名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

島田雅彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島田雅彦のプロフィール

島田雅彦、しまだ・まさひこ。日本の小説家。東京出身。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。大学在学中に『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビュー。『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞、『彼岸先生』で泉鏡花文学賞、『退廃姉妹』で伊藤整文学賞、『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。近畿大学文学部助教授、法政大学国際文化学部教授などを務めた。そのほか、三島由紀夫賞、芥川賞などの選考委員を務めた。

島田雅彦の名言 一覧

当時の私は27歳でしたから、この1年間の(ニューヨークでの)海外生活には、知らない文化に体をぶつけて何かをつかむ、あるいはちっぽけな自我を見つめ直すという側面もあったと思います。


グランドデザイナー(各分野で将来の大きな計画を描く人)の仕事は哲学や歴史を踏まえて未来の物語を描いていくものであって、それは小説家が常日頃していることなんです。つまり、ある面からみれば、世界は広義の文学者たちによって牛耳られているというか、そもそも小説を書くということは、過去を参照して独自の現状分析を加味しながら、5年後や10年後の世界を提示することに近いんですよ。


昭和天皇の「雑草という花はありません」という名言も、まさに多種多様な自然にまみれていたいという日本人の本能につながるものでしょう。ですから、いわゆる一元的な基準や評価だけをワールドスタンダードとして求める傾向は、日本人の本来の資質とは合わないのではないかと。


言語は共感するためだけのものではなく、思考するための道具として使うものであるという認識がなければ、小説に対して需要は生まれないでしょう。もちろん、自分の感情を非常にチャーミングな文章で書くこと自体はいいわけです。しかし、それだけでは時代に迎合した言葉が、次から次へと登場しては霧散していくというサイクルに閉じてしまう。


斜に構えた話ばかりをしていたら「狼少年」のように誰にも相手にされないというか耳を傾けてもらえなくなりますから、そこはやはり不利益を被るということもあって、最近はベタに回帰しているわけです。


斜に構えて愛情や評価を伝え合うコミュニケーションも、いまは通じにくい。そんなにナイーブでよく小説なんて書けるな、という人がいますね。作家として真面目なのはいいけれども、可愛がったつもりで発したメッセージを正反対に受け止められることもありましたから。


私の発言はいつも、ふざけているわけではないんです。社交辞令を省いて率直に話そうとすれば、どうしても斜めから見たような物言いになってしまうのです。ものごとの裏面も見ようとすれば、斜に構えているような印象を与えるでしょう。


島田雅彦の経歴・略歴

島田雅彦、しまだ・まさひこ。日本の小説家。東京出身。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。大学在学中に『優しいサヨクのための嬉遊曲』でデビュー。『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞、『彼岸先生』で泉鏡花文学賞、『退廃姉妹』で伊藤整文学賞、『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。近畿大学文学部助教授、法政大学国際文化学部教授などを務めた。そのほか、三島由紀夫賞、芥川賞などの選考委員を務めた。

他の記事も読んでみる

弦本將裕

アイデアには、何より根拠が求められています。オリジナリティがない、ノーアイデアだ、と悩んでも仕方がありません。それよりも、上司を納得させるデータで武装することを優先すべきです。


宮内義彦

問題によって解法は変わりますし、「こうすれば正解」といった単純明快なものでもありませんが、解決法はひとつではなく、大抵、複数ある。


窪田良

イノベーションはみんなの知恵を出し合って生まれるもの。


土居健人

社会人になってから英語の勉強を本格的に始めても、遅いということはまったくありません。
【覚書き|大学卒業後、外資系企業に入社した当時、受験単語を知っている程度しか英語ができなかったことについて語った言葉】


楠木建

経営人材はいまの日本に限らず、どの国のいつの時代でも、最も希少な経営資源なのです。その理由もシンプルで、育てられないから。


間寛平

人に甘えて、そのつながりだけで生きてきた人間ですから、そのつながりは大切にしないといけません。だからこそ新年のごあいさつとなる年賀状は、毎年心を込めて、全部手で書いてるんです。お世話になった人、先輩後輩、吉本の関係者や芸人仲間たち、さらに高校の先生や野球部の先輩とも、ずっと年賀状を送り合っていますよ。全部で何百枚もあるから、書くのはメチャメチャ大変ですわ。でも、僕はパソコンとか、あまり使えんしね(笑)。気の利いたことなんて書けませんけど、手書きだと、やっぱりもらったときにあったかいでしょ。もらったときも、その一言がうれしいんです。


大久保直子

会食などでの会話の内容は、双方がリラックスして楽しめる話題を中心にしましょう。また、会話を盛り上げるには、ある程度の知識や教養が必要となってきます。相手の言っていることがまったくわからないという事態にならないよう、日頃から新聞や本に目を通し、さまざまなジャンルのことに関心を広げておくように心がけましょう。たとえ知らないことでも相手に質問をしたり、話を広げたりして、会話を上手につなげていくコミュニケーションのセンスは持ちたいものです。


安藤哲也

足元ではすでに「働き方改革」が始まり、今後は「副業解禁」も当たり前の世の中になると見られますが、もっと根源的に求められているのは「生き方改革」です。少しずつでいいので、すぐに準備を始めましょう。一朝一夕にはできないので、現役をリタイアしてから動き出すのでは遅すぎる。体力が充実している今からなら、効率的に取り組めます。


菊川剛

私が社長になってからスピードが最優先だと常々言ってきました。実際、経営でもスピード重視でやってきました。


江川達也

普通は週刊誌連載一本につき、アシスタントが4人必要だといわれています。でも、僕の場合はアシスタントがいると、逆に仕事のペースが落ちてしまう。なぜなら、自分のイメージの描き方、方法なんかを一から教えながら描いていると、自分なら2時間で描ける絵が、3日もかかってしまうんです。だったら、最初から自分でやった方が、効率的じゃないですか。


和田秀樹

入社した会社で出世して社長を目指そうと思う人は、最初から自分の特性を活かせる会社を選ぶほうがいい。自分が営業に自信があるなら、技術者が多い割に、営業系が弱い会社を調べれば、出世しやすいはず。自分はこの会社で一生うだつがあがらないと煮詰まっている人は、視野を広げれば、新しい職場にチャンスがある。


団野村

2人か3人で臨んだ方が、交渉は有利に運べます。警察みたいに一方が強気に攻め、もう一方が優しく対応する。いろいろ議論する中で、相手がポロッとこぼした言葉を拾って、相談してチャンスを見出したり。今回はその連携がいい感じでできました。