名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

島津源蔵(2代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島津源蔵(2代目)のプロフィール

島津源蔵(2代目)、しまづ・げんぞう。日本の発明家。「島津製作所」2代目社長。京都出身。初代源蔵の急逝により26歳で家督を継ぎ、2年後に日本初のX線写真撮影に成功。その後、蓄電池開発や日本初の医療用X線装置製造など島津製作所の基盤をつくった。生涯発明数178件。

島津源蔵(2代目)の名言 一覧

科学は実学であり、単なる理論ではなく、人の役に立つものでなければならない。


事業の邪魔になる人

  1. 自己の職務に精進することが忠義である事を知らぬ人。
  2. 共同一致の融和心なき人。
  3. 長上(目上)の教えや他人の忠告を耳にとめぬ人。
  4. 恩を受けても感謝する心のない人。
  5. 自分のためのみ思い、他人の事を考えぬ人。
  6. 金銭でなければ動かぬ人。
  7. 艱難(かんなん)に堪えずして途中で屈伏する人。
  8. 自分の行いについいて反省しない人。
  9. 注意を怠り知識を磨かぬ人。
  10. 熱心足らず実力なきに威張り外見を飾る人。
  11. 夫婦睦まじく和合せぬ人。
  12. 物事の軽重緩急の区別の出来ぬ人。
  13. 何事を行うにも工夫をせぬ人。
  14. 国家社会の犠牲となる心掛のない人。
  15. 仕事を明日に延ばす人。

家庭を滅ぼす人

  1. 自分の一家と国家とのつながりを知らぬ人。
  2. 両親及び兄姉を敬わず夫婦和合せぬ人。
  3. 身分相応を忘れる人。
  4. 毎日不平を言うて暮す人。
  5. 相互扶助を知らぬ人。
  6. 嘘を言い我が儘を平気でする人。
  7. 不用の物を買いたがり無駄事に多くの時間をつぶす人。
  8. 夜ふかし朝寝をし実力を養成しない人。
  9. 失敗したとき勇気を失う人。
  10. 非礼なことを平気でする人。
  11. 今日積む徳が明日の出世の因となることを知らぬ人。
  12. 先輩を軽んじ後輩に親切を尽さぬ人。
  13. 他人の悪口を言い、争いを好む人。
  14. 秩序を守らぬ人。
  15. 今日一日の無事を感謝せぬ人。

島津源蔵(2代目)の経歴・略歴

島津源蔵(2代目)、しまづ・げんぞう。日本の発明家。「島津製作所」2代目社長。京都出身。初代源蔵の急逝により26歳で家督を継ぎ、2年後に日本初のX線写真撮影に成功。その後、蓄電池開発や日本初の医療用X線装置製造など島津製作所の基盤をつくった。生涯発明数178件。

他の記事も読んでみる

住谷栄之資

会話のテクニックは考えません。考えすぎて気もそぞろになり、対話が上手くいかないのでは、本末転倒ですから。


森信三

教育とは流れる水の上に文字を書くような儚いものだ。だが、それを岸壁に刻み込むような真剣さで取り組まなくてはいけない。


米山公啓

ストレスを減らすには、ストレスを生む元を取り除くことも大切。たとえば、仲のよい間柄でも、SNSに不快な投稿をする人の投稿は、画面表示されないよう設定。すると、楽しい話題などの投稿だけになり、SNSでストレスを感じることは減ります。


宮澤栄一

組織はよくピラミッド型に例えられますが、私は逆だと思います。役職が一つ上がるごとに、皆を支える責任が高まります。社長の役割は一番下で皆を支えることなのです。


安田正

話が長い人は、自分はまだまだ話し足りないと思って話をしているものです。人には自分の思いをすべて話したいという欲望があるからです。ところが話すのと聞くのとでは、聞いているときの方が時間を長く感じます。話し手はまだまだだと思っていても、聞く方はすでにウンザリなのです。まずは、そこに気づくことが大切です。


小倉広

部下に仕事を任せるとき、最終期限までにいくつかの期限を区切って、点検する機会を設ける。砕いた小さなタスクを、最終期限日までに順番に並べ、「一里塚」「二里塚」を設定するのです。マイルストーンごとにチェックをして改善点があれば途中段階で調整。それが終われば次のマイルストーンへ進み、またチェックして改善。このように進めれば、期限も守られるし、高いクオリティの資料ができあがります。


高井昌史

本屋には本屋ならではの魅力がある。ネットでピンポイントで本を買う人が多くなっているが、本屋で本との出会いを求める読者もいる。そのための場所を作っていかないといけない。


廣瀬俊朗

仕事もスポーツも報酬をもらってやる以上、成果を出して当たり前。


佐田展隆

最初に取り組んだのは御用聞きからの脱却でした。仲の良い訪問しやすい取引先ばかり回る営業担当者が多かった。既存の取引先の売り上げだけでは業績の改善は見込めません。それまで手掛けてこなかった新規開拓営業を行うため、私が陣頭に立ちました。


笹野高史

30代は役者としての自分に悩んでいた時期でした。同い年の柄本明や佐藤B作といった役者たちの活躍をみると、いやぁ、悔しゅうございましたねえ。彼らは若いころから個性的ないい役者でした。かたや自分にはそんな個性があるとは思えない。僕はどんな役もそつなくこなす自信がありましたが、自分は主役を張る俳優ではないんだと思い知らされて、愕然としました。そこで悩んだ末に、とにかく毎日芝居を観ることにしたのです。メモを取りながら、来る日も来る日も同じ芝居を繰り返し観ました。ほかにどうしたらいいか、思いつかなかったんですね。でもそうしていると、次第に落ち着いて考える余裕が出てくる。「自分ならこのシーンをどう演じるか?」と考えるうち、「自分はほかの役者にできないことをやればいい」と思えてきたのです。それからは、出番がほんのわずかの役でも、いろいろと想像してその人物の「履歴書」を自分でつくるようになりました。セリフがたったひと言でも、そこにはその人物の人生がにじみ出てくるはずだからです。そういう思いで真剣に演技と向き合ったのは、とても力になったと思います。


野中正人

二年間の減収減益がベクトルを修正するいい機会になりました。


藤巻健史

私は話すのが下手で、いまでも結婚式のスピーチなどはド下手くそであるが、「ならば機械を見ている仕事がいいや」とディーラーに転身したことで、自分に合った仕事が見つかった。