名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

嶋基裕(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

嶋基裕(経営者)のプロフィール

嶋基裕、しま・もとひろ。日本の経営者、セールストレーナー。「アイランド・ブレイン」社長。愛知県出身。著書に『崖っぷち父さんは、いかに戦略的にスーパー営業マンへ変身したか? 3か月で誰でも成功できる営業塾』。

嶋基裕(経営者)の名言 一覧

自分とつきあうとどんなメリットがあるのか、相手に明確にイメージさせることができれば成功。


先回りして準備すれば、常に自分の時間をコントロールできる。人生を自分のペースで動かすためにも、手帳を活用すべきでしょう。


毎月社員を呼んでホームパーティをしています。交流が目的なので、極力仕事の話はしないことにしています。するとしても、成功談ではなく失敗談。成功談は結局は話して気持ちいいが自慢話です。失敗からいかに巻き返したかという話のほうが、よほど彼らのためになりますから。


短い時間しかない場合は「事前準備が9割」と言っても過言ではありません。何を話せば相手に一番響くのか、相手にも気分よく話してもらうためにはどんな話題を選ぶべきか。営業のプロでも、咄嗟の機転に頼るのはあまりに無謀。


営業という仕事は、受け身でいると自分の時間をコントロールできなくなります。「これやって!」というお客様の要望に逐一対応していると、それをこなすだけで手一杯になってしまう。それは絶対に嫌なので、私は社員にもお客様の要望を先読みするよう指導しています。


33歳のときに思い立って、人生の「55カ年計画」を立てたんです。そこから棚卸しして、会社をこんなふうに成長させたい、家族とこんなことがしたい、趣味を極めたい、旅したいなど、毎年の目標を書くことにしています。書くことで気合を入れるような意味合いもあるかもしれません。


嶋基裕(経営者)の経歴・略歴

嶋基裕、しま・もとひろ。日本の経営者、セールストレーナー。「アイランド・ブレイン」社長。愛知県出身。著書に『崖っぷち父さんは、いかに戦略的にスーパー営業マンへ変身したか? 3か月で誰でも成功できる営業塾』。

他の記事も読んでみる

伊藤美恵

消費者にどう訴え、店へと導くか。そこには4つのポイントがあると考えています。

  1. 最初に誰へ、どのようなメッセージを伝えるか。
  2. 「目」や「耳」に訴えること。
  3. ツイッターやブログに書きたくなる仕掛けをつくること。
  4. 悪いクチコミにどう対応するか。

飯田亮

理念がしっかりしていれば社員が何人いても平気です。会社は何のためにあって、会社の中ではどんな考え方をすべきか、我々はなぜ今の仕事をやっているのかといった理念がしっかりしていることが大切です。


慎泰俊

人が生まれや家庭環境によって可能性を阻まれない世の中をつくることが私の夢です。そのためには自分が力をつけなくてはいけないので、その手段として金融を選びました。キャリア選択がそこから始まっているので、金融の仕事で儲けても、そのお金に執着することは少ないです。高級時計や自動車にもあまり興味がなく、こういうタイプは、金融の世界では珍しいです。


佐々木常夫

いきなり会社全体を変えるのは難しいかもしれない。でも、自分のチームを変えることはできる。そこで結果を出せば、それを認めてくれる人も少しずつ増えていくはず。


宗岡正二

経営者が格好をつけるようになってはいけない。


宮内義彦

会計制度は財務内容を正しく伝えるものでなければなりません。なんとなくこのセグメント(分野・部門)は儲かっていないようだから、やめるべきだなどと大まかな判断をするのでは経営とはいえません。セグメントごとに一つ一つ採算性を時系列化し、それを検証しないと、どのセグメントを改善すべきかも判断できません。企業会計の基本は、企業の財務状態を限りなく実態に近づけて明示することに尽きると思います。正確な経営データは、自社の経営内容を正確に把握するためには不可欠です。


白川修一郎

スマホは光を放つ画面に顔を近づけて見るうえ、集中しやすい。だから脳が興奮して寝付けなくなります。就寝1時間前にやめるだけでも、睡眠の質が改善します。就寝1時間前までなら、勉強のための本や、頭をフル回転させるような内容の本を読むのに適しています。しかし、1時間前になったら、リラックスするため気楽に読める本が向いています。


大前研一

アメリカやドイツなどのエリートビジネスマンほど非常に意識が高い。彼らが普段、どのような努力をしていて、時間の使い方はどんな工夫をして、家庭とはどう向き合っているのか――。リンクトインなどを通してそうしたことに触れるのはビジネスマンにとって非常に意味があるだろう。


生島ヒロシ

話したいことがたくさんあっても、中心に据える話は一つに絞ることが、スピーチを短くまとめるための絶対条件。あれこれ入れると話の焦点がぼやけ、印象も薄くなってしまう。


鹿島茂

できるだけ雑多な情報に触れることが大切。内輪の飲み会ばかりを開いていても発展はない。もっと知らない人、異業種の人と話すべきである。移動中に読書ができないという意味で、クルマの運転にも益がない。最近は駅から遠い住宅地から都心への人口回帰が起きているようだが、徒歩25分の家から駅まで歩くのも、目から雑多な情報を仕入れられるので悪いものではない。また運動にもなる。「駅近」物件にこだわらなくてもいいではないか。


秋山浩保

仕事に対する真面目さ、内に秘めた使命感など、少しでもポテンシャルが見えれば、こちらからきちんとコミュニケーションします。何回も話しかけられたり、早い返信メールをもらえば、「ちゃんと見られてるんだな」って思いますよね。悪い気はしないでしょう。


エディー・ジョーンズ(ラグビー指導者)

人間というのは誰もが、なにか特別なこと、サムシングスペシャルに関わりたい、という願望を持っている。