名言DB

9412 人 / 110637 名言

島崎藤村の名言

twitter Facebook はてブ

島崎藤村のプロフィール

島崎藤村、しまざき・とうそん。日本の詩人、小説家、童話作家。文学界に参加し浪漫派詩人として活躍。その後、小説に転じて「破戒」「春」「夜明け前」「家」「新生」などの名作を書き上げた。日本ペンクラブ初代会長。71歳でこの世を去った。

島崎藤村の名言 一覧

病のある身ほど、人の情の真と偽とを烈しく感ずるものは無い。


弱いのはけっして恥ではない。その弱さに徹しえないのが恥だ。


島崎藤村の経歴・略歴

島崎藤村、しまざき・とうそん。日本の詩人、小説家、童話作家。文学界に参加し浪漫派詩人として活躍。その後、小説に転じて「破戒」「春」「夜明け前」「家」「新生」などの名作を書き上げた。日本ペンクラブ初代会長。71歳でこの世を去った。

他の記事も読んでみる

竹田圭吾

オバマ大統領の演説は一般の人が参考にできる要素がたくさんあります。たとえば、何かキーになるフレーズを決めて、そのフレーズを繰り返したり、韻を踏んだり、センテンス単位にひとつの物語にして、スピーチに起承転結をつけたりする。話すスピードも内容を考えて、変える。こうした方法は十分に参考にできると思います。


井手明彦

厳しい国際競争のなかで三菱マテリアルが存続できているのは、マムート銅鉱山からの撤退や金属・鉱業セメントの合併といった大きな経営の決断があったから。


ドリアン助川

外に向かっては言葉は意外に力がない。でも自分の内面、精神の成熟に対しては言葉の役割や力ってとても大きいと思います。たとえば同じ雲でも宮沢賢治は実に細かく観察し、言葉で表現しています。その表現を知ると、漠然と見ていた雲がまったく違って見えてくる。日本人はもともとそういう繊細な感性と目を持っていたはず。


中村天風

たとえば、客観的に、どんなに恵まれているように見えている人でも、その人が、その境遇に飽きたらず、満足感を感じていないならばどうであろう? これに引きかえて、仮に客観的に恵まれていない、不幸な人に見える人といえども、一日の仕事を終えて、たとえ乏しい食事でその空腹を満たすときでも、それが自分の尊い労役の花であり、心身を働かした努力の実りであると、無限の感謝で考えたらどうであろう? 金殿玉楼の中にあって暖衣飽食、なおかつ何らの感謝も感激もなく、ただあるものは不平と不満だけという憐れな人生に比較して、本当に、人生のいっさいを感謝に振り替え、感激に置き換えて生きられるならば、はっきりとしてそこにあるものは、高貴な価値の高い尊い人生ではないでしょうか!


石渡美奈

ビールやアルコール類は、新商品が次々と登場して既存製品を引きずり落とします。味や生産技術を常に進化させなければ、競争に敗れてしまいます。


エディ夫人

真理は不滅である。過失は致命である。


守屋洋

「善(よ)く戦う者は、人を致して人に致されず」。人とは敵を指している。戦上手な者は、相手の作戦行動に乗らず、逆にこちらの作戦行動に載せて振り回すのだと孫子は言う。わかりやすく言えば、相手のペースに乗るな、こちらのペースで戦えということだ。主導権がこちらにあれば相手を振り回すことができるし、相手に渡してしまえば、相手のペースに巻き込まれて苦戦を余儀なくされる。


高城幸司

私はいままで、多くの企業トップと仕事をしてきましたが、彼らの性格傾向をひと言でいえば、「逆境や逆風と思われる状況でも、楽しそうに仕事をすることができること」。彼らは自分の会社はいまどの位置(谷)まで落ち込んでいて、これからどのルートを登れば山頂にたどり着けるのかというプロセスの仮説が、しっかりと立っているからこそ、ネガティブな状況をポジティブに捉え、笑って仕事ができるのです。


武藤信義(経営者)

商売には必ず相手がある。そしてその相手にはどこか必ず弱点がある。それを早く見出して徹底的につく。そうすれば商売はきっと成功する。


メンタリストDaiGo

「計画錯誤」といって、人間の脳は作業にかかる時間を短く見積もりがち。見積もりの2倍くらいでちょうどです。


日覺昭廣

常識でできるものなら誰でも作れる。技術の常識を超えて達成してこそ、初めて商品としても差異化できるのです。


早川種三

私はこれまで、日本建鐵、佐藤造機、興人などいくつかの企業を再建してきましたが、再建の成るならぬを最終的に決めたのは人と人との交流でした。人との付き合い方いかんで物事の帰趨が決まるといっても過言ではありません。その付き合い方の要諦は「自分を殺す」ということです。つまり自分の自由のみを主張しないことです。


寺田和正

無我夢中でしたが、どうやったら勝てるかは見えていた。当時オリジナルのブランドを作っているところはなかったので、妥協せずに良い人、良い物、良い場所、良い宣伝をするという価値観で突き進みました。


セネカ

死がいかなる場所において汝を待ち受けているか不明なり。ゆえに、いかなる場所においても死を待ち受けよ。


大城太

在日の華僑の世界ではよく知られた方の下に、2年間通ってようやく弟子になれました。私はその方のことをボスと呼んでいますが、修業法はボスのビジネスを手伝うというものでした。最初に言われたのが「段ボールいっぱいの靴下を街で売ってこい」というものです。当時、ボスによく聞かされたのが中国の革命家、孫文の言葉「知難行易」。「知ることが最も難しく、行うことはたやすい」という意味です。確かに私も靴下を売ろうと必死に走り回る中で小売店に卸売りするルートを開拓したりと、徐々に商売のコツが分かっていきました。