名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

島本理生の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

島本理生のプロフィール

島本理生、しまもと・りお。日本の小説家。東京都出身。立教大学文学部中退。『シルエット』で群像新人文学賞、『リトル・バイ・リトル』で野間文芸新人賞、『Red』で島清恋愛文学賞を受賞。

島本理生の名言 一覧

現実の方がどんどん不安定になっていく今、それを書き写して人を絶望させるよりも、それでも生きていく力を書くのが小説の役割かなと思っています。


いま目の前にいる人間に興味があるというのが、たぶん書きたいことの根底にあると思うんですね。10代の頃から小説は好きだったけど、一方でノンフィクションや心理学に興味があったんです。


作者自身が実感できないと幸せのかたちって書けないから、ようやくこういうラストにたどりつくことができたなあと思いました。


正しいとか正しくないとか関係なく、自分でも思いもよらない行動をとったりするところが恋愛小説を書いていて一番面白いですね。恋愛って、人に見せない部分が一番よく見えてきますから。


自分も夫と暮らしていると、年々、男女ってわかりあえないんだなあというのがあるんですね。別に私に関心がないわけじゃなくて、基本的に考えていることが違うんだなと。そういう男女の違いを書くのが面白くて、ここ数年のテーマにもなっています。


主人公の中にあるちゃんとした倫理観と、そこからすごく逸脱してしまう部分のせめぎ合いは、自分の小説の特徴としてあるのかもしれません。私は、人間の破綻した部分にすごく興味があるんです。そういうところをじーっと観察するように見ちゃうんですよね。そうするうちに、王道の恋愛ストーリーから逸脱していってしまう。


島本理生の経歴・略歴

島本理生、しまもと・りお。日本の小説家。東京都出身。立教大学文学部中退。『シルエット』で群像新人文学賞、『リトル・バイ・リトル』で野間文芸新人賞、『Red』で島清恋愛文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

江田麻季子

トップとして近づきがたい人間にはなりたくない。


仲代達矢

無名塾を立ち上げた当時は仲間にも反対されましたよ。「そいつが仲代よりうまくなって、うんとギャラを取るようになったらどうするんだ」って。「いいじゃない、それで」と言ったんですけど(笑)。


岡崎良介

実際、最前線で資産運用の現場に携わる人々は、異口同音に、現在の相場の「気持ち悪さ」を口にしている。リターンが安定し、リスクが顕在化してこなければ、自分たちの仕事はすこぶるうまく進むのであるが、こんなことは長くは続かない。その理屈づけや、メカニズムを分析する必要はない。好事魔多しの言葉で十分である。


石川康晴

創業5年目、赤字になり、13人いた社員は3人になった。とにかくこだわりを捨てて、徹底的に今までと反対のことをやってみようと決めた。それまでやっていたことと、文字通りすべてを逆さまにしよう、と。逆転の発想といえば格好良いですが、崖っぷちにいたので「もう全部逆さまにしちゃえ」という感じでした。


細川信義

成功する企業家は、常に前に進んでいく人。


今田洋輔

人間、大切にもてなされたら嬉しいでしょ。今しか口にできない旬のものを出したら、自然と喜ばれますよ。手を抜かない仕事をすれば、それを感じて下さいますよ。だって、そんなことされたら、気持ち良いから。値段はあくまで、その欲しいものがあった上で、出せるか出せないかでしょ。


鈴木秀則

毎日進化し続けるウェブサービスの世界に身をおいていますから、革新していかない限りユーザーは見放します。


藤原和博

仕事に関する技術を向上させるには、ともかく最低限、仕事の量をこなすことです。「仕事は量より質」と言う人もいますが、それは量をこなした人間のみが到達した領域にすぎません。


倉本聰

金になることが仕事だと思っている人間が大多数でしょうけれど、仕事は金とは無縁のもので、本当に自分のやりたいことこそが仕事だと僕は思うんです。それが生きがいになってくる。本当の自分の仕事がしたくなる時期でもあるんです。それが活力になるんですよ。


根岸秋男

自分達が何をやったかではなく、お客様がどう受け止めたかが大事。経営判断をする時でも、お客様からどう評価されるかに軸を置いています。


前沢孝夫

ビッグデータ分析で、これまで分からなかった傾向は把握できますが、その前に目の前にいるお客さまや情報をきちんと見つめなければならない。統計だけに頼ってはいけない。


山田洋次

喜劇の基本は王様や貴族、お金持ちがバナナの皮を踏んで滑るところにある。これがスラップスティック・コメディで、昔はね、威張っている人がぱっと転ぶとお客さんが笑った。でもね、落語のいいところは殿様も転ぶんだけれど、八っつぁん、熊さんが転ぶんだ。だから、おもしろいんだ。身近な笑いなんだ。落語の魅力はそこなんだよ。