名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

嶋聡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

嶋聡のプロフィール

嶋聡、しま・さとし。日本の政治家、財界人。岐阜県出身。名古屋大学経済学部卒業、松下政経塾卒業。衆議院議員を3期9年務めたのち、ソフトバンクに入社。ソフトバンク社長室長・顧問、サイバー大学客員教授、多摩大学グローバルスタディーズ学部客員教授、東洋大学非常勤講師などを務めた。

嶋聡の名言 一覧

目標を数字で表せば、どんなアクションが必要なのかが分かります。「ベストを尽くして、早く成長しよう」と言っても、社員には響かない。しかし、「今年は8%の成長を目指そう」と具体的な数字に落とし込むと、その成功に向けた道筋を探りやすい。


時代の流れを読むのはもちろん重要ですが、単にそれにとどまらず、みずからの意志と行動力で未来をつくり出す。それこそが最良の先見力。


私は失敗を防ぐために朝日記を習慣にしています。当日の夜は感情がまだ高ぶっていて、冷静な状態で客観的に記入することが難しい。でも一晩眠ると、気持ちはかなり落ち着いています。「再び同じ状況になったら、どんな行動を取るべきか」という対応策も複数書いています。日記を続けるほど、失敗を防ぐための方法が増えていきます。


ミスをすると、「想定外だったので、仕方がありません」と言い訳するビジネスパーソンは多い。しかし、そのロジックは孫(正義)さんに通用しない。一般的には想定外と受け取られる事態もすべて考え、対処策を用意する。想定外のミスも本人の責任です。


孫(正義)さんも、自分で始めたり、投資したりした事業から撤退することはある。その時点で「得るものはなかった」と思っていたら、自分で失敗だと認めるでしょう。でも、その事業を通して得た経験や築いた人脈は、次のビジネスに生きたりする。撤退も「成功に結びつけられる」と考えているわけです。


ベンチャーからビッグビジネスに転化するには、トップの実力だけでなく、チームとしての力が重要になってきます。組織が困難に直面した時に、メンバーが覚悟を持って事にあたれなければ、そこまでだからです。


大風呂敷を成功につなげるには、手広い実践に尽きます。実は孫(正義)さんが手がけてきた投資事業は、私から見れば95%は外している。成功率は5%程度でしょう。でも、その5%の中に、たとえば中国の電子商取引最大手、アリババ集団がある。出資した2000年当時、同社は無名でしたが、その株の価値は、2014年に4000倍の約8兆円へと大化けした。成功の数を増やすためには、多くの実践が必要。ソフトバンクの出資企業は世界で1000以上になります。


嶋聡の経歴・略歴

嶋聡、しま・さとし。日本の政治家、財界人。岐阜県出身。名古屋大学経済学部卒業、松下政経塾卒業。衆議院議員を3期9年務めたのち、ソフトバンクに入社。ソフトバンク社長室長・顧問、サイバー大学客員教授、多摩大学グローバルスタディーズ学部客員教授、東洋大学非常勤講師などを務めた。

他の記事も読んでみる

前澤友作

「スタッフと家族の生活を背負っている」という考え方も、僕はとりません。そう考えると、かえって「経営者 対 従業員」という意識になってしまう。雇用者/被雇用者という関係が前提になってしまうのが、あまり好きではないのです。立場は違っても、楽しいときはみんなで楽しみ、つらいときはみんなで力を合わせて切り抜けるしかない。それが僕の基本的な経営観です。


天野勝(コンサルタント)

「自分の行動を俯瞰的に見る」という作業は侮れません。何が行動できていて、何ができていなかったか。文字に書いて意識するかどうかで、結果は大きく変わります。


スティーブ・ジョブズ

私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。


原田隆史

目標を設定しても達成できない。あるいは目標達成のために何をしたらよいかわからないという方が多いと思います。それは、そもそも目標の立て方に問題があるからです。


本田有明

「現状をなんとかしなくては」と問題意識を持ちながら、社内で意見を述べる場がなく、陰で方針批判をしているような部下に対しては、本人の意識が建設的な方向に向かうよう導きます。たとえば「このプロジェクトはこのままだと失敗する」と陰で言っている部下がいたら、呼び出して「どこに問題があるのか、君の意見を聞かせてほしい」と尋ねるのです。「批判する以上、何か改善案を持っているはず」という前提で、陰口を表に出してしまう。もし建設的な意見があれば参考にするし、聞いた意見が役に立たなかったとしても、真摯に部下の意見を聞く姿勢を見せるだけで、「今度の課長は下の意見に耳を傾けてくれる」と評判になります。


小笹芳央

社内の課題や問題を解決する場合は、まずは各階層の社員間で世界観を揃えてから議論する必要があります。そうすれば、コミュニケーションにかけた時間や労力に見合う実りが得られるでしょう。


石田淳(コンサルタント)

走っているときはネガティブな発想にはならない。オフィスにいると、忙しさ、大変さだけを感じてしまうのに、走ると発想が変わる。すべてシンプルに、ポジティブに考えられるようになり、いままで思いもつかなかったようなアイデアが、ふっと閃くこともある。


横尾忠則

自分に限界があると思わなかったことがよかったんでしょう。「己の限界を知れ」という言葉にも一理あるだろうけど、人間は限界を決めてしまうと、それを言い訳にする。


山本梁介

スーパーホテルは当初、高級ビジネスホテルとして、レストランや会議室機能も用意しました。ところがその矢先にバブル崩壊。バブル崩壊で状況は一変しました。創業当時はバブル全盛期だったので、何もせずとも高収益を上げていましたが平成3年頃のバブル崩壊後は、銀行も一切資金や土地を貸さない。持っていた土地と賃貸マンションをほぼ売って借入れを返済し、何とかしのぎましたが、私も体調を崩すほど厳しい状況が続きました。私の感覚では、周囲の経営者の9割ほどが廃業したのではないでしょうか。高級路線では勝負できないと痛感し、1泊朝食付き4980円のホテル業で全国展開を図ろうと腹を決めたのが、平成8~9年のことでした。


中山幸市

会社を発展させるためには、社員も小使いもない、人間の和である思いやりである。会社のために生命をかけてくれている重役、従業員の努力に改めて頭を下げたい。


貝原益軒

天下のあらゆる民は、我と同じく天地の子なれば、みな我が兄弟なれば、もっと愛すべきこと言うにおよばず。


曽根原容子

何事も考え方次第という精神で乗り越えてきた。悲観的にとらえるか、経験だととらえるか。特に女性は落ち込みやすいので、その違いは大きい。