名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

島田洋七の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島田洋七のプロフィール

島田洋七、しまだ・ようしち。日本の漫才師、タレント、作家。広島県出身。お笑いコンビB&Bを結成し、漫才ブームを牽引した。

島田洋七の名言 一覧

人生なんて、あっという間なんだから、要は自分が選択した道の中で、いかに自分らしく、楽しんで生きられるのかが大事。


見栄を張ったり、人をうらやましがっては駄目やね。自分がつらくなるばかりだし、何より楽しくない。楽しい、楽しくないは自分で決める。そうしたら、もっとラクに生きれるよ。


同じことばかりやっていては駄目。そのうちネタも尽きるし、観客からも飽きられます。周りを見ても、やはり同じことばかりやっていた人は、いつの間にかフェードアウトしている場合が多いしね。


勉強でも何でもわからんことあったら人に聞け。聞かれた相手も喜ぶから「アホやな」なんて教えてくれるし、仲良くもしてくれる。


トークの秘訣? 講演でも何でも、友達に話すように本音でしゃべることやね。


本音を言う相手は、誰しも受け入れるもの。舞台の高いところから見下ろして話していたら、お客さんついてこんよ。


スベる人の特徴は見栄っ張り。高学歴とか高収入とか、自分で自慢するなんて嫌われるだけ。アホやで。


人間、嫌われるのが当たり前や。全員に好かれている人なんていない。あの校長先生だって、けっこう嫌われてんねんで。
【覚え書き|某高校で講演したときの発言】


お金がないと嘆く前に働きなさい。会社が当てにならなかったら、休みにバイトでもすればいい。日本はまだまだ恵まれているんです。見栄さえ捨てれば、どうにでも生きて行けますよ。


まずは自分を活かせる場所がどこなのかを吟味すること。自分の向き不向きがかわらないなら、同僚や友人、家族に聞けばいい。欠点ばかりを見て「自分は駄目だ!」と卑下する前に、ちょっと捉え方を変えたら、以外とそれが武器になるよ。


僕はどちらかというと、ひとつのことをじっくり続けるタイプではなく、すぐに飽きる性格。この性分、立ち位置によっては欠点になるかもしれないけど、自分が活かされる場所さえ見つかれば、それが長所になり、武器にもなると思う。


このあいだ、贈り物をした人からお礼のメールがきたんよ。でも全然嬉しくない。定型文からはなんも気持ちが伝わってこんね。オレだったら手紙を書くよ。手紙って面倒くさいけど、その手間や文字から気持ちが伝わってくるよね。


オレの本(『佐賀のがばいばあちゃん』)はポッと出てすぐに売れたと思っている人も多いけど、じつはベストセラーになるまでに10年かかってます。最初は売れんかったよ。でも、仕事がない時期を経験してるから、本屋に置いてもらえるだけでうれしかった。


サラリーマンでも、別に飽き性の人がいてもいいんちゃうかな。飽き性の人が同じ計算ばかりする経理部とかに配属されたら、その性格が欠点になるかもしれないけど、次々と新しいことを考えなければならない企画部に行けば、たちまち水を得た魚のように生き返り、ヒットメーカーになるかもしれない。


若い頃、最初に大阪で人気が出て、その後、東京に行って勝負しました。当時は言葉も通じなければ、吉本もない東京に行くのは大きな賭けでした。でも、飽きっぽい性格が幸いしたからこそ、「このままではあかん!」と、これまで前例がない大胆なことでも思い切ってやってこられたんだと思いますね。


人にはそれぞれペースがあって、(ビート)たけしや(島田)紳助のように、ずっと山を下りない人もいる。ところが、佐賀のがばいばあちゃんが言うには、「険しい山もあれば平坦な山もあるし、徐々に山を高めていく人もいる」。だから、いま、谷にいる人は次の山を登るためにゆっくり英気を養えばいいし、いま山の頂点にいてしんどければ下りてくればいい。ばあちゃんも「頂上はずっといるところじゃなか。頂点で記念写真を撮ったら、おりてきんしゃい」と言ってたくらいやし(笑)。


僕も超多忙な生活を経て、「このままだったらあかんわ!」と休業した時期もありました。その時、「人生、山あり谷やね」と、佐賀のがばいばあちゃんに言ったら、「おまえの解釈は間違っとる。山には何もないけれど、谷にはきれいな水もあるし、住む家もある。谷でゆっくり休んだら、また山に挑戦しんしゃい」やて。確かにそう。だから僕はゆっくり休んだ後、講演したり、ばあちゃんの話を本に書いたりして、いままでとは違う山を登ってます。


