島崎藤村の名言

島崎藤村のプロフィール

島崎藤村、しまざき・とうそん。日本の詩人、小説家、童話作家。文学界に参加し浪漫派詩人として活躍。その後、小説に転じて「破戒」「春」「夜明け前」「家」「新生」などの名作を書き上げた。日本ペンクラブ初代会長。71歳でこの世を去った。

島崎藤村の名言 一覧

病のある身ほど、人の情の真と偽とを烈しく感ずるものは無い。

島崎藤村の名言|病のある身ほど、人の情の真と偽とを烈しく感ずるものは無い。

弱いのはけっして恥ではない。その弱さに徹しえないのが恥だ。

島崎藤村の名言・格言|弱さは恥ではない

島崎藤村の経歴・略歴

島崎藤村、しまざき・とうそん。日本の詩人、小説家、童話作家。文学界に参加し浪漫派詩人として活躍。その後、小説に転じて「破戒」「春」「夜明け前」「家」「新生」などの名作を書き上げた。日本ペンクラブ初代会長。71歳でこの世を去った。

ページの先頭へ