名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岸谷五朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岸谷五朗のプロフィール

岸谷五朗、きしたにごろう。日本の俳優、ディスクジョッキー。東京出身。中央大学商学部入学後、三宅裕司率いる劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団。同劇団の看板役者として活躍したのち独立。企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。舞台、映画、テレビ、ラジオなどで活躍した。主な受賞に毎日映画コンクール男優主演賞、キネマ旬報賞新人男優賞、ブルーリボン賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞・助演男優賞、高崎映画祭最優秀新人男優賞、日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞ほか。

岸谷五朗の名言 一覧

目の前の作品にどれだけ真剣に燃焼できるか、それが大事ですね。産みの苦しみはやっぱり何にでもありますよ。でも、自分のなかでいい舞台をつくりたいっていう「飢え」があるから頑張れる。それがないと、苦しくてやっていられないでしょうね。


舞台を観にくるお客さんって、本当にこちらが死に物狂いで演じないと、楽しんでくれない。ギリギリまで頑張らないと感動してもらえないんです。


まだまだやりたい芝居はいっぱいあります。ネタは全然尽きませんよ。


舞台づくりならではの苦労?そりゃもう全部(笑)。舞台は肉体を駆使して表現するエンターテインメントですから。


地球ゴージャスを立ち上げきっかけは阪神・淡路大震災でした。あのとき医者は人を助けて、大工は家を建て直すことができたけど、俳優は何ができるのかと考えたとき、無力な職業だなって思ったんです。そんなとき、テレビでどこかの国の戦争の場面を見かけました。街が破壊されているのに、その人たちが壁に映し出された映画を観て笑っていたんです。「これだ」と思いましたね。唯一自分ができるのは、人の心を和ませること、人の心をゴージャスにすることだと……。だから、自分は人の心や地球全体をゴージャスに飾っていきたいと考えて、1994年に「地球ゴージャス」を結成したわけです。


岸谷五朗の経歴・略歴

岸谷五朗、きしたにごろう。日本の俳優、ディスクジョッキー。東京出身。中央大学商学部入学後、三宅裕司率いる劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団。同劇団の看板役者として活躍したのち独立。企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。舞台、映画、テレビ、ラジオなどで活躍した。主な受賞に毎日映画コンクール男優主演賞、キネマ旬報賞新人男優賞、ブルーリボン賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞・助演男優賞、高崎映画祭最優秀新人男優賞、日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞ほか。

他の記事も読んでみる

森川徹治

ガバナンスに必要なのは透明性。情報によって、会社の透明性を向上させることが重要。


五郎丸歩

誰がスタメンでも、日本代表チームの根底に日本人の特性があることに変わりはありません。その一つが、根気強さだと思います。これは、世界一でしょう。


ニーチェ

私はお前たちに私と同じ冒険を、あるいは冒険とは言わぬまでも同じ孤独を勧めるなどと思わぬがいい。なぜなら、自分自身の道を行く者は誰にも会わないからである。自分自身の道とはそうしたものである。誰もそこでは助けに来てくれない。危険、偶発、悪意、悪天候に遭遇したならば、自力で切り抜けねばならない。自分の道をまさに自分のために進んでいるのだから。


寺田直行

食品関連市場は好調です。人口は減っていますが、この5年、メーカーの生産額は増えています。背景にあるのはく明らかに消費者の健康志向です。ただし、健康志向も多様化しているので、どこにフォーカスするかは難しい。会社をさらに利益体質にしていくには、商品を絞り込む必要もあります。事業拡大と絞り込みの両立は、今後の課題です。


林野宏

景気がいいころは市場が成長し各社はそのパイを分け合いました。それはバトルロイヤルのようで一見派手ですが、勝ち負けが明確ではなく、ダラダラと試合が続くような印象でした。しかし現状は、やるかやられるかの真剣勝負で1秒たりとも気が抜けません。


窪山哲雄

ホテル業界では、遊びや趣味も仕事に活きてきます。たとえば、ゴルフをしたりワインを飲んだりすることは、仕事にも十分役に立つ。でも考えてみれば、存分に遊び、存分に勉強することは、多くの業種や職種で、仕事にも反映できるように思います。


鎌田浩毅

ノートを書くのが好きな人が陥りやすい失敗として、ノートという途中のものはよくできているのに、肝心のアウトプットの出来がよくないことがあります。書いたノート自体が美しい作品になってしまうと、かえって頭に残らないんじゃないかな。ノートに全精力を費やしても、頭を素通りしてしまっては、知的生産としてはムダです。ノートは通過点にすぎず、最終的には、他人にもわかる成果が出なければならないんです。僕はこれを「アウトプット優先主義」と呼んでいます。


松井忠三

始めたら成果が出るところまでやりきる徹底力が大切。


前澤友作

とにかく二番煎じが嫌なんです。他の人と同じことをやっても仕方がない。


杉山金太郎

私が米国に行ったのは第一次欧州大戦当時であるが、各地を旅行してみると、土地は広いし天然資源には恵まれ、どうもすべての点で、米国は日本より優れている。何か日本が米国に勝るものはないかと、日夜、そのことが心を離れなかったが、人間こそ宝だと私は考えついたのである。それは要するに教育であり、とくに応用化学、農芸化学を推奨し、この研究で新しい発明を生み出し、物資の不足を補っていくべきである。


中村扇雀・3代目

僕は人にしても物にしても、ひとめぼれがほとんどです。基本、好き嫌いがはっきりしているので、瞬間的に「いいな」と思わないと好きになれない。その代わり、一度気に入ったものにはとことんまで惚れ込みます。歌舞伎は地方公演も多いから、あちらこちらの土地に行くんだけど、まずはお気に入りのバーとお寿司屋さんを見つけないと落ち着けません。いい店は入った瞬間に「あ、ここだ」とわかるんですよ。ものだって同じでね。20歳の時に手に入れたパターはひとめぼれで、もう30年以上も使い続けています。ゴルフをする人なら、それは普通あり得ないことだとわかってもらえるはずだけど。


山崎将志

問題解決のためのアイデアはできるだけ早く試すにこしたことはありません。それが早ければ早いほど、速やかに解決策に行き着けます。そのことを知っている人こそが、問題解決力のある人という気がします。