名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

岸隆司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岸隆司のプロフィール

岸隆司、きし・たかし。日本の経営者。「総合資格学院」などを展開する「総合資格」社長。鳥取県出身。関西大学法学部卒業。中部資格協会(のちの総合資格)を設立。

岸隆司の名言 一覧

インプットだけでなくアウトプットにも注力することで、学習効率が高まる。


大切なのは、何をどこまでやれば合格することができるかを指導すること。


大切なことは、建築士の資格を取るための学校ではなく、建築家とは後世に残る建築物をつくる責任ある仕事であり、だからこそこんなに夢のある仕事だということをしっかり教えていきたいのです。


受講生の大部分は社会人です。業務が多忙で出席できないこともあるでしょう。しかし、高い受講料を払って入校した以上、資格取得への意欲は強いはずです。休みがちになるのは、忙しいと言うより講義に問題があるのです。ですから講師の評価のひとつは受講生の出席率を落とさせないことです。出席率が良く合格率が上がれば講師の評価も給料も上がります。逆の場合には翌年にはお願いしないこともあります。


岸隆司の経歴・略歴

岸隆司、きし・たかし。日本の経営者。「総合資格学院」などを展開する「総合資格」社長。鳥取県出身。関西大学法学部卒業。中部資格協会(のちの総合資格)を設立。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

日本で新型インフルエンザが大流行していた頃のことです。マスクが飛ぶように売れ、エステーでも増産に次ぐ増産を指示していました。しかし、調子に乗った時が危ない。ある時、ふとそう思って減産を決断しました。まだマスク需要が旺盛だった段階だったので、社内からは大反対に遭いました。それでも私は譲らなかった。しばらくすると、新型インフルエンザ騒ぎは沈静化して、あっという間にマスク市場は冷え込みました。大量の返品に苦しむメーカーが何社かありましたが、エステーは難を逃れました。


昆政彦

当社は一つの技術で一つの製品をつくるというより、あらゆる技術を組み合わせて製品をつくっていくのが得意。ウインドウフィルムで言うと、技術の掛け合わせで、熱と透明度という二つの要素を一気に解決するような商品ができていく。


浅野純次

独占は基本的には良いことではない。だから競争が存在する心持ちを忘れず安くて良い商品を提供し続けられるよう、関係の人たちには努力を期待したい。


宮内義彦

ガバナンスをしっかりするのは経営者にとって厳しいこと。でも、本当はガバナンスが厳しいほうが経営者を守ることになるんです。(社外取締役などから)「君、しっかりしなさい」といわれたら、これはまずいと思うじゃないですか。


クリス・アンダーソン

ユーチューブで最も人気のある動画でさえ、標準的なハリウッド映画の質にはまったく及ばない。解像度は低く、照明は下手で、音声も聞き取りにくく、話の筋など存在しない。しかし、そんなことは関係ない。なぜなら、最も重要なのは関連性だからだ。私たちが選ぶのはいつでも、自分が求めていない「質の高い」動画ではなく、「質が悪く」ても、求めている内容の動画なのだ。


鷲北貴史

今の自分を作り上げたのは失敗に次ぐ失敗の経験。世間では挫折と思われる経験もしました。でも落ち込むことはもうありません。失敗を前向きに捉えられるようになったからです。


大山健太郎

ロマンとか思いが会社を成長させる。資本家は企業理念を実現させるサポーターであればいいんです。


武宮正樹

自分が打ちたい手を素直に打つ。これがなかなかできない。はじめの頃は自分の思う打ち手があるのに、見栄や傍目を気にして「よそ行き」の手を打ってしまう。これ、一番いけないことなんです。自分の打ちたい手を打てば、たとえ間違っていても反省材料になるし、自分でも納得がいく。


吉野真由美

無理な要求を通そうとする熱意ある相手に対し、その要求を角を立てずにやんわりと退ける方法として有効なのは、「3か月後に実行しようと思います」という言い方です。「そのうちに」という言葉を使うと、「いまスタートすることの重要性」について熱心なプレゼンを延々と聞かされる羽目になるので避けるべきです。大抵の場合、3か月後には相手のターゲットは他へと移っているはずです。


西脇俊二

人間関係のストレスを減らすため大切なことは、他人に期待しないこと。


石川光久

エンタテイメントは何かを人に伝える仕事だから、なかなか結果が出づらいし、才能が見えないだけにやっかいです。それだけに我慢とか継続が才能の一つになります。人間は目標がないとなかなか我慢や継続が難しい。昔は口で言わなくても背中で夢を語ることができたからよかったのですが。だからうちでは、個人が強い夢を持っていないとダメだし、個人が夢を語れないと組織としての魅力もなくなってしまう。


小池利和

私が米国販売会社の社長に就任した年、アルゼンチン政府がデフォルト宣言しました。米ドル建てで納品しているため、在庫品の価値は一気に4分の1に下がりました。アルゼンチン販社の社長は「早めに事業を畳んでこれ以上の損失を抑えよう」という考えでした。しかし、私は「売掛金を回収して、在庫の品を1円でも高く売れ。兵糧が絶えるまで耐えろ」と檄を飛ばした。これが奏功しました。競合するメーカーが相次いでアルゼンチンから撤退したため、同国ではプリンターや複合機などでブラザーのものしか買えなくなったのです。アルゼンチン政府が変動相場制を導入して市場の混乱が沈静化してくると、トナーなどの消耗品はある程度高くても買ってもらえるようになりました。