして試合に勝つか。その一点こそが、唯一絶対の目的であり、それを達成する過程においては、個々のプレーヤーへの同情や感傷などの小義は禁物なのです。


思えば自分が四番打者だったころは苦しくてたまりませんでした。「自分が打たねば勝てないと思っていました。」


周囲からどう評価されるか、という不安や心配から自らを解き放って、自分の想念を「無の境地」に置けば、問題の所在が良く見えるようになります。あとは、その問題を淡々と解決していく。こうすると自分も楽になるし、不思議なもので、だんだんと勘も冴えてくるように思います。


ときに部下や周囲の不興を買うことがあったとしても、大義を表現するために成すべきことを成す。そういう強い信念を持った人間でなければ、リーダーは務まりません。


組織のリーダーは、自らが良く思われたいという我執、とらわれの気持ちを捨てねばなりません。誤解してほしくないのですが、決して冷酷非情な人間になれと言いっているのではありません。いかなる状況においても、自分が率いる組織が達成しなければならない大義を見失わないだけの強さを持ってほしいということなのです。


怖いのは「小義」に惑わされて「大義」を見失うことです。人間は誰しも他人から悪く思われたくないという私心を持っています。とりわけ、プロ野球選手は年俸で生活していますから、試合に出てナンボ、打ってナンボの世界です。その生殺与奪を監督は一手に握っているわけですから「一回くらいはチャンスをあげよう」「たまには大目に見よう」という気持ちも出てきます。しかし、その甘さが勝ち星を逃がす失敗につながるのです。


「勝負に私心を持ち込んではいけない」と正力さん(正力松太郎オーナー)は教えてくれました。私心というのは、我執や色気のことで、無心の反対のことです。情にとらわれたり、批判や中傷を気にして、いまやるべきことに集中することができない状態を言います。


プロ野球の監督というのは孤独な仕事です。ファンや選手が自分の一挙手一投足を注視する中で、冷静さを失わず、適切な指示を出して試合に勝たなきゃいけない。もちろん、人間ですから指示の内容や出すタイミングなど、いろいろなことで迷うときがあります。そんなとき、私はいつも正力さん(正力松太郎オーナー)ならどう考えるだろうか、と考えていました。


野球人である前に社会人であれ。プロ野球選手は野球だけでなく人格的にも社会で認められるようでなければいけない。


川上哲治の経歴・略歴

川上哲治、かわかみ・てつはる。プロ野球選手、監督。読売巨人軍監督。熊本県立工業学校(のちの熊本工業高等学校)のメンバーとして全国中等学校優勝野球大会(のちの全国高等学校野球選手権大会:甲子園大会)に出場。優秀投手に選ばれる。卒業後、巨人軍に入団し、一塁手として活躍した。打撃に優れ打撃の神様と称えられた。巨人軍黄金期を支え9年連続リーグ優勝・日本一を達成した原動力となった。引退後は、コーチを経て監督に就任。14年間巨人の監督を務め、そのうち11回も日本一を獲得するという偉業を成し遂げた。

他の記事も読んでみる

泉谷しげる

挨拶や礼儀はキチンとしてるに越したことはないよ。目上の人といいコミュニケーションがとれるだけじゃなく、仕事的にも印象か違う。作法や礼儀ができないヤツが多い? そういうのは本気で叱ればいいだけのこと。本気の怒りは相手に関心があるってことだから、相手との距離がつまるわけだからOKよ。


大久保直子

接待のために使うお店を判断するうえで、内装や立地、価格、人気度などは、ごく表面的な要素と考えてください。これだけでは、お店の格までは判断できません。それよりももっとさりげない部分――たとえば、フレンチやイタリアンならば、よく磨かれたシルバーのカトラリー(ナイフやフォークなどの食卓用金物)やクリスタル製のグラスを使い、日本料理ならば掛け軸や生け花にも季節を感じさせるあしらいがなされている――など細部に至るまで配慮の行き届いた店を見分ける目が必要です。


栗野宏文

会議や打ち合わせのときのメモの取り方だけは工夫しています。始まる前に、必ずページの中央に縦線を一本引くんです。そして、縦線で区切った左右の欄のうち、左側には「課題・問題」を、右側にはその「解決策」だけをメモしていきます。その場で情報を整理しながら、次に活用しやすいようにまとめるためです。僕は、「会議で出てきた課題をメモしておき、あとからその解決策をじっくり考える」ということはあまりしません。むしろ、その場で課題をノートにメモしながら同時に解決策も考えるタイプ。ところが、課題と解決策を書くスペースを分けておかないと、どうも頭がうまく働かないんですよね。また、右側に書いた解決策のなかでよいものを赤で囲っておけば、そのままTODOリストになり、会議のあとすぐに行動に移せる。シンプルな方法ですが、仕事が進む効果は大きいです。


盛田昭夫

そんなものがまだ生産されたこともなく、誰ひとりそれを見たこともないのに、どこかの一隅でこつこつと研究され、非常な苦心の末、製造された製品。その製品を商品としようとする場合には、その製品を手に入れたいという欲求を、人々の間に喚起させなければ、いかに優れた「製品」であっても「商品」にはなり得ない。


高田明(ジャパネットたかた)

当社にライバルはいません。強いて言えば、自分たちの中にあるといえます。


北方謙三

接しないで、ただ遠くから眺めているばかりだと、20歳といったら自分の20歳のときしか思い浮かばないじゃないですか。音楽でもなんでも、いまの20歳と少しでも接していれば、自分のときとどこが違い、どこが重なり合うかがわかってくる。


神谷一雄

ものごとを一生懸命にやって、ものごとを成功させることが大事。


小林誠(物理学者)

たとえば、工場などの現場から研究所へ移りたい人がいるとします。研究にはそれなりのリソース(資源)を使いますから、研究員の数も定員が定められています。その枠の中に入るには、まずその分野において成果や才能を認められなければなりません。一般的にいえば、その人の専門性が受け入れる側の課題とマッチしていれば、認められる可能性は高いでしょう。


米良はるか

ユーザーさんが「READYFORは個人的な夢や親しみやすい案件もたくさんある」と言われることが多いのですが、それは狙い通り。すごい人ばかりじゃなくて、隣のおじさんが好きなことをやろうとしているプロジェクトも大事にしているから、熱い気持ちを語ってくれるのです。


戸塚隆将

世界のエリートたちは「すぐやるべき仕事」については本当に対応が早い。ゴールドマン・サックスでは、トップに近い人ほど瞬時にボイスメールやメールの返信をしていました。エグゼクティブともなると処理すべきメールの件数も尋常ではないので、ためずに素早く対応しようと心掛けているのです。


佐渡島庸平

退屈に慣れてはいけない。ワクワクできない時、「ならば自分で環境やルールを変えてみよう」と行動できるかが成果につながると信じています。


南部靖之

様々な方を招いた勉強会も以前から開いています。アメリカでは経営者やエグゼクティブは、同じ経済人だけではなく、様々な分野の人と交流する勉強会やビジネススクールを通じて、業界業種を超えた交流をしています。アメリカに住んでいた頃、このことを知って、素晴らしいと思いました。それで、日本に帰国したら自分もやろうと。