島田洋七の経歴・略歴

島田洋七、しまだ・ようしち。日本の漫才師、タレント、作家。広島県出身。お笑いコンビB&Bを結成し、漫才ブームを牽引した。

他の記事も読んでみる

鳥塚亮

本格的に鉄道オタクになったのは小学4年生のときです。お小遣いで時刻表を購入し、ボロボロになるまで持ち歩いていました。東京鹿児島間の駅名なら全部言えましたよ。鉄道が大好きで新卒時は国鉄に入りたかったのに、採用枠がなく、諦めました。しかし「いすみ鉄道」社長に就任し念願の職につけた上、廃線も免れ、望外の喜びです。


角井亮一

個人的にも、自分の得意分野に専念し、それを続けていくことで、結果、その分野の第一人者と言われるようになっているようです。一つのことをずっと続けることが大事だということは、社内でも良く言っています。別の言葉を使えば「深耕」ということになるでしょう。


岡素之

商社の営業マンのDNAには拡大志向が組み込まれていて、押さえても抑えても突っ走るところがあります。当社の営業マンには、「営業は攻めだけでは駄目だよ。攻めと守りが同時にできて初めて一人前の営業マンになれるんだ」と言っています。守りの基本はコンプライアンス(法令順守)の徹底やリスク管理の実施です。


岡崎嘉平太

結構です。二合とは言わずに一升にしたらどうですか。さらに酒をたくさん買って川に捨てると日本は一層繁栄するのではないですか?
【覚書き|岡崎氏が貯蓄増強中央委員会会長時代、ある人に「貯蓄より消費の方が経済が発展するのではないでしょうか。私はいままで一合だった晩酌をこれから二合にします。そうすれば日本が繁栄するでしょう」と皮肉を言われたときに皮肉で返した言葉】


北島義俊

戦後、印刷業界では労働運動が激化し、当社も経営を揺るがすほどの状況になりましたが、労使協調を図り、出版物以外の分野に進出しました。この先達の苦労を教訓にして、私は全員一緒に伸びて行こうということを心掛けてきたつもりです。


遠藤功

日本企業は現場力が突出しているように見えますが、現場力と本社力はワンセットだと思っています。いまは本社力が問題です。本社力が弱いのです。ガバナンス(統治)は利いていないし、会社の方向性が示せない。だから、現場力が浮いて、劣化してしまう。


酒巻久

若いころは優秀だった人が、40代になってから伸び悩む。そんな事例を私はたくさんみてきました。少し厳しい言葉になりますが、どんなに優秀な人でも、チームマネジメントができなくては使いものにならなくなってしまうのです。


太田英晴

世界には様々な酒がありますが、日本の酒造りは丁寧で繊細。例えば麹(こうじ)づくりや発酵過程において、一つ一つのプロセスの時間を管理し、目指すべき理想像に向けて着実に仕事を重ねていくというきめ細かさがあります。同時に長期的な視点で目標を追い続ける辛抱強さもあるのが、日本人らしいと思います。


清水陽平

フェイスブックやインスタグラムなど、数あるSNSの中で、炎上が起こりやすいのがツイッターです。SNSでつながっている友人が少ないからといって、安心できるわけではありません。友人とのやりとりは他の人に見えているし、赤の他人が見られないように「鍵をかける」設定にしても、スクリーンショットに撮って拡散される恐れもあります。


舛成孝二

ギャグとコメディの境目も微妙なんですけど、ギャグって暴力的に笑いを取るんですよ。コメディっていうのは、クスクスという感じの笑でもいいんですよね。この次にこれが来るのかなと予想してもらいながら、笑いに持っていく。だから、笑いに段取りがある。そういうのをきっちりできればいいなと思ってやりました。


浅田剛治

覚える要素が100あるとすると、多くの人は「完璧に覚えよう」とします。これがプレッシャーになり、かえって覚えにくくなってしまう。そこで、本当に必要なものはいくつあるのかを選別します。50、20、10と絞れれば気が楽になる。「大切なこと」を見極めて、覚える要素を減らす。この思考プロセスはビジネスにも通じます。


松下幸之助

人間の心というものは妙なもので、希望がもてたり、将来性というものが考えられると、「よし、やろう」という気分になる。そうするとまたやれるものであります。そこに考えもつかないような非常な発展があったり、発明心が起こったり、あらゆる事業遂行にいい方針が見いだされるというようになるのです。