名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

嶋基裕(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

嶋基裕(経営者)のプロフィール

嶋基裕、しま・もとひろ。日本の経営者、セールストレーナー。「アイランド・ブレイン」社長。愛知県出身。著書に『崖っぷち父さんは、いかに戦略的にスーパー営業マンへ変身したか? 3か月で誰でも成功できる営業塾』。

嶋基裕(経営者)の名言 一覧

自分とつきあうとどんなメリットがあるのか、相手に明確にイメージさせることができれば成功。


先回りして準備すれば、常に自分の時間をコントロールできる。人生を自分のペースで動かすためにも、手帳を活用すべきでしょう。


毎月社員を呼んでホームパーティをしています。交流が目的なので、極力仕事の話はしないことにしています。するとしても、成功談ではなく失敗談。成功談は結局は話して気持ちいいが自慢話です。失敗からいかに巻き返したかという話のほうが、よほど彼らのためになりますから。


短い時間しかない場合は「事前準備が9割」と言っても過言ではありません。何を話せば相手に一番響くのか、相手にも気分よく話してもらうためにはどんな話題を選ぶべきか。営業のプロでも、咄嗟の機転に頼るのはあまりに無謀。


営業という仕事は、受け身でいると自分の時間をコントロールできなくなります。「これやって!」というお客様の要望に逐一対応していると、それをこなすだけで手一杯になってしまう。それは絶対に嫌なので、私は社員にもお客様の要望を先読みするよう指導しています。


33歳のときに思い立って、人生の「55カ年計画」を立てたんです。そこから棚卸しして、会社をこんなふうに成長させたい、家族とこんなことがしたい、趣味を極めたい、旅したいなど、毎年の目標を書くことにしています。書くことで気合を入れるような意味合いもあるかもしれません。


嶋基裕(経営者)の経歴・略歴

嶋基裕、しま・もとひろ。日本の経営者、セールストレーナー。「アイランド・ブレイン」社長。愛知県出身。著書に『崖っぷち父さんは、いかに戦略的にスーパー営業マンへ変身したか? 3か月で誰でも成功できる営業塾』。

他の記事も読んでみる

小松節子

私の経営者としての使命は、美しいバランスシートを完成させること。そして、お客様への感謝の気持ち、社員への思いやりを忘れることなく、人間を磨き続け、この気持ちを次の後継者へ引き継ぐことです。あらゆる覚悟をもって、努力を惜しまず前進しなければ当社の未来はないと思います。


近藤宣之

当社は、MEBOによって、社員が株主になっています。それも、マネジメント層だけでなく、若手から定年後再雇用の嘱託社員まで、全員が会社を信頼して出資してくれています。
【覚書き|MEBOとは経営陣と従業員による自社買収のこと。日本レーザーはMEBOを行い親会社・日本電子から独立を果たした】


桜田厚(櫻田厚)

「ここ(本社)はお店だと考えるように」と社員には伝えています。会社の受付だと考えてしまうと、かしこまりすぎるように思います。


吉川浩伸

うちはまだ、それほど知名度が高いわけではありません。それなのに商圏が重なるからと離れた場所にしか出店しなかったら、ネームバリューは上がりません。それよりも集中的に出店してエリアナンバーワンを目指した方が、メリットははるかに大きいです。新宿はポテンシャルが非常に高いので、近所に新店を出したところで、既存店の客数が減るなんてこともありません。一番近い店舗は100mと離れていませんから。たとえば、インド料理やカレーを食べたいとなったら、多くの人は地域の一番店に行きたいと思うはずですからね。


水野雅義

全国各地の工場に行き、責任のある立場の社員と夕食をともにするということを、各工場で年に一度ずつ必ず実行しています。どこか行かない工場があると問題になるので、29カ所全部です。ある程度社歴の長い社員は、「変なことを言ったら怒られる」という考えが先に立ってしまうようですが、若い人は発想が柔軟で、委縮もしていないので、面白いアイデアがボンと出てくる。ですから、そういう機会を設けるのは意味があることだと思っています。


上田輝久

いまは情報が重要な時代。スピード感を持って精査する能力を磨く必要がある。


本庄八郎

伸びる人は一所懸命な人。これしかない。頭がいいとか悪いとか、いい大学を出たとか、そんなことは関係ない。本当に一所懸命、自分の仕事をしっかりやっている人は伸びていく。


下村朱美

社員を見ても感じますが、ご両親の愛情に包まれて育った子は、逆境や苦労にも柳のようにしなやかに対処できます。逆に、ご両親との関係があまりうまく行っていない子は、考え方や生き方のしなやかさが足りず、固くポキッと折れてしまうように感じることがあります。そういう子たちには「あなたのことを大切に思っていますよ」「気に掛けていますよ」と伝えることが大切です。人は、誰かに大切にしてもらうことで、強く、たくましく生きていけるものだと思います。ですから、お客様に対しても「おせっかいと思われるくらい、お客様のお世話を焼きなさい」と伝えています。


大澤道雄

つらい思いをしたけれど、人の痛みが分かるようになった。人格を形成するうえで非常に大事な1年だった。


堀威夫

トラブルが起きたときに何よりも大切なのは、とにかくすぐに対応すること。場合によっては、いくつものトラブルが複合的に起こることもあると思いますが、難しいほうから対応しなければいけないというのが鉄則。大きなトラブルほど、間を置いてはいけません。


村田昭治

いま経営環境の大変化のなかで、企業は差別化、差別的優位性、自分の領域、独自のノウハウをベースにして確固たるものにすることが必要だ。そしてその企業行動のすべてで透明性が高く、企業責任が明快であることが求められている。


出口治明

「その本のどこが参考になりましたか?」。本を紹介する際、よく聞かれる質問です。しかし、それは愚問というもの。名著というのは、どこがいいというのではなく、全体が優れているからこそ、名著なんです。試しに、名著といわれる書物を手に取って、無作為にページをめくり、目に飛び込んできた文章を読んでみてください。すべてのフレーズが心に沁みるはずです。