名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

峯良之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

峯良之のプロフィール

峯良之。日本の経営者。「レンタル着物マイン」を展開する「ヨシノコーポレーション」社長。

峯良之の名言 一覧

ないものをつくっていかないと、現在あるものの延長線上だけでは、商売は成り立たないと思います。みんながやっていない、そして、お客様に喜ばれるものは将来的にも大切だと思います。


計画を立てて、それを確実に達成していく。これが経営者として一番大事じゃないかと思っています。


今の貸衣装屋さんのほとんどが婚礼・ブライダル向けです。一般の人が借りようと思っても3万~5万円、もしくは10万円くらい掛かります。貸すだけで、着付けもしてくれない。そういうことが、この業界はまかり通っていたのです。これではレンタルしたところで、借りる人が誰もいなくなってしまいます。そこで、価格からサービスまですべて見直してつくりあげたのが、今の「レンタル着物マイン」という事業です。


峯良之の経歴・略歴

峯良之。日本の経営者。「レンタル着物マイン」を展開する「ヨシノコーポレーション」社長。

他の記事も読んでみる

井上智治(コンサルタント)

基本的にプロ野球はコスト構造が固定的です。どの球団もかかる固定費にそれほど差はありません。要は、コストダウン戦略は現実的ではありません。そこで、「球団」だけでなく「球場」まで視点を広げてみました。結論として、球団は儲かっていなくても、球場は儲かっているという不思議な現象が見つかりました。たとえば、横浜球団は赤字経営なのに、ホームの横浜スタジアムはずっと黒字経営で、100億円近い内部留保がある。巨人軍のホームの東京ドームの看板の広告収入は年間100億円を超えるといわれています。ところが巨人軍にその看板収入は入ってきません。そのうえ、レストラン、グッズ販売も東京ドームの収入です。ですから、球団が球場経営をしっかりやれば利益を確保できるなと確信しました。


家本賢太郎

いまでも自分を半人前だと思っていますが、それでも自信をもって言えることがたくさんあります。「なぜインターネットが必要なのか」「インターネットがどう社会を変えるのか」といったことを、人から聞いた話ではなく、実体験をもとにして語れるようになりました。経験の蓄積の結果、高い視点からものが見えるようになったのです。


塚越友子(水希)

嫉妬されやすい人というのは、本人はかなり頑張っているはずです。ただ、それが相手にはわかりづらいために、「あいつなら手が届きそう」というふうに見えてしまっているものです。


木村昌平

我々のビジネス範囲は「安全安心」なので、社会にニーズが顕在化してから対応していたのでは遅いのです。ですから、一般に言われる「ニーズに応える」というのとは、少し異なります。


是枝伸彦

いつの時代も新しい時代を切り開くのはベンチャー。日本も出る杭を育てる風土をつくって、どんどんベンチャーを育てていく。そうやって市場の活性化を図ることが重要。


鍜治真起

僕はもともと、出版社や印刷所に勤務しているときから、「いつか自分で雑誌をつくりたい」という気持ちがありました。


平野敦士カール

アライアンス・ランチ(率先して人と昼食を共にし話すこと)は、一緒に仕事をしてみたい人と自分との波長を確かめられる場でもあります。波長とは「この人となら何か一緒にできそうだな」というワクワクした感覚のことです。会議の場ならまだしも、メールや電話ではなかなかわかりづらいものです。ランチは波長を確認する最適な場なのです。


渡辺修(通産官僚)

自分の中で何か1つこれだけは誰にも負けないというものをつくっていく。その積み重ねが人の信頼を勝ち取っていくものだと思う。


仲尾英敏

苦しんだ経験こそ糧にして、これからも新しいチャレンジを続けます。


小柳津林太郎

とくに仕事では、自分のスタンダードを他人のスタンダードと思わない方がいいでしょう。これは、マネージャー時代の経験で学んだことです。自分の視点が絶対ではないことを肝に銘じてじっくり話に聞き入れば、相手の本意もすんなり理解できることが多いものです。その結果、意思疎通が容易になり、互いにストレスを感じない仕事ができるようになると思います。


濱逸夫

大胆にコストカットをすれば、短期的に利益は増やすことはできたかもしれません。しかしそれは、我々の企業理念に反します。企業は、永続的に成長していくことこそが重要なのです。時間がかかっても、徹底的に意識改革をやり、それを事業活動に連動させることが重要。


小宮一慶

スキルなんていう小手先なものではなくて、もっと骨太なもの。最終的に、部下を動かすのは上司の信念と覚悟なんです。