名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

島津貴久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島津貴久のプロフィール

島津貴久、しまづ・たかひさ。戦国時代の武将。島津氏第15代当主。島津中興の祖と呼ばれた島津忠良の子として生まれる。第15代当主島津勝久の養子となり、15代当主となる。父とともに家督相続争いに勝ち抜き薩摩を平定。島津の英主とたたえられた。

島津貴久の名言 一覧

領地をたくさんもっている者は、とくに七書を習い、人数の駈引き、太鼓の合図や、作法などを、つねに訓練せよ。
【覚書き|七書とは代表的な七冊の兵法書『孫子』『呉子』『尉繚子』『六韜』『三略』『司馬法』『李衛公問対』のこと】


もし私たち父子が邪悪な事をしたのを見聞きしたならば、誰でもかまわずに諫言を勧めてほしい。
【覚書き|私たち父子とは、当時島津氏の中心的役割を果たしていた貴久本人と、父の島津忠良(日新斎)のこと】


地頭・領主・奉行・頭人などが、下々の訴訟を公開しないで、勝手に取り裁くような事があったならば、取り次ぎには及ばないから、この貴久父子に、直接に申し出てほしい。


侍どもの中で、番狩・普請やその他の役務の間の日には、ただぶらぶらしておらずに、主人・家の子・女までも、朝早くから農業にいそしんでほしい。


陣中で、30日の間は、食料の配給もないのであるから、軍役や出物などが遅れたり、とどこおったりする場合には、所帯(官職や領地)を没収するであろう。


若侍たちは、武芸・角力(すもう)・水練・山坂歩行などに励んで、普段から手足をならしておかねばならぬ。


島津貴久の経歴・略歴

島津貴久、しまづ・たかひさ。戦国時代の武将。島津氏第15代当主。島津中興の祖と呼ばれた島津忠良の子として生まれる。第15代当主島津勝久の養子となり、15代当主となる。父とともに家督相続争いに勝ち抜き薩摩を平定。島津の英主とたたえられた。

他の記事も読んでみる

若山陽一

01年のITリセッションの時、製造業派遣市場は初めてシュリンク(縮小)しました。この時、社員たちと何を大事にするべきか、徹底的に議論しました。それで生まれたのが「はたらく力で、イキイキをつくる」という企業理念です。派遣で働くすべての人にイキイキと働いてもらうためにどうするか、それを考え、実行するのが重要だと思います。


戸塚祥太

僕は自分のことを入れ物のように感じていた時期があったんです。「自分」ってなんだろうとずっと考えていたし、「自分」にならなきゃいけないとも思っていた。僕が「自分」になれたかというと……(30代になって)最近なれてきている、という感じですかね。


小笹芳央

世の中に課題がある限り、当社の役割はまだまだ大きくなる。


穂村弘

感動モノって、初めから現実を肯定しているものが多くて、人はなぜ生まれてくるのかといった根源的な問いに対する渇望を満たしてくれないから、僕が期待するものではないんですね。でも今みたいに社会全体が息苦しくなって精神的余裕がなくなると、答え探しの過程を省いた「たったひとつの○○」みたいなわかりやすい本が売れるのもよくわかる。根源的な問いの答えが見えなければ家族とか仕事とか目の前のものをクローズアップして一気に楽になれる解決方法を求める気持ちになると思う。でも、そういう人も心の深い所には同じ渇望があるはずなので、実は遠回りをしていることにならないか。僕はその渇望が意識化されているというか囚われているから、最も根源的なものにコミットできそうな本を選んでしまうんです。


貞松成

ワタミ入社までは正直、飲食店の仕事というのは、美味しい料理を運べばそれでいいと思っていました。ところが、やってみるととても奥が深い。良い人材と悪い人材がいるとしたら、やはり明るくて良い人材の多い店は業績もいいんです。ですから、様々なバックグラウンドを持つスタッフをまとめながら、良い店にするためにはどうしたらいいのかを考えていました。それで飲食店というビジネスは、美味しい料理と人に尽きるということが分かりました。


新浪剛史

僕の持論で、改革というのは長くやってはいけない。長くて2年です。そして、人員削減をしていいのは1回きり。2回目以降はその経営者の責任です。だから、社長に就任してすぐに早期退職制度を用意しました。新しい体制は嫌だという1割強の社員が去っていきました。


森正文(経営者)

高級ホテルに取引を持ちかけたら、客さえ呼んできてくれたらいいよと言われました。ホテル側にとって、リスクが小さかったからでしょう。通常4万円するホテルの部屋を仮に2万円で予約できたら、お客さんにとってはオークションで安く落札したようなもので、喜びますよね。お客さんはホテルに行ってお金を払います。ホテル側も客が実際にホテルに来て代金を回収してから一体に手数料を払うので、不安がない。当社のモデルが良かったのはそこです。


中村繁夫

お客さんから一番信用されるのは、一番困っているときに、一番最初に連絡してきて、一生懸命相談にのる担当者。


竹中平蔵

経営もストーリーが重要。「この会社はどんな会社でこの商品を買うことで自分はこんな意義を見出している」というストーリーが得られる。ストーリーをいかに可視化するかが今の経営のポイント。


三木田國夫

どれだけ優秀な講師に学んでも上司が変わらなければ、会社は変わりません。


ウェンデル・ジョンソン

精神的に安定した人物を特徴づけるのは、主として、その人間が持っている特別な習慣ではなく、むしろ習慣を変えたり、環境の変化に対応したりするときの手際の良さである。融通のきかないひとりよがりで保守的な、何事もじっと傍観するタイプの人間とは反対に、変化に対する心積もりができている人間だ。


岩瀬大輔

私は抱えている仕事が少しでも「煮詰まった」と思ったら、提出するようにしていました。コンサルティング会社にいたときも、レポートがそこそこできた時点で、すぐマネージャーにチェックしてもらっていました。「こんなに何度も持ってくる奴は初めてだ」と言われました。途中の過程で見てもらっていますから、内容は80点に満たないものもあります。だから、厳しい指摘も受けました。でも、上司やその分野に関して得意な人の力を借りた方が、短期間でよい成果のものができます。