名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

島村琢哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島村琢哉のプロフィール

島村琢哉、しまむら・たくや。日本の経営者。「旭硝子」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、旭硝子に入社。アサヒマスケミカル社長、本社執行役員化学品カンパニープレジデント、常務執行役員電子カンパニープレジデントなどを経て社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。そのほか新化学技術推進協会代表を務めた。

島村琢哉の名言 一覧

結局、自分たちの「原点」、「強み」は何なのかを考えることが全てだ。それを認識していれば、どんな環境変化にも対応できる。


常識の非常識を見抜け。


大事なのは、原点が何かを分かっているか、そして、原点に戻る勇気を持てるか。


常識を踏襲しても上手くいかない場合は、原点に戻って考えるべき。


強引な手法には社内外から反発がありましたが、失敗したら会社を辞める覚悟で臨んだことで、改革をやり遂げられたのだと思います。


新分野に進出するようなとっぴな買収はやらない。あくまで今あるコア事業を地道に伸ばしていく。既に3000億円を超える買収案件のリストはできている。


重要なことは、アフターケアの体制を整えていくことと、成長市場を押さえること。


島村琢哉の経歴・略歴

島村琢哉、しまむら・たくや。日本の経営者。「旭硝子」社長。神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、旭硝子に入社。アサヒマスケミカル社長、本社執行役員化学品カンパニープレジデント、常務執行役員電子カンパニープレジデントなどを経て社長兼CEO(最高経営責任者)に就任。そのほか新化学技術推進協会代表を務めた。

他の記事も読んでみる

松本幸夫

「これぐらいの時間で仕上がったらいいな」という希望的観測でスケジュールを組まないこと。往々にして希望と能力はかけ離れているものですから、スケジュール通りに仕事が進まず、予定自体が意味をなさなくなります。


秋津壽男

30~40代に良く見られるのが、少しの不調を過剰に気にする傾向です。成長期や青年期が新車だとしたら、30代以降の身体は中古車のようなものですから、一つや二つ不調があって当たり前。ナーバスになりすぎるのも、間違った健康法に走るきっかけとなるので注意しましょう。


高橋フミアキ

「初対面の人にアポを取るならまずは電話。いきなりメールは失礼では?」そう考える人もいるかもしれません。ですが、いまやよほど年配の方でない限り、初対面でのメールに抵抗感を持つ人は少なくなっています。


藤田近男

先代(創業者、中島董一郎氏)とは42歳の年齢差がありました。入社したときは先代を含めて社員はわずか5人。20年以上も一緒に仕事をし、マンツーマンで教育してもらいました。厳しかったが、それでも一回目の失敗は許してくれました。企業に失敗や敗者復活を許す風土がないと、やっぱり社員は育ちません。


カーリー・フィオリーナ

チームに変化を起こすには、全員に賛成してもらう必要はない。過半数の賛成すら必要ではない。必要なのは、キーパーソンを動かすことだ。


石原壮一郎

女性に謝罪するときに相手が取り乱していたら、まずはその怒りを肯定してください。「お怒りはごもっともです。○○さんの感情を害してしまって、本当に申し訳ありません」とひたすら謝りましょう。そして相手に言いたいことを全部吐き出してもらいます。何度同じことを繰り返されても、「それはさっき聞きました」などと口が裂けても言ってはいけません。謝りながら、なんとか相手を褒めるポイントを見つけてください、「そこに気づいていただけるのは○○さんだからこそ。ご指摘いただき非常にありがたいです」と相手を持ち上げ強がら事態の収束を図ります。泣き出されてしまうこともあるかもしれません。そういうときはひたすら共感作戦です。「あなたのおっしゃることはまさにその通りだ」と仲間意識を醸し出す方向での対応が効果的です。


鈴木喬(経営者)

「見切り千両」、破綻寸前の米沢藩を再興した上杉鷹山の言葉はビジネスの鉄則だ。撤退か否か。その目安を「3年で単年度黒字、5年で累損一掃」達成に置いている。


芝本裕子

「自分は何が得意か」「自分は何が苦手か」ということを見極め、「何を人に任せられるか」「何を任せた方がいいか」ということを、常に考えながら仕事をすることが重要です。


松本晃(経営者)

とかく男は地位とか権力が好きなので、会社でもいつも苦労する。だから、私は人事権を持たない。男社会には人事がメシより好きな人が多く、年中人事のことばかりに熱中している。結果として会社や組織はうまくいかないことが多い。組織社会の永遠のテーマと言える。


新田信行

業績評価の仕方も変えました。それまでは貸し出しを伸ばした人間を評価していましたから、そうすると金利引き下げ競争になってしまいます。しかし今は、計数、収益でなくプロセスを評価する形にしました。工場見学をしたら、支店の点数は50点、事業者の定性評価をする「目利きシート」を書いたら10点という形にしたら、定期預金や貸し出しを増やさなくても、企業に通って「御社の強みは何ですか」、「製品のどこが強みですか」、「どうやって会社を立ち上げたんですか」ということを聞き始めました。


岩瀬大輔

問題のありかを見極めるには、問題を分解し、掘り下げていく必要があります。いま起こっている問題の裏には、それを引き起こしている別の問題が潜んでいるはずです。それをひたすらたどっていけば、根本的な問題がどこにあるのかを必ず見出すことができます。


小林栄三

社内では常々、「愛情を持て。愛情の反対は無関心だ」と言っています。愛情とは、相手に関心を持つこと。これがコミュニケーションの基本です。社員一人一人が愛情=関心を持っていれば、企業のコンプライアンス(法令順守)などというものは絶対に心配ない。いまの時代は会社組織でも、家庭においても、社会全体でも、他社への関心が薄い。つまり、愛情が足りていないように感じます。