名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

川上一郎(ライフプランナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

川上一郎(ライフプランナー)のプロフィール

川上一郎、かわかみ・いちろう。日本のエグゼクティブ・ライフプランナー。栃木県出身。明治学院大学卒業後、証券会社を経てプルデンシャル生命保険に入社。エグゼクティブ・ライフプランナーを務めた。

川上一郎(ライフプランナー)の名言 一覧

私の仕事は、保険を通じて、お客様が本当に気がかりなことを解決すること。お互いが打ち解けて何でも話せる関係になるからこそ、ご提案できるのです。


最初、保険の説明はもちろんしますが、それよりも「お客様が気がかりなこと」をうかがいます。仕事のことでも実家のご両親のことでも、とにかくその方が一番不安に思っていることは何かを知ることが第一歩です。


お客様に腹を割って話していただくためには、私のことを知ってもらうことも重要。そのために私は自分のプロフィールと、自分や私の家族のことを書いた「自分史」、その2枚をお客様にお渡ししています。お客様にも私に興味を持ってもらい、「川上さんになら……」と思っていただくのです。


お客様のことを覚えるコツは、お名前をなるべく口に出すこと。すると目の前にいる方と、お名前、さらにご家族のお名前も自然にリンクされていきます。その際、同じ名字の方が複数いらっしゃるので、より記憶に残るように、奥様やお子様はファーストネームで呼ぶようにしています。それに「○○さん」「○○ちゃん」と呼ぶほうがより親しみが湧いて、友人や友人の家族のように覚えられるんです。


川上一郎(ライフプランナー)の経歴・略歴

川上一郎、かわかみ・いちろう。日本のエグゼクティブ・ライフプランナー。栃木県出身。明治学院大学卒業後、証券会社を経てプルデンシャル生命保険に入社。エグゼクティブ・ライフプランナーを務めた。

他の記事も読んでみる

古川武士

もっと自分の評価を上げたいとノルマを増やしていくと、一時的に自分が進化したような気持ちになります。でも、それには限界もある。だから、一度、「引き算発想」をするといいと思います。飲み会参加を減らしたり、マメにメール返信するのをやめたり、人に仕事を任せたり。職場の環境や忙しさによってそれらが不可能な人もいるでしょうが、まずはゆとりのあるスケジュールからリスタートすることで、時間泥棒的な生活サイクルを改善できるのです。


伊藤正裕(起業家)

大事なプレゼンの前は、イメージ・トレーニングをします。これは大変効果があります。1分ほど目を閉じて、自分がプレゼンしている姿をできるだけリアルに思い描きます。「ここに○○部長が座って、この資料を見せて……そうしたら、こういう質問が来るかもしれないな。じゃあ、ここは気を付けておかないと……」という具合です。これを本番の4~5日前から時間を見つけて繰り返します。すると、すでに何度も経験しているような気になっていますから、当日は緊張することなく、自分のペースでプレゼンに臨むことができるのです。


佐藤康博

「フォーチュン500」に登場するようなグローバル企業のCEOと会って議論する機会があります。まず求められるのは、世界はどのような方向に向かっているのかという視点。そうした大枠を自分の言葉で説明できないと議論は始まりません。自分なりの世界観を持つには、歴史や文化など幅広く勉強して人間力を磨く必要があるのです。


山内雅喜

効率を追求していくと事業の集約化が進んで、本来なら一人一人異なるはずのお客様のニーズをひと括りにしてしまったり、細かくバックアップする仕組みやトラブルが発生したときにフォローする仕組みが抜け落ちたりしてしまいがちであり、弊社も決して例外ではなかったのです。


坂根正弘

農業にとっての課題を一言で言えば高齢者にとってより楽になることと、若者にとって魅力あるものかどうかということ。コマツは農業をビジネスにしようとは考えていません。でも、調べてみたら我々の知恵を出す場所がたくさんある。


樋口武男

人様に後ろ足で砂をかけるような生き方をすれば運は逃げてしまう。


嶋浩一郎

新しい商品をつくるために、アンケートをとることがあります。そのこと自体は何も問題ありません。短時間で多くの人の声を収集できるメリットがあります。ただその半面、落とし穴もあります。一般の人から寄せられるアンケートの回答は、すでにある商品やサービスに関することがほとんど。顕在化したものしか出てきません。企画・調査する側の狙いはまだ世の中では言語化されていないけれど、ユーザーが潜在的に欲しいモノ&サービスを何とかつきとめたいということ。ネットの情報だけでは、ジャンプカのある発想をするのは難しいのです。


西出雅弘

常に前向きにやれることはすべてやる。そして、潜在的な問題に目を向けて解決を図っていく。こうした姿勢は、これからいっそう重要になっていく。


原田泳幸

時代が常に移り変わるように、変革とは終わりのない活動。ワンタイムプロジェクトではない。


中本晃

研究開発は、膨大な時間がかかることも珍しくありません。まさに日々試行錯誤の繰り返しで、数限りなく実験に失敗しながら、だんだん成功に近づいていくのです。


千本倖生

大事なことは、大きな波がやってくる0.5歩前に動くこと。しかし、多くの賢い人は3歩先を見て、早く動きすぎて失敗してしまうのです。反対に0.5歩遅いと、今度は大企業を敵にしなければなりません。まさに直前まで慎重に準備をし、0.5歩先に波頭が見えた瞬間に、大胆に参入することが重要なのです。これを「参入の窓」と言います。ハーバード・ビジネススクールでも使われる言葉ですが、その窓が開くのは、実は6か月しかないのです。


堤清二

断られても挫けずに何度も頼めば、どんな人でも五回目くらいには断ることが難儀になるものです。愚直さが相手の心を打つのです。