島田和幸(経営者)の名言

島田和幸(経営者)のプロフィール

島田和幸、しまだ・かずゆき。日本の経営者。「ファンケル」社長CEO(最高経営責任者)。広島県出身。同志社大学卒業後、ダイエー、マルエツなどを経てファンケルに入社。新規事業部長、経営企画部長、執行役員、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

島田和幸(経営者)の名言 一覧

経営の決断をする立場になったことで、周囲の声に耳を傾ける大切さを日々実感しています。正念場を迎えている経営改革を成功させるには全社員の力が必要です。


2人の創業者(ダイエー中内功、ファンケル池森賢二)のそばで、会社の舵取りを見られました。それが経営者としての私の最大の財産です。


広告を打つ時に何が大事かというと、どの商品を集中的にアピールするかということ。


易きに流れず「本物」を丁寧に売る。この姿勢はファンケル創業者の池森賢二さんに学びました。創業精神を若手にしっかり受け継ぎ、創業者がいなくても成長し続けられる会社へと脱皮させる。それが私のミッションです。


部署間で努力するベクトルを合わせられれば結果は出ます。手元の字が読みやすくなる中高年向けのサプリ「えんきん」が最近ヒットしているのですが、実は発売したのは10年前。広告や店頭での売り方を担当部署が見直し、研究所がデータを集めて「機能性表示食品」として売り出した結果、大きく化けました。


大学卒業後にダイエーに入社し8年間、創業者の中内功さんの下で秘書を務めました。ワンマン経営者のイメージが強い中内さんですが、それとは違う一面もありました。人の話を聞く姿勢です。多忙を極める雲の上の怖い人でしたが、私が報告や相談をしに行った時に、忙しいという理由で突っぱねられたことは一度もありません。


ホールディングス制を解消し、一つの会社に戻しました。ホールディングスは事業ごとに主体性をもって戦略的に推進していく意味ではよかったのですが、それぞれの会社に重複した組織ができ、事業会社ごとの考えが違ってくるといったことが起こり始めていました。それではお客様に不都合が出てしまいます。また、研究開発から商品企画といったものづくりから販売まで一気通貫で担う当社の強みも若干弱くなっていた。加えて、グループとしての一体感も薄れるといった問題点もあったものですから、株式会社ファンケルに一本化していくことが良いだろうということになったのです。


昨年の12月のはじめに池森(賢二・創業者)からなんとなく伝えられたのですが、ハッキリ社長と言われたのは年末の最終日でした。想定外だったのはCEO兼任だったことです。池森がCEO(最高経営責任者)で、私はCOO(最高執行責任者)だと考えておりましたから、ビックリしました(笑)。ただ、池森からは、「CEOじゃないと甘えが出るし、自分で全部やるという覚悟が必要だから」と言われましたね。


島田和幸(経営者)の経歴・略歴

島田和幸、しまだ・かずゆき。日本の経営者。「ファンケル」社長CEO(最高経営責任者)。広島県出身。同志社大学卒業後、ダイエー、マルエツなどを経てファンケルに入社。新規事業部長、経営企画部長、執行役員、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

決して人を切り捨てたりせず、だれをも包み込むような経営は、私の目指すところです。


なかにし礼

人生は選択の連続であり、私は常に自分を進化させる道を選びたいと考えて生きてきた。


高橋理子

円と直線の柄は限られた中でも十分楽しく生きることができる。また、最小限の要素で大きな可能性を追求する試みなんです。

【覚え書き|円と直線で構成された特徴的な柄について】


石田宏樹

上場して最も変わったのは、世間からの注目度です。従来もIT業界ではある程度のブランド力があったのですが、上場によって投資家の方々の間での知名度も上がってきました。ビジネスに関する問い合わせも増えています。また売り手市場といわれた今年の新卒採用でしたが、優秀な人材が集まってくれました。


松橋良紀

人は論理ではなく感情で動いているのです。商品を売るときに限らず、初対面では相手の警戒心を解き、親しくなる必要があるのです。そのためには、雑談で自分の人間性を伝えるのが一番なのです。


数土文夫(數土文夫)

早い時期に間違えるのは、失敗せずにずっといくよりむしろいいこと。


マイケル・ポーター

企業の社会的な問題への関与には、これまで「圧力政治」「CSR」というふたつの段階がありました。企業は次の3番目の段階に進む必要があります。それは価値を共有する段階です。この段階では、企業の事業戦略と社会とを結合させ、社会問題を企業の事業活動とは切り離して別の課題と見るのではなく、事業戦略と一体のものとして取り扱うのです。


牛尾治朗

低成長時代だからこそ、経営者は成長のビジョンを打ち出していく必要がある。


和田秀樹

厳しくするときは相手の反応を見ながら、段階的に厳しさを増すことに注意してください。最初から「バカヤロー、やる気がないなら辞めろ」なんて怒鳴ると、打たれ弱い人には耐えられませんから。海外のあるトイレタリー会社が、成果が下から5分の1の社員を定期的に解雇すると決めました。ところが、結果的に生産性はガタ落ち。恐怖政治は社員を萎縮させるのがオチです。


國貞文隆

日本の朝のニュースは見ないほうがいいでしょう。朝の時点で放送されるニュースは昨日のものだからです。日本の朝刊は海外ニュースに弱い。夕刊であれば市場の動きも入ってきますが、情報化社会では後れをとってしまいます。つまり、朝の海外のニュースにこそ目を向けるべきなのです。スマホが相当浸透している現在ですから、ビジネスマンはブルームバーグのニュースを聞けばいいでしょう。無料で視聴できるにもかかわらず上質なニュースソースとなります。


飯田亮

最高の会社を作るには、様々な人間が必要です。性格もものごとを見る角度もビジネスのやり方も人それぞれ違います。それらが有機的に組み合わせることができたら最高です。


天坊昭彦

組織のなかに、これは上司の仕事だから、これは部下の仕事だから自分には関係ないという空気があると、みんなが同じことを考える組織にはならない。そうした組織で仕事を与えられると、むしろ被害者意識をもってしまいます。なぜ、自分がこんな面倒なことをやらなければならないのかと。こうした事態を避けるには、組織の全員が、被害者意識ではなく当事者意識をもつようにしなければなりません。


斎藤英明(経営者)

ビジネスを取り巻く環境が激変する中で経営を司るには、世の中のメガトレンドを読まなくてはなりません。自らアンテナを多方面に張り巡らせ、先行事例も参考にしながらトレンドを読むことが大切です。よく知られたことですが、商品の普及率はS字状の曲線を描きます。このS字カーブから探れば、商品がどれぐらい売れていくか、ある程度、予測ができます。私がネット生保の世界に飛び込む時には、金融業界でネット化がどれぐらい進んでいるかを考えました。株式売買で個人投資家の9割がネットを利用し、自動車保険もネット販売が進んでいる状況を見れば、生保で同様のことが起きることは容易に想像できました。


中村繁夫

ハードに仕事をするからこそ、自分への癒しの時間を用意しておくべき。


澤村伊智

怖いシーンだけで引っ張れたら一番いいんですけど、長編ではなかなか難しい。長いホラーを書くうえで、有効なのはやはりミステリー的な仕掛けなんですよね。読者の予想を裏切るような展開を用意して、あっと言わせるのを楽しむ。そんなサディスティックな気持ちも、多少あったりします。


ページの先頭へ