名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

島野喜三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島野喜三のプロフィール

島野喜三、しまの・よしぞう。日本の経営者。自転車・釣り具メーカーのシマノの会長。大阪府生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、父・庄三郎が創業したシマノに入社。取締役、シマノ・アメリカ社長、シマノ・ヨーロッパ社長、本社専務を経て社長・会長。海外進出を担当し、同社を自転車分野でトップブランドへと成長させた人物。

島野喜三の名言 一覧

メーカーが顧客を満足させる製品を作るのは当たり前です。でも、消費者の嗜好に焦点を合わせた製品でなければ、それは本当の需要ではありません。「こういうものが欲しかった」と思わせない限り、お客様がポケットからお金を取り出すことはないでしょう。


おかげさまでいまでは自転車部品の海外販売比率は9割に達し、欧米でもトップブランドの地位を確立することができました。顧客の声を聞き、その厳しい要求に応じていくことで、当社の技術レベルも引き上げられたのです。


シマノはいまではグループ社員の7割超が日本語以外の母国語を話します。管理職など約200人が世界から参加する年二回の会議では、日本は全体の半分で、英語を公用語として活発に議論しています。どの地域でも市場の声を聞き、お客様の求める製品を提供しようとした姿勢があったから今日の姿があるのでしょう。


米国で変速機(ギア)メーカーとしての地位を確立した余勢を駆って、欧州でも本格的な売り込みを始めました。ところが自転車競技の伝統を持つ欧州では、新参メーカーがいくら努力しても食い込めません。そこでプロ用市場で知名度を高め、その実績を一般消費者市場にも広げていこうという兄・敬三の発想で、専門部署を設けました。そこからベルギーやオランダチームに部品を供給したことがシェア獲得につながりました。


実際に自動車を買う小売店や量販店を訪問し、地に足が付いたマーケティングをしたからこそ、我々は販売を伸ばせたのです。
【覚書き|シマノ米国販売会社の立ち上げが成功したことについて語った言葉】


量販店に営業に行くとバイヤーは必ず聞いてきます。「ホワッツ・ニュー?(何か新しいものがあるかい?)」新しいアイデア、技術を持っていかないと、受け入れてもらえません。
【覚書き|シマノの米国販売会社立ち上げ当時の営業について語った言葉】


米国販売会社の初代社長として、米国に赴任しました。わずか4人の小所帯でした。8社あった米自転車メーカーにギアや変速機などを売り込んだのですが、当初はなかなか受注につながりません。理由を聞いてみると、「部品をテストしたら、きちんと性能を満たしているし、値段も手ごろだ。だが、シマノの部品を取り付けてくれとは誰も言ってこない」。要するに需要づくりをしろ、というアドバイスだったのです。


島野喜三の経歴・略歴

島野喜三、しまの・よしぞう。日本の経営者。自転車・釣り具メーカーのシマノの会長。大阪府生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、父・庄三郎が創業したシマノに入社。取締役、シマノ・アメリカ社長、シマノ・ヨーロッパ社長、本社専務を経て社長・会長。海外進出を担当し、同社を自転車分野でトップブランドへと成長させた人物。

他の記事も読んでみる

清原當博

ホテルオークラが開業にあたって掲げたのは「世界に誇れる、日本独自のホテル」です。日本の和の文化をとり入れつつ、国際舞台で通用するホテルを目指しました。その精神はいまなお随所に息づいています。


澤田秀雄

組織が大きくなればなるほど、目標や夢は伝わりにくくなります。やり方は時代に合った若い人間に任せますが、ポリシーとか考え方を組織に浸透させていくことは、これからも続ける必要があります。


数土文夫(數土文夫)

相手を褒めたり、長所を認めることの大切さは現場でエンジニアをしていたときに学びました。たくさんの人たちが連携する現場でいい仕事をしようと思ったら、互いのいいところを認めていかないとものごとは進んでゆかない。


渡瀬謙

最初から勝てそうでなければ、勝負に臨まなければ決して負けることがないように、あえて苦手な部分にはタッチしない、勝てそうな勝負だけに臨むことが大切です。


神谷一雄

体力が落ちると外に出るのが億劫になり、益々体力は落ちます。その悪循環に陥らないよう、今日はこの仕事をする、この人に会おう、と自分に宿題を与えることが秘訣です。


加藤俊徳

体を動かすことが脳のコンディションを整えることになる。家が駅から遠いとぼやく人は多いですが、本当はそういう人はラッキーなんです。駅から徒歩15分の人は、徒歩5分の人に比べて間違いなく脳の状態がいいはずです。


はあちゅう(伊藤春香)

昨年出版した著書『半径5メートルの野望』に、感想をたくさんいただいたのですが、「落ち込んでるときに読んだら、怒られている気分になる」という意見がありました。私としては、けっこうマイルドに変換したつもりだったのですが、それでもまだ強く響いてしまったのかなと反省し、そして考えました。同じ言葉でも、エッセイやコラムのように著者対読者の形ではなく、物語の形にしたら、読者の方も読みながら怒られている気分にはならないかもしれない。書く側としても、登場人物の口を借りていいたいことをすべて詰め込められる、と。


羽生善治

将棋は二人で指すものなので、相手との駆け引きの中で自分を表現していく。その意味では、相手は敵であると同時に、作品の共同制作者でもあり、自分の個性を引き出してくれる人ともいえます。


アルベール・カミュ

真に重大な哲学の問題は一つしかない。それは自殺だ。人生を苦しんで生きるに値するか否かという判断をすること、これが哲学の基本的な質問に答えることだ。


高橋大輔(フィギュアスケート)

世界で一番になれば、どんな景色が見えるんだろうと思ったんです。ソチ五輪までの2年間は競技人生で最も苦しい期間でしたが、「五輪までは何が何でもやろう」と自分で決めたので、最後まで滑りきることができたのだと思います。


弘兼憲史

始まりは、終わりの始まりです。何かを終えた時に新たなチャレンジへ挑めるよう、普段から机上のスキルやノウハウの収集に夢中になりすぎず、自分で考えて行動することを意識しましょう。柔軟な姿勢で変化を楽しみながら歩んでいけば、豊かな人生が手に入るはずです。


萩本欽一

「運が悪いな」とか「なんでこんなにつらい目に合うんだろう」「不幸な人生だなあ」と感じている人は、こう考えていればいいの。あっ、今は「運」の芽が育っているときなんだなって。そう思うとつらい日々のなかにキラッと光が見えてくるでしょ。今がつらければつらいほど、遠くにある大きな夢を見て辛抱すると、きっといいことがあるから。