名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

島田昌幸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島田昌幸のプロフィール

島田昌幸、しまだ・まさゆき。日本の経営者。「テレビ東京」会長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。取締役、東京本社編集局長、常務、テレビ東京専務などを経てテレビ東京社長に就任。

島田昌幸の名言 一覧

自分の作りたいものを作って、それを世に問う。そこからもの作りは始まる。


自分たちで動いていかなくてはいけない。


相手(国)が著作権について考えるようにするには、やはり現地の企業と組んで事業をするのが一番。


視聴率が厳しい時代でも、視聴率を上げるために妙な工夫はしなくていい。企画が面白く、報道番組として充実していれば視聴者はついてきてくれる。本筋を外さずにやっていこう。


公共の電波を通じて、皆さんに観てもらう良質なコンテンツをどう作るかという責任を我々は持っています。だから、単なるコンテンツ制作集団ではなく、やはり、そこにはメディアの伝え手であるという責任があるわけです。


ネットやモバイルを、どう使いこなしていくかであって、ネットやモバイルに対して競争意識や競合意識を持つ必要はない。やはり、それぞれの違い、良さがありますので、それを使い分けていくことが第一です。


島田昌幸の経歴・略歴

島田昌幸、しまだ・まさゆき。日本の経営者。「テレビ東京」会長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。取締役、東京本社編集局長、常務、テレビ東京専務などを経てテレビ東京社長に就任。

他の記事も読んでみる

北川正恭

思い込みと戦うことが、私の知事としての仕事でした。ひとつひとつの取り組みによって、「そういうものだ」と思い込んでいた県庁の精神構造を変えたんです。


ヘミングウェイ

歳をとるにつれ、自分にとってのヒーローという存在を持つことが難しくなるが、多かれ少なかれそれは必要なことである。


松方弘樹

小難しい理屈をこねていないで動き回るべき。男としての確立、自分が大地を踏みしめる場所を探せばいい。


高松孝年

安定飛行に入った今後はさらなる次のステップを見据えて市場を拡大させたい。より多くを供給することで値段を下げ、より多くの方の手が届くような商品展開をできるようにする。


梅田望夫

ネットで自分の考えや思いを発表して、一度でも人に何か悪く言われると、多くの人たちは「もうやめた」となるんですけれども、こう考えてみて欲しいんです。世の中に新しいものが誕生するときは、必ず犠牲者が出るんです。鉄道が敷設されたときも、飛行機が発明されたときも、ひかれたり落ちたりして命を落とした人がたくさんいた。インターネットでも日常的に利用できるようになって、それで人が傷つくこともある。でも、そういうものを乗り越えていったとき、無限の人間の脳みそはつながるんです。


野呂エイシロウ

ソロバンが電卓、電卓がパソコンになったように、便利なものは結局普及する。


寺尾玄

根性に関しては、自分でも他人でも、モノでも世の中でも、「何かを自分の力でより良くしよう」という気持ちが大きく影響している気がします。「より良く」がポイントで、この意識があれば、「あとちょっと」「もう一歩」と考えて動くようになる。それが努力につながる。当然、追い込まれていきますが、頑張れる。もしかすると、この気持ちが根性の正体なのかもしれません。


勝間和代

ある時期に、あまりにもベストフィットしたビジネスモデルは、その後に変革するのが大変難しい。消費者の年齢変化や技術革新などの環境変化に対応することが難しく、最後は陳腐化してしまう。


山部和孝

相当厳しい目線で物件を選ばないと間違いなく失敗します。極端な話、オープンな情報は「売れ残り」と思ったほうがいいぐらい。本当に儲かる話なら情報として出回らないはずですよ。だからクローズな情報を得ること。金融機関も人を見て話を持ってきます。こうした貴重な情報を得られる立場にいる人や会社とパートナーシップを結ぶことが、リスクを最小限に、チャンスを最大限にする近道ではないでしょうか。


長崎忠雄(経営者)

新機能・新サービスを提供する際には、自分たちが獲得したスキルによって新たに実現できるサービスをリリースしていくのではなく、お客様やパートナー企業の声を聞く機会を設け、何を提供していくかを意思決定しています。


谷井昭雄

私どもは時代が変わっていく中で、長年培ってきた家電をベースに、航空部品や自動車といった新しい分野をBtoBで展開してきました。かつて創業者がやったのと同じことをやるのではなく、創業者がどのような思いでやろうとしたのかを我々がしっかりと掴み、それを現代の状況に翻訳して実践してきたのです。それが経営というものです。古人がやってきたことを繰り返すのではなく、古人の思いや願いを正しく理解して、今日的な経営の課題に具体化していく。それが継承だろうと思います。


奥田陽一

社長に就任して最初の大仕事は、2006年10月にIT企業であるCRCソリューションズを伊藤忠テクノサイエンスと経営統合したことでした。業界5~7番手の位置で、利益が出ているからといって満足してしまっては、成長は見込めません。「規模を拡大し、リーディングカンパニーを目指そう。業界トップクラスに入ることで、自分の仕事や会社に誇りを持ってほしい」。統合前後、こうした話を両社の社員に繰り返し訴えたことをよく覚えています。