名言DB

9412 人 / 110637 名言

島田久仁彦の名言

twitter Facebook はてブ

島田久仁彦のプロフィール

島田久仁彦、しまだ・くにひこ。日本の国際ネゴシエーター。「KS International Strategies」社長。大阪府出身。同志社大学法学部卒業、アマースト大学卒業、ジョンズホプキンス大学大学院修士課程修了。国際連合事務局でコソボ、イラク、アフガニスタン、東ティモールなどの紛争調停を手掛けた。その後、日本政府気候変動問題担当首席交渉官、環境省参与、経済産業省参事などを務め様々な交渉を担当。

島田久仁彦の名言 一覧

交渉とは相手に勝つことではない。信頼関係を築いて一緒に問題を解決する。自分の心を開いて、相手の懐に飛び込むことだ。


まずどこで、どんな問題が起きているのか。依頼人の要求は何なのかを徹底して聞く。この段階で問題の本質を見極める。


交渉の2つのポイント

  1. どんな交渉でも常に尊重する態度で臨む。
  2. 相手が何に、なぜこだわるのかを理解する。

情報はたくさん持っていてもあえて知らないふりをして、相手にしゃべらせる。相手も心を開いて信頼感を持つことにもなるし、自分の考えと力で解決したいという実感を持たせることができる。


交渉中はときには寝ないで一気に調停まで持っていく。3日間寝なくても平気。お互いに言いたいことを吐き出させ、事前調査で付けておいた落とし所に向けて両者を誘導し、調停に持っていく。


交渉の際は8割方相手の話を聞くことに集中します。自分の話を真剣に聞いてくれると思うことで、相手は初めて信頼してくれる。そのためにはどんな悪人と言われている人物でも、先入観を捨てて相手を人間として尊重し敬う気持ちが大切。


交渉が折り合わないとき、得てして頑なになったり、条件を変更して打開しようとする。しかしなぜ相手がその案件を飲めないのか、その理由を明確にすることで、意外な解決策が見つかる。「なぜ相手がこだわるのか」。なぜという問いを発するように心がける。


行動心理学の知識を総動員して相手の心理を見抜く。本心が出やすい目線、手と足の動きには注意を払う。体は正面でも机の下の足が横を向いていたら交渉を終わりにしたがっているなど。


島田久仁彦の経歴・略歴

島田久仁彦、しまだ・くにひこ。日本の国際ネゴシエーター。「KS International Strategies」社長。大阪府出身。同志社大学法学部卒業、アマースト大学卒業、ジョンズホプキンス大学大学院修士課程修了。国際連合事務局でコソボ、イラク、アフガニスタン、東ティモールなどの紛争調停を手掛けた。その後、日本政府気候変動問題担当首席交渉官、環境省参与、経済産業省参事などを務め様々な交渉を担当。

他の記事も読んでみる

ビル・マクナブ

人間がどういう時にどういう行動をするのかという「本質」を理解することが大切。


速水優

寝ているものが転んだためしはない。社内に閉じこもり、上の方ばかり向いていたのでは転びもしないし怪我もしないだろう。しかし、会社には全くプラスにはならない。


喜多村円

当社が恵まれているのは、自分たち社員も製品ユーザーであること。トイレは、臭いがしなくて、きれいが長持ちしてほしいね。究極的には全く掃除をしなくていい便器が欲しいね、と。このような視点で、ずっときている会社なわけです。


中村獅童(二代目)

人間に対して積極的に関わることで、未来は開けてくる。


山口陽(経営者)

今は業界何位になろうといった気持ちはありません。過去に量を追い求め、1位にこだわり過ぎた結果、財務体質が悪化し、経営再建を余儀なくされました。


上西京一郎

ゲスト(お客様)にハピネス(幸福感)を感じていただくためにはどうすればいいのかを感じていただくためにはどうすればいいのかをその都度考え、最善の判断と行動をとれば、ゲストの満足度が上がり、仕事の生産性はあとからついてきます。ひいては経営の効率化も向上していきます。


セルバンテス

喜劇で最も難しい役は愚かな役であり、その役は愚か者には演じられない。


さかなクン(宮澤正之)

お魚が生命をつなぐ姿は美しいのです。卵を一生懸命に守っているときは、小さなアイナメでも人に対して威嚇してくるんですよ。そんな姿を見ると、自分も頑張らなければと思います。


イチロー(鈴木一朗)

去年、行き着いたひとつの答えは、プレッシャーを克服する方法なんて、結局はないんだということです。以前はプレッシャーがない普通の状態に近い自分をどうやって取り戻すことができるのか、そういう薬みたいなものを探していました。でも、そんなものはないんだというのが現段階での結論です。そう思えたことは大きいですよ。あるかもしれないと思っているのと、ないんだと割り切っているのとでは、プレッシャーに対する向き合い方はまったく違ってきますから。


熊谷正寿

新規事業の立ち上げや、想定通りに運んでいないケースのみ自ら出ていきますが、上手くいっているところには口を挟みません。


鈴木敏文

組織内でつねに緊張感を求めるのは、顧客の心理に対応するためです。顧客は満足より不満足のほうが強く印象に残るため、外れが20%でも顧客はそれ以上に大きく感じる。一度失望されたら、積み上げてきた信頼も一気に失いかねません。失敗したら妥協せずに挑戦を繰り返し、成功しても手を緩めない。緊張感が成功確率を高めるのです。


ゲーテ

人間が、かつてできたことをいまでもできると考えるのは、極めて自然である。
いまだかつてできなかったことを、できると思う人があるのは、いかにもおかしいが、珍しいことではない。


奥田隆司

まずは発表したことをやりきる。ただし状況の変化に応じて、柔軟に次の一手を考える。


白井一幸

常識や既成概念にとらわれずチャレンジしていく姿勢が必要です。たとえ成功していても、現状に満足していると、やはり尻すぼみになっていきます。野球の指導でいえば、今はこれがベストのやり方だと思って指導していても、もっといい指導方法はないかと常に模索していく。選手が自分自身で一生懸命トレーニングをするのと同様に、指導者も自らの能力開発に投資して、個々の能力を上げていくことが大切です。そうすれば、どの監督からも、どのチームからも欲しがられるはずですし、その能力は球界を離れたところでも必要とされるように思います。


森川亮

転職の際に、肩書のランクが落ちることを恐れて躊躇する人もいます。「私は前職で課長だったから、課長以上の待遇じゃないと嫌だ」などとこだわる。肩書がないと生きられない人は、その人自身には価値がないことを物語っています。私は転職した2回とも、肩書らしきものは用意されませんでした。しかし、肩書やお金は度外視して転職を決断した。未来への目標に対して、時間を集中的に使いたかったからです。その行動が「自分の価値」を高め、LINEの社長就任に導いてくれました。肩書にこだわりがないからこそ、LINEを去って起業できたのです。