名言DB

9412 人 / 110637 名言

峯島忠昭の名言

twitter Facebook はてブ

峯島忠昭のプロフィール

峯島忠昭、みねしま・ただあき。日本の経営者。「水戸大家さん」社長。茨城県出身。サラリーマンをしながら不動産投資を開始。その後、水戸大家さんを設立。

峯島忠昭の名言 一覧

最初に投資した物件は失敗でした。結局200万円の損失が出ました。しかしこの失敗のおかげで猛勉強をしたことが財産になりました。


先のことを考えて、いまの自分の人生を変えたいと考えている人は少なくないはず。そうした方には、考えるだけではなく、ぜひ行動を起こしてほしい。


膨大な不動産売買のなかから有望な物件を見つけられるかどうかは、確かな情報網を持っているかにかかっている。


「どうやってお金を貯めるんですか?」と聞かれるたびに不思議に思うんです。お金は使わなければ貯まりますから。僕が一生懸命貯金をしていた頃は100円ショップにばかり行っていました。100円で買ったスパゲティとか蕎麦を食べれば、1日数百円で足りますからね。


僕は学歴がありませんから就職先がないんです。だからといって一生バイト仕事を続けるのも嫌だった。そうするとビジネスオーナーか投資家になるしかなかった。


求められるのは決断力。自分の未来を変えたいと多くの方が頭では考えていますが、なかなか実現できません。それは決断ができないから。もう少しいえば、決断するための情報や知識が足りないからだと思います。


不動産投資のポイントは、「具体的な目標設定」「勉強して学んだ不動産投資手法」「優良物件を見つけたらすぐに買い入れするスピード」です。そのポイントをふまえたうえで必要になってくるコミュニケーション能力も大事。結局は人と人とのつき合いですから。


不動産投資の初心者は、まず勉強することが大事。コツは不動産投資の成功者の本がたくさん出ているので、できるだけ自分と境遇が近い人が書いた本を5~10冊は読んでください。そうすると今の不動産投資の状況がわかります。


最初に買う物件がとても大事。お金持ちではない人がそこを失敗すると後戻りできなくなる可能性があります。粗悪な物件や相場より割高な物件をだまして売りつけようとする会社もあるので、そういう悪徳業者に引っかからないためにも勉強や知識が大事。


電話で営業してくる不動産仲介会社はやめたほうがいいですね。いい物件情報を持っている人気のある会社は電話で営業する暇がありませんから。それと特に最初はメールでやりとりしたほうがいいです。すべて証拠が残りますし、言った言わないのトラブルも回避できます。


賃貸経営には、当然ながらリスクがありますが、相応の資金があれば慌てずに次の一手を考えられる。逆に余裕がない場合、何かあったら本業で稼いだお金を回したり、最悪のケースではせっかくの物件を手放すことにもなりかねない。


毎月着実に収益を上げ、手元にしっかりお金を残していくことは、リスク管理の上でも大きなプラスになります。長期にわたる不動産投資では、将来的に状況が変化する可能性もある。そのときお金に余裕があれば、数ある対応策のなかから最善のものを選択できるわけです。


質の良い物件や銀行の融資に関する最新情報は、投資をする上で欠かせません。ただ、投資を真に成功させるにはそれだけでは不十分。まずはご本人のご要望とご事情を伺い、「こんな状況をつくりたい」という目標と条件に沿って最適な戦略を練る必要があります。


どうせ就職するなら不動産も営業も学べるところがいいと思ってハウスメーカーに入ったのですが、その会社は忙しすぎて投資の勉強まで手が回りませんでした。ここにいると不動産を売ることはできても投資家にはならない、そう思って今度は9時~5時で働ける工場に転職し、夜の空いた時間は漫画喫茶でバイトをしながら貯金を続けました。


21歳の頃、リアルタイムで『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで、「株はバーゲンのときに買いなさい」と書いてあったので、9.11テロが起きて株安になったとき大量に株を買いました。元手にしたのは高校卒業後2年間ほど、食事付きの寮がある営業所で新聞配達員をして貯めた600万円です。そのとき買った株価がすべて上がったことが不動産投資に繋がっていきました。


不動産投資というと単純に利回りに注目が集まりがちですが、重視すべきは利回りと借入金利の差である「イールドギャップ」です。これを見極め、毎月しっかりとお金が手元に残る環境をつくることが大事。キャッシュを確保できていれば、リスクに直面したときに冷静に対応することができます。


不動産投資のメリットは、成功事例がたくさんあって、本もたくさん出ていますから、誰でもそのノウハウを学んで真似できます。つまり失敗しにくいのです。それにビジネスオーナーになって成功したとしても仕事は忙しいですよね。一方、不動産投資は一度買ったら管理も修繕もすべて外注すればいいので時間とお金がどちらも手に入ります。それが最大の魅力だと思います。ですから不動産投資家にはセミリタイアやリタイアする人が多いんですね。


