川上一郎(ライフプランナー)の名言

川上一郎(ライフプランナー)のプロフィール

川上一郎、かわかみ・いちろう。日本のエグゼクティブ・ライフプランナー。栃木県出身。明治学院大学卒業後、証券会社を経てプルデンシャル生命保険に入社。エグゼクティブ・ライフプランナーを務めた。

川上一郎(ライフプランナー)の名言 一覧

私の仕事は、保険を通じて、お客様が本当に気がかりなことを解決すること。お互いが打ち解けて何でも話せる関係になるからこそ、ご提案できるのです。


最初、保険の説明はもちろんしますが、それよりも「お客様が気がかりなこと」をうかがいます。仕事のことでも実家のご両親のことでも、とにかくその方が一番不安に思っていることは何かを知ることが第一歩です。


お客様に腹を割って話していただくためには、私のことを知ってもらうことも重要。そのために私は自分のプロフィールと、自分や私の家族のことを書いた「自分史」、その2枚をお客様にお渡ししています。お客様にも私に興味を持ってもらい、「川上さんになら……」と思っていただくのです。


お客様のことを覚えるコツは、お名前をなるべく口に出すこと。すると目の前にいる方と、お名前、さらにご家族のお名前も自然にリンクされていきます。その際、同じ名字の方が複数いらっしゃるので、より記憶に残るように、奥様やお子様はファーストネームで呼ぶようにしています。それに「○○さん」「○○ちゃん」と呼ぶほうがより親しみが湧いて、友人や友人の家族のように覚えられるんです。


川上一郎(ライフプランナー)の経歴・略歴

川上一郎、かわかみ・いちろう。日本のエグゼクティブ・ライフプランナー。栃木県出身。明治学院大学卒業後、証券会社を経てプルデンシャル生命保険に入社。エグゼクティブ・ライフプランナーを務めた。

他の記事も読んでみる

つんく♂

大事なのは、ゴールのテープを切ることであって、ゴールまでの交通手段はクルマだろうが、自転車だろうが、徒歩だろうが何だっていいんです。まわりの人間は「この道は狭いからクルマは使わない方がいいよ」とアドバイスしてくれているのに、クルマにこだわっていると、絶対にゴールにはたどり着けません。だから、自分の目的に向かってさえいれば、途中の目標は臨機応変に変えてもいいんです。


福澤武

世の中、これだけ変化しているのだから企業も変わらなくてはいけません。社長時代には、社内でも意識改革が必要だと話してきました。これが三菱地所のやり方だと言っていては駄目なのです。


山口陽(経営者)

先代社長の山﨑治平が「フローとストックの両輪経営」を打ち出しました。安定的な収益基盤を構築する中で、「ストック」分野であるマンションの管理や修繕工事をはじめ、今では仲介やリフォームといった部門でも、安定的な収益を確保できるようになりました。現在はフローとストックの売上高がだいたい50対50というバランスになりました。


安田弘

日本人のみならず、外国人に親しい友達ができるということは、それだけ視野も広がるだろうし、いろいろな知識も入ってくる。


西室泰三

東芝と東京証券取引所で経営改革に取り組み、様々な教訓を得ました。ひとつは、会社が危機のときはある程度お金をかけてでもスリムダウンする必要があること。もうひとつが、そうした緊急事態の際には必ず、会社の実情を全社員に周知徹底しなければならないことです。


アルボムッレ・スマナサーラ

この一瞬は唯一のものであり、二度とありません。我々は全員、死に向かっていると考えれば、悩んだり怒ったりしている暇はありません。


為末大

欧州でレースを転戦したり、米国を本拠地に活動したりしてきた、これまでの経験からすると、日本人は議論で物事の問題点をあぶり出すことが弱いと感じている。そこで議論のできる人間を育てる場を作りたいと考えた。それが為末大学だ。


林望

いつ死ぬかは誰にもわかりませんし、いまの日本はこれから先が読めない時代になりました。だからこそ自分がどうしたいかを明らかにする。惰性で暮らすのではなくて、いまの時点でビジョンを立てておくことが大切です。


中村貞裕

ブームで終わらず、スタイルとして定着しそうなものを探すことが一番望ましい。


松村清

コミュニケーション力などないと悲観している人も諦めないでほしい。小さい赤ちゃんでも泣きながら周りの人を動かしますよね。生きるための力として誰しも平等に持っているのがコミュニケーション力なんです。


栗山英樹

一度どん底を経験させることで、悔しさの中からもっとがむしゃらに自分と向き合う機会を与えようと思った。そのときの決断は本当に悩みました。もちろんシーズンの個人成績も大切。でも最終的に「将来のことを考えたら、そのほうが遥輝のためになるはずだ」と考え、決断した。
【覚え書き|西川遥輝選手を二軍に送ったことについて】


大橋洋治

私はアレキサンダー大王が大好きなんです。今の子どもたちには、アレキサンダー大王のように、思いきって自分の思うとおりに生きてみなさいと伝えたい。


野尻佳孝

ほとんどの経営者がそうだと思うんですが。僕たちも最初の資金調達には一番苦労しました。経営者として、そこが一番頭を使うところだと思います。


木暮太一

ワークライフバランスという言葉の流行によって、特に若いビジネスマンの中に、この言葉を地で行こうとする人が増えてきている。仕事と私生活のバランスを取り、両方を充実させようという考え方自体は素晴らしいものだと思うが、「いつバランスさせるか」ということは、一考を要する問題である。若い時代に猛烈な働き方をして価値の蓄積をしっかりした上で、30代、40代に1年、2年という単位で長期の海外旅行に出たり、海外留学をしたりする人が私の周囲にはとても多い。こうした経験はストレートに自分の価値を高めることになると思うが、ワークライフバランスと称して、若い頃から頻繁に休暇を取って海外旅行にでかけることが、価値の向上に繋がるかというと、はなはだ疑問なのである。


高野登

相手にとって当然のことを褒めるのではなく、相手のこだわりを褒めてみましょう。料理人の包丁さばきを褒めるのではなく、包丁に目を向ける。「弟子にはどういう包丁を勧めるのですか?」と聞いてみることで、相手の心をくすぐることができます。


ページの先頭へ