名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

島津源蔵(2代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島津源蔵(2代目)のプロフィール

島津源蔵(2代目)、しまづ・げんぞう。日本の発明家。「島津製作所」2代目社長。京都出身。初代源蔵の急逝により26歳で家督を継ぎ、2年後に日本初のX線写真撮影に成功。その後、蓄電池開発や日本初の医療用X線装置製造など島津製作所の基盤をつくった。生涯発明数178件。

島津源蔵(2代目)の名言 一覧

科学は実学であり、単なる理論ではなく、人の役に立つものでなければならない。


事業の邪魔になる人

  1. 自己の職務に精進することが忠義である事を知らぬ人。
  2. 共同一致の融和心なき人。
  3. 長上(目上)の教えや他人の忠告を耳にとめぬ人。
  4. 恩を受けても感謝する心のない人。
  5. 自分のためのみ思い、他人の事を考えぬ人。
  6. 金銭でなければ動かぬ人。
  7. 艱難(かんなん)に堪えずして途中で屈伏する人。
  8. 自分の行いについいて反省しない人。
  9. 注意を怠り知識を磨かぬ人。
  10. 熱心足らず実力なきに威張り外見を飾る人。
  11. 夫婦睦まじく和合せぬ人。
  12. 物事の軽重緩急の区別の出来ぬ人。
  13. 何事を行うにも工夫をせぬ人。
  14. 国家社会の犠牲となる心掛のない人。
  15. 仕事を明日に延ばす人。

家庭を滅ぼす人

  1. 自分の一家と国家とのつながりを知らぬ人。
  2. 両親及び兄姉を敬わず夫婦和合せぬ人。
  3. 身分相応を忘れる人。
  4. 毎日不平を言うて暮す人。
  5. 相互扶助を知らぬ人。
  6. 嘘を言い我が儘を平気でする人。
  7. 不用の物を買いたがり無駄事に多くの時間をつぶす人。
  8. 夜ふかし朝寝をし実力を養成しない人。
  9. 失敗したとき勇気を失う人。
  10. 非礼なことを平気でする人。
  11. 今日積む徳が明日の出世の因となることを知らぬ人。
  12. 先輩を軽んじ後輩に親切を尽さぬ人。
  13. 他人の悪口を言い、争いを好む人。
  14. 秩序を守らぬ人。
  15. 今日一日の無事を感謝せぬ人。

島津源蔵(2代目)の経歴・略歴

島津源蔵(2代目)、しまづ・げんぞう。日本の発明家。「島津製作所」2代目社長。京都出身。初代源蔵の急逝により26歳で家督を継ぎ、2年後に日本初のX線写真撮影に成功。その後、蓄電池開発や日本初の医療用X線装置製造など島津製作所の基盤をつくった。生涯発明数178件。

他の記事も読んでみる

立花陽三

12球団中最もハードワ-クをすれば、必ず1位になれる。ただし、近道はない。


野口功司

ベンチャー企業では、ある分野だけに特化してそのほかの部分に弱いといったことが多いのですが、当社が目指すサービスはIT面だけでなく、運営面の品質やセキュリティなどいずれにおいても一番を目指すこと。


孫崎享

官僚時代、ある上司から「自分の好むことばかりやっていてはいけない。むしろ、気の進まない仕事に進んで取り組んだほうがいい」と諭されました。自分が好むことというのは、すでに自分ができることです。一方、気が進まない仕事というのは、未知のものであることが多い。できることばかりやっていて新しいことに挑戦をしなければ、自分の幅が広がらないのはいうまでもありません。以来、未経験の仕事に取り組む大変さを、自分の成長の証だと感じられるようになりました。


稲盛和夫

できるだけ現場を回り、直接社員に話すようにしてきました。たとえばキャビンアテンダント(客室乗務員)にはこんな話をしました。「客室乗務員の皆さんがお客様に一番接するのですから、お客様にJALは本当に素晴らしいと思っていただけるかどうかは皆さん次第です」と。給料も下がり、ボーナスも出ないという経済的にも大変な状況でありながら、今まで以上の働きと、今まで以上のサービスをしていかなければ会社としてはやっていけないと口酸っぱく言ってきました。また、パイロットにも同じようなことを言いました。整備部門の社員にも、生産性を上げて、少しでも低コストでさらに安全な良い整備をして欲しいと。そういったことを繰り返して私が話し、社員もJALフィロソフィを勉強していくと、どんどんサービスが向上し、無駄が省けるようになり、結果として採算も良くなってきました。


大橋徹二

ダントツの条件は、他社が簡単にモノマネできないこと。


横山秀夫

組織にいる人間にとって組織なんて当たり前すぎてまともに考えたりしないんですよ。私も新聞社を辞めて名刺一枚持てずに世の中を泳いでいく中で、あらためて組織というものを見つめ、その功罪を考えるようになった。そこから私の小説の土台ができたのだと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

瞬間瞬間をいかに全力投球できるかという精神を持てば必ず苦難を乗り越えられる。


岡本欣也

ノンアルコールビール「キリンフリー」は徹底して商品特性を語ったことが、ヒットにつながりました。


澤田秀雄

スピード感のある動き、お客様本位の取り組み、スタッフをはじめ人を大切にするということ、自然の摂理を大事にするものの考え方。そういう遺伝子ができあがれば、私なんかいないほうがいい。私は、そういうものをここにつくるための代打みたいなもんです。


千玄室(15代目)

人間というのは、欲深いものです。「一切皆苦(いっさいかいく)」。欲があるから、生まれた時から死ぬまで苦しむのです。かといって、欲が全くなくなってしまっても、人間は枯れてしまう。枯れ木になってはいけません。ちょっと花を咲かせるくらいが、ちょうどいいのです。一般の人間が、悟りの境地になんてなかなか辿り着けるものではありません。


武藤真祐

支えになったのは、自信でした。幼いころから今まで、私はその局面で乗り越えるべき壁に全力で臨み、そして乗り越えてきた。それは、自信を持って言えます。受験にしても研究にしても、それ以外のあらゆることを犠牲にし、全力で戦って、そして勝ってきました。この真実が、私を支えました。


森川亮

一般的に、若いうちは給与が低く、貯めてもたかが知れていますから、(自己)投資した方がいい。お金よりも時間の方がずっと大事です。極端なことを言えば、お金はどうでもいい。なぜなら、お金を投資して「時間の価値」を高めることで「自分の価値」が上がれば、お金は後から必ずついてくるからです。例えば、ダラダラ残業するのをやめて、未来への目標のために英会話やプログラミングの勉強にお金を投資すると、「時間の価値」が高まり、「自分の価値」が高まっていきます。そうすれば、プロジェクトを任されたり、志望する会社に転職して能力を発揮しやすくなったりして、結果的に年収が上がる。