名言DB

9412 人 / 110637 名言

嶋基裕(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

嶋基裕(経営者)のプロフィール

嶋基裕、しま・もとひろ。日本の経営者、セールストレーナー。「アイランド・ブレイン」社長。愛知県出身。著書に『崖っぷち父さんは、いかに戦略的にスーパー営業マンへ変身したか? 3か月で誰でも成功できる営業塾』。

嶋基裕(経営者)の名言 一覧

自分とつきあうとどんなメリットがあるのか、相手に明確にイメージさせることができれば成功。


先回りして準備すれば、常に自分の時間をコントロールできる。人生を自分のペースで動かすためにも、手帳を活用すべきでしょう。


毎月社員を呼んでホームパーティをしています。交流が目的なので、極力仕事の話はしないことにしています。するとしても、成功談ではなく失敗談。成功談は結局は話して気持ちいいが自慢話です。失敗からいかに巻き返したかという話のほうが、よほど彼らのためになりますから。


短い時間しかない場合は「事前準備が9割」と言っても過言ではありません。何を話せば相手に一番響くのか、相手にも気分よく話してもらうためにはどんな話題を選ぶべきか。営業のプロでも、咄嗟の機転に頼るのはあまりに無謀。


営業という仕事は、受け身でいると自分の時間をコントロールできなくなります。「これやって!」というお客様の要望に逐一対応していると、それをこなすだけで手一杯になってしまう。それは絶対に嫌なので、私は社員にもお客様の要望を先読みするよう指導しています。


33歳のときに思い立って、人生の「55カ年計画」を立てたんです。そこから棚卸しして、会社をこんなふうに成長させたい、家族とこんなことがしたい、趣味を極めたい、旅したいなど、毎年の目標を書くことにしています。書くことで気合を入れるような意味合いもあるかもしれません。


嶋基裕(経営者)の経歴・略歴

嶋基裕、しま・もとひろ。日本の経営者、セールストレーナー。「アイランド・ブレイン」社長。愛知県出身。著書に『崖っぷち父さんは、いかに戦略的にスーパー営業マンへ変身したか? 3か月で誰でも成功できる営業塾』。

他の記事も読んでみる

高橋則広(髙橋則広)

技術の進化は、産業のあり方を大きく変えていきます。例えば、JRでもこれまでは線路の点検が一番大変だったそうです。夜、見回っているんです。でも、車輪の音を録音するチップを車輪に付けて、ゆっくり走らせる。電車が帰ってきたらその音に変なノイズが交じっているところをピックアップして、異音がした場所だけ見に行けばよくなる。そうすると、保守にかかる人員も大幅に少なくて済むようになるんだそうです。


土光敏夫

行動となって現れないような思考は無用であり、時に有害でさえある。思考と行動は相互作用を積み重ねながら成熟していくもので、その中から生きたアイデアが生まれてくる。行動は思考の芽を育て伸ばす触媒なのだ。


赤羽雄二

もともと、人は誰しも賢く、その人の力をしっかり発揮できれば、仕事で大きな成果を上げられます。だが現実は、多くの人が本来の力を発揮できていません。阻害要因は、頭の中で浮遊する、不安やプレッシャーなどから生まれる「モヤモヤとした気持ち」。それらを取り除き、頭の中を常にクリアにすることができれば、思考もスムーズになり、迅速で的確な判断ができるようになります。


遠藤保仁

いまは日本代表で最年長です。若手たちを引っ張るには言葉より、実際のプレーを通じて自分の考え方を伝えるようにしています。


夏野剛

5分考えて答えが出ないなら、どちらを選んでも結果は同じでしょう。それ以上は迷う時間がもったいない。鉛筆を転がせばいいのです。さっさと決めて、動き出し、状況を見ながら軌道修正していくのが賢明です。


隈研吾

大事なのは、自分を捨てて相手の立場に立てているかどうか。いかにして自分を出すか、自分、自分とだけ考えていては、ちっぽけな自分も一生実現できないよ、と言っている。


小宮山宏

高度成長期のような、わかりやすい時代は、頭の良い役人が考えて上意下達で物事を進めていけました。一方、今は様々なイノベーションが必要な時代です。様々な人がトライを重ね、その中で成功し、残ったイノベーションが普及していきます。


井川幸広

私たちは時代のトレンドを追いかけてきたわけではありません。事業には「お金を出す人」「汗をかく人」「知恵を出す人」という三者が必要です。日本の場合「汗をかく人」ばかり重用され、「知恵を出す人」が正当な報われ方をしていないという問題意識がありました。この国は知財に対する評価が低すぎる。知財を持っている人たちは自分の持つ権利をアピールするのが苦手で、フリーになった途端に不利益を被ることもあったのです。そこにスポットを当てようという考えが前提としてあります。


小路明善

全国のお得意先を回るとき、必ず現地の事業所の社員と懇談会をします。これは社員との距離を縮めることが第一の目標です。顔を突き合わせて話すと、社長と社員の距離が一気に縮まります。すると、メッセージを発したときも、社員が耳を傾けてくれると思うのです。


水野雅義

菌の開発から生産、販売までひとつの会社で行えるために、消費者の声がこちらに届くというメリットもあります。研究、生産、営業の各部隊が情報を共有できるのは、当社の強みだと思います。その結果、売上が伸び、「きのこセンター」と呼ぶ工場も少しずつ増えていきました。


田原総一朗

ネット時代になって、新聞やテレビなど既存のマスコミが叩かれるようになりました。僕は叩かれても仕方がない面があると思う。最近のマスコミはタブーが多すぎます。これでは読者や視聴者から信頼されなくなるのも当然です。


澤田秀雄

人の注目を集めるためには、ナンバーワンかオンリーワンであることが必要。


安達明彦

独立後、会社員時代のように派手に売って稼げると思ったんです。でも思うように行かず落ち込みました。その時、格闘技経験が活きた。格闘技では当然試合で負けることもあります。でもそこで立ちどまるわけにはいかない。どうすれば次の試合に勝てるか、気持ちを切り替えて、練習方法や作戦を考え直します。それを仕事に応用し、敗因を分析。経営方針を販売型から地域密着型に切り替えました。地元の地主さんたちに顔を覚えてもらうところからリスタートしたんです。


末吉興一

最も大事なのは人材育成ではないでしょうか。今は、世界の中で自治体も競争をしています。


伊井哲朗

私は、50歳を過ぎたら少額でもいいので資産運用を始めることをお勧めしています。退職金を運用で増やすには、ある程度投資に慣れておく必要があるからです。50歳からでも十分資産は増やせます。