名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

島野喜三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島野喜三のプロフィール

島野喜三、しまの・よしぞう。日本の経営者。自転車・釣り具メーカーのシマノの会長。大阪府生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、父・庄三郎が創業したシマノに入社。取締役、シマノ・アメリカ社長、シマノ・ヨーロッパ社長、本社専務を経て社長・会長。海外進出を担当し、同社を自転車分野でトップブランドへと成長させた人物。

島野喜三の名言 一覧

メーカーが顧客を満足させる製品を作るのは当たり前です。でも、消費者の嗜好に焦点を合わせた製品でなければ、それは本当の需要ではありません。「こういうものが欲しかった」と思わせない限り、お客様がポケットからお金を取り出すことはないでしょう。


おかげさまでいまでは自転車部品の海外販売比率は9割に達し、欧米でもトップブランドの地位を確立することができました。顧客の声を聞き、その厳しい要求に応じていくことで、当社の技術レベルも引き上げられたのです。


シマノはいまではグループ社員の7割超が日本語以外の母国語を話します。管理職など約200人が世界から参加する年二回の会議では、日本は全体の半分で、英語を公用語として活発に議論しています。どの地域でも市場の声を聞き、お客様の求める製品を提供しようとした姿勢があったから今日の姿があるのでしょう。


米国で変速機(ギア)メーカーとしての地位を確立した余勢を駆って、欧州でも本格的な売り込みを始めました。ところが自転車競技の伝統を持つ欧州では、新参メーカーがいくら努力しても食い込めません。そこでプロ用市場で知名度を高め、その実績を一般消費者市場にも広げていこうという兄・敬三の発想で、専門部署を設けました。そこからベルギーやオランダチームに部品を供給したことがシェア獲得につながりました。


実際に自動車を買う小売店や量販店を訪問し、地に足が付いたマーケティングをしたからこそ、我々は販売を伸ばせたのです。
【覚書き|シマノ米国販売会社の立ち上げが成功したことについて語った言葉】


量販店に営業に行くとバイヤーは必ず聞いてきます。「ホワッツ・ニュー?(何か新しいものがあるかい?)」新しいアイデア、技術を持っていかないと、受け入れてもらえません。
【覚書き|シマノの米国販売会社立ち上げ当時の営業について語った言葉】


米国販売会社の初代社長として、米国に赴任しました。わずか4人の小所帯でした。8社あった米自転車メーカーにギアや変速機などを売り込んだのですが、当初はなかなか受注につながりません。理由を聞いてみると、「部品をテストしたら、きちんと性能を満たしているし、値段も手ごろだ。だが、シマノの部品を取り付けてくれとは誰も言ってこない」。要するに需要づくりをしろ、というアドバイスだったのです。


島野喜三の経歴・略歴

島野喜三、しまの・よしぞう。日本の経営者。自転車・釣り具メーカーのシマノの会長。大阪府生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、父・庄三郎が創業したシマノに入社。取締役、シマノ・アメリカ社長、シマノ・ヨーロッパ社長、本社専務を経て社長・会長。海外進出を担当し、同社を自転車分野でトップブランドへと成長させた人物。

他の記事も読んでみる

トム・ケリー(IDEO)

若い社員でもすごく面白いことを考えている場合もある。でも、そのアイデアや意見はどこかで止まって、上層部の耳まで届かない。あるいは、そういう人材の存在、アイデアが眠っているということさえ知らないマネジメント層がたくさんいる。組織内でフラットに意見を言い合えないことの代償は大きい。


花光雅丸

独立したい人はサブライムに来て、ノウハウを盗んで独立すればいい。もしおカネがなかったら僕たちが投資します。


野口弘子

いつも背伸びをしてきたからこそ、いまがあるのかもしれません。背伸びをしない人は伸びないですもの。


永野毅

保険会社は経営として常に悩む点があります。収益性と健全性という柱があるとすると、私は健全性を優先します。


福原裕一

いつ死ぬかわからない。たった一度の人生を全力で生き抜きたい。


岡倉天心

昔の賢者たちは決して体系的な形で教えを語ったりしなかった。彼らは好んで逆説的な言い方をしたが、それは生半可な理解を恐れたからである。また、わざと愚か者のように語ることによって、聞く者に悟らせるようにしむけたりもした。


米倉弘昌

私がよく経団連で申し上げているのは、経済を動かすのは我々企業であって、企業自らが成長を実現していくんだという気概を持って経営していく、そういうことで本当に成長が実現できるだろうと思います。


孫泰蔵

自分が所属する組織や会社固有の知識ではなく、一個人としてどこでも通用する能力を磨くという意識を持つことが大切。


小川浩(経営者)

書くという行為は、自分の蓄えてきた情報の整理とより深い理解につながります。それをネットで公開すれば、自分の存在と意見を広く知らせることになり、自分の存在と意見を広く知らせることにもなります。ブログはそれを読んだ人がコメントをつけることができますから、あなたが知りたいことをブログに書いておけば、それを読んだ誰かが教えてくれるということも往々にしてあるのです。


さかなクン(宮澤正之)

同じお魚でも大きさや色や味わい、すべて異なります。それぞれのお魚に固有の魅力があり、奥深い。だからこれからも、自分の足でたくさんのお魚に会いに行って、目で見て香りをかいで、舌で味わうなど、五感を使ってお魚を研究していきます!


原田泳幸

同じポジションで同じ仕事を3年以上やっている人が多いなら、その組織は硬直化しているということです。


芝本裕子

私はエッジの利いた最先端のものをつくることはできないけれど、大勢の女の子の持っている感覚ならわかる。その意味では、自分は何ができるのか、そして何ができないのかということを、見極めることがすごく重要だと思います。