名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

島津源蔵(2代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島津源蔵(2代目)のプロフィール

島津源蔵(2代目)、しまづ・げんぞう。日本の発明家。「島津製作所」2代目社長。京都出身。初代源蔵の急逝により26歳で家督を継ぎ、2年後に日本初のX線写真撮影に成功。その後、蓄電池開発や日本初の医療用X線装置製造など島津製作所の基盤をつくった。生涯発明数178件。

島津源蔵(2代目)の名言 一覧

科学は実学であり、単なる理論ではなく、人の役に立つものでなければならない。


事業の邪魔になる人

  1. 自己の職務に精進することが忠義である事を知らぬ人。
  2. 共同一致の融和心なき人。
  3. 長上(目上)の教えや他人の忠告を耳にとめぬ人。
  4. 恩を受けても感謝する心のない人。
  5. 自分のためのみ思い、他人の事を考えぬ人。
  6. 金銭でなければ動かぬ人。
  7. 艱難(かんなん)に堪えずして途中で屈伏する人。
  8. 自分の行いについいて反省しない人。
  9. 注意を怠り知識を磨かぬ人。
  10. 熱心足らず実力なきに威張り外見を飾る人。
  11. 夫婦睦まじく和合せぬ人。
  12. 物事の軽重緩急の区別の出来ぬ人。
  13. 何事を行うにも工夫をせぬ人。
  14. 国家社会の犠牲となる心掛のない人。
  15. 仕事を明日に延ばす人。

家庭を滅ぼす人

  1. 自分の一家と国家とのつながりを知らぬ人。
  2. 両親及び兄姉を敬わず夫婦和合せぬ人。
  3. 身分相応を忘れる人。
  4. 毎日不平を言うて暮す人。
  5. 相互扶助を知らぬ人。
  6. 嘘を言い我が儘を平気でする人。
  7. 不用の物を買いたがり無駄事に多くの時間をつぶす人。
  8. 夜ふかし朝寝をし実力を養成しない人。
  9. 失敗したとき勇気を失う人。
  10. 非礼なことを平気でする人。
  11. 今日積む徳が明日の出世の因となることを知らぬ人。
  12. 先輩を軽んじ後輩に親切を尽さぬ人。
  13. 他人の悪口を言い、争いを好む人。
  14. 秩序を守らぬ人。
  15. 今日一日の無事を感謝せぬ人。

島津源蔵(2代目)の経歴・略歴

島津源蔵(2代目)、しまづ・げんぞう。日本の発明家。「島津製作所」2代目社長。京都出身。初代源蔵の急逝により26歳で家督を継ぎ、2年後に日本初のX線写真撮影に成功。その後、蓄電池開発や日本初の医療用X線装置製造など島津製作所の基盤をつくった。生涯発明数178件。

他の記事も読んでみる

和田毅

思うようにいかない日々がないと、きっと楽しい明日もないはず。


柴田昌治(コンサルタント)

経験や知識のない新参者が、そこに長年いるエキスパートに向かって「これはおかしいのでは?」と問題提起をしても、聞く耳を持ってもらえないことがほとんどでしょう。まずは同じ思いを持った仲間を探すことが先決。


進藤晶弘

心をこめてやれば、ごく小さな仕事でも光り輝きます。


谷口祥子

「褒める」とは、「すごいですね」といった言葉を贈ることだけではありません。「あなたを認めています」と伝えるコミュニケーション全般が「褒めること」である、と私は定義しています。


諸富祥彦

「仕事が大変だ。忙しくて辛いのを我慢して、俺は家族のために働いているんだ」というメッセージを出していませんか?それでは子供は父親に感謝するどころか、働くのは嫌だなと、仕事にネガティブなイメージを持ってしまいます。


アルバート・アインシュタイン

人は、自分だけのために小さな世界を創造します。そして、変化し続ける真の存在の偉大さと比較したら悲しいほどに無意味だというのに、自分を奇跡のように大きく重要であると感じるのです。自分で掘った穴に潜むモグラのように。


横田雅俊

部下の体験をナレッジ化(知識化)して横展開できる仕組みがある組織は、継続的アプローチの重要性やその方法論が比較的早く定着していく。逆に、ナレッジが個人の中にとどまっている組織は、新しい価値観や方法論がまわりに伝わりにくく、組織レベルではなかなか改革が進んでいかない。


町田勝彦

人を辞めさせない、何としても雇用を守ってみせるという強い意志を、経営の歯止めとして明確にしておくことです。安易な人員削減に流れてしまったら、経営に対しても甘くなってしまう。経営は安易に流れたら終わりです。


柴田励司

部下の立場の努力とは、個人としてのパフォーマンスを最大にすることですが、マネージャーや経営者の努力は、みんなのパフォーマンスの総和を最大にすることです。この点がわかっていないと、部下として優秀だった人が上に立っても、失敗してしまいます。


三谷宏治

私は「自分はこうなりたい」といったビジョンより、「自分はこう生きたい」という哲学を大事にしてきた。その哲学を満たし、家族さえ食べさせられれば他のことはどうでもいい。いまでもそう思っています。


和田秀樹

ガラパゴス化と聞くと、一般的に周囲から取り残され、時代に乗り遅れたイメージがあります。でも、語源のガラパゴス島自体に素晴らしい魅力があるでしょう。今年、世界遺産に登録された小笠原諸島も同じです。過去に1度も大陸と陸続きになったことがない歴史が、独自の価値を生んでいるんです。皆に合わせた同化は、価値を高めることとイコールではありません。ガラパゴス化の最大の価値は、ほかと違うという個性があることです。


マイケル・ゲルブ

正しい判断は経験からもたらされるということを私たちは誰もが知っている。しかし、時には間違った判断を通して経験することがあるということも知っている。あなたは自分の間違いを活かしているだろうか?