峯島忠昭の経歴・略歴

峯島忠昭、みねしま・ただあき。日本の経営者。「水戸大家さん」社長。茨城県出身。サラリーマンをしながら不動産投資を開始。その後、水戸大家さんを設立。

他の記事も読んでみる

柏木斉

我々の競争力の源泉はどこにあるかというと、リクルートという会社は実はミドルマネジメント(中間管理職層)の頑張りによって事業が回っている会社で、その面で非常に日本的な組織です。30代後半を中心に、事業の責任者となったゼネラルマネジャーたちが、上から与えられる数字ではなく、自分で高い目標を設定し、組織を引っ張っていく、あるいは業界トップ企業と組んで新ビジネスをつくり出すのです。


石渡美奈

手紙の良さは思いが伝わることですね。メールだと簡単に送れますが、手書きの手紙は、便箋やハガキを選ぶのも書くのも、それなりの時間がかかります。だから、もらった相手も、「自分のために時間を使ってくれた」と心に響くと思うのです。


川口淳一郎

ルールは過去から作られたもの。過去に未来の答えなんて無い。


柿木厚司

私は(次期中計以降も)コスト競争力も含めた基盤整備は、まだまだ終わったとは思っていない。新技術開発にも積極的に取り組んでいきたい。一方で、引き続き基盤整備にも取り組んでいく。この両輪の取り組みは6次中期経営計画以降も継続していくことになる。


伊集院静

上がっていく流れは、必ず下がる。その時は次の新しいものを書けばいいだけの話だ。


棚橋弘至

情報は簡単には伝わらない。地方会場での試合後、コンビニなどに立ち寄ると、僕に気づいて「あれ、棚橋選手、なんでここにいるんですか?」と声をかけてくださる方がいます。ということは、公式HPや選手のブログ、ツイッターなどで何度も告知しているにもかかわらず、僕を知っているくらいのプロレス好きな方にさえ、当日近くで興行があるという情報が伝わっていないわけです。ましてや、プロレスファンでない人に至っては……という話です。繰り返し繰り返し情報を伝える作業をしなければいけないし、それでも情報は伝わらないものなんだと痛感しました。


鈴木敏文

伊藤(雅俊・創業者)さんは我慢強いんですよ。まあ、慎重という表現もできるよね。例えば、伊藤さんは、僕がコンビニをやると言ったときも、アメリカのセブンイレブンを買うといったときも反対だった。中国進出も銀行設立もね。何事にも反対したのは、性格ですよ。それでも、反対されたことを僕が何とかものにしてきたから、割合と意見を聞いてくれるようになった。この範囲までやってダメだったら諦めますと、きちっと宣言するわけ。そうすると、じゃあ、まあ、となるんだ。


北野武(ビートたけし)

スポーツ新聞に「たけし、再起不能か?」なんて書かれた、あの原付バイクの事故からもう12年の歳月が過ぎている。あの事故を境にして、生きていることに、あまり興味がなくなった。あの事故でわかったことは、運命なんてものは、自分でどうにか動かせるものじゃないということ。どんな運命が待っていようと、それをそのまま受け入れるしかない。


鈴木敏文

顧客の買い方にしろ、社員の働き方にしろ、人間は心理的な動機づけによって行動が変わる。


豊田圭一

部内や社内に手本になる上司や先輩がいれば、彼らと積極的に話をしたり、仕事の仕方を真似て見たりすることをお勧めします。真似をすることで仕事の基本を学び、そのうえで自分のカラーを出していくようにすればいいのです。


佐野陽彦

「CTT」は、「知育(Chi)」「徳育(Toku)」「体育(Tai」の頭文字をとったものです。これら三つを育むことで、自立、協調性、諦めない力、やりぬく力、挑戦する力など、人間力を高めることをコンセプトにしたサッカースクールとなっています。習い事の中でも、サッカーはスイミングに次いで2番目に人気がありますから、多くの子供達が夢中になれるもので人間力を高める要素を入れたいと考えました。


山崎和邦

上昇相場が始まる時期は、「野も山も皆一面に弱気なら、阿保になりて米を買うべし」の格言通り、総悲観になっている時。「皆一面」というのがミソで、己自身も悲観しているのかが重要。他人はそうだけど自分はまだ上がると思っているような時期には手を出さない。


井上高志

部下に仕事を頼むときは、自分から相手のもとへ行くということが大事です。イレギュラーな仕事を頼むのに「井上君、ちょっと来てくれ」はまずいでしょう。自分の席に呼ぶのではなく、逆に自分から相手の方へ近づいていって「ちょっと、いまいいかな?」と語りかける。そういう気配りも必要だと思います。


尾崎元規

いまの時代、企業はどのように情報を収集し、どう発信するかをきちんとコントロールする必要があります。だからこそ、トップが責任を持って決意を示し、その活用についてトップが旗を振らなければいけない。組織内で情報の温度差が生まれることは絶対に避けなければいけない。そのためにもITに関する基本的な考え方やコアの部分について責任を持って進める必要があると思う。


谷田千里

まず5分間でいいので、いま目の前のどこかを整理してみてください。5分間のはずが、いろいろ気になって1時間も片づけてしまった、という人もいるでしょう。整理し始めると、止まらなくなったりしますので。