名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岸田雅裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岸田雅裕のプロフィール

岸田雅裕、きしだ・まさひろ。日本のコンサルタント。「A.T.カーニー」日本代表。愛媛県出身。東京大学経済学部卒業後、パルコ、日本総合研究所を経てニューヨーク大学スターン経営大学院でMBAを取得。米ブーズ・アレン&ハミルトン、独ローランド・ベルガー、米ブーズ&カンパニーなどを経て米A.T.カーニーに参画。その後、日本代表に就任。

岸田雅裕の名言 一覧

目先のお金に追われるのではなく、妥協せず、自分に投資すればお金は後からついてくる。


「元を取れるかどうか」は重要ではない。これを考え出した途端、「期待外れだったらお金がもったいないから、少し安いのにしようか」などと妥協するようになってしまう。


一番欲しいもの以外を選ぶなら、お金が貯まるまで我慢した方がいい。


私の周囲で成功している人は、お金の使い方がきれいです。彼らが成功しているのは、実力に加えて、その「生き様」に共感する人たちが周りに集まるからでもあると思います。


転職希望者から「外資系コンサルって、給料はどのくらいもらえるんですか?」と聞かれることがあります。そんな時、私は「報酬が目的で入社する人は、同じ動機で早晩、辞めることになるから入社は薦めない」と言います。リーマンショックの時、投資銀行の年俸があり得ないほど下がり、「俺の価値が暴落した」と言った知人がいましたが、とても不幸な考えだと思いました。


自分が本当に欲しいものを買うには10万円必要だけど、8万円しか手元にないとします。この時、8万円で手に入るもので妥協すると「本当はもっといいものが欲しかった」という気持ちが残ってしまう。そんな気持ちで所有しているものに、目いっぱいの愛情を注げるとは思えません。だから私は、妥協するぐらいなら買わないことにしているんです。


「欲しいものは妥協せず、手に入れる」が、私の行動原則。限りあるお金の範囲内で「なりたい姿」を実現するために、ちゃんとマイルールを定めています。それは、「使うと自分が成長できそうなもの」だけを、買うということ。


岸田雅裕の経歴・略歴

岸田雅裕、きしだ・まさひろ。日本のコンサルタント。「A.T.カーニー」日本代表。愛媛県出身。東京大学経済学部卒業後、パルコ、日本総合研究所を経てニューヨーク大学スターン経営大学院でMBAを取得。米ブーズ・アレン&ハミルトン、独ローランド・ベルガー、米ブーズ&カンパニーなどを経て米A.T.カーニーに参画。その後、日本代表に就任。

他の記事も読んでみる

神田昌典

強力な物語を持った企業は、消費者からの圧倒的な支持を受けるだけではなく、そこで働く人たちも元気にします。なぜなら彼らは働くことによって「他者や社会や地球のために、自己の能力や可能性を発揮している」という自己実現願望を満たすことができるわけですから。


傳田信行

数年先の目標を定め、具体的なイメージを描き、達成に向けて努力しろ。


臼井由妃

情報に関しては、とくに今日、変化のスピードが速いことに留意しなければなりません。情報収集に時間をかけているうちに、更新や改善が進み、場合によっては古い情報は無用になってしまうのです。ですから、メモやファイリング、記事のスクラップなどに時間をかけるのは無駄であると思っています。私は最初から8割を捨てるつもりで情報収集しています。


木暮太一

自分の給与がどのようなルールで決められているかを、ご存じだろうか。大半の人が、額面や手取りの金額ばかりに目を奪われて、給与の「成り立ち」について理解していないのではないか。つまり、多くのビジネスマンは、ルールも知らずにスポーツをやっているようなものなのだ。だから、「がんばっているのに給与が上がらない」とぼやくはめになる。ルールを知らずに無闇にがんばったところで、給与が上がらないのは当然なのだ。


坂根正弘

「日本経済はもうダメだ」などという悲観論が蔓延していますが、冷静にみればまだまだ競争力を失っていません。国を挙げてやるべきことをやれば日本企業は今後も十分発展できます。


坂戸健司

人間は同じものを見聞きしても関心のある情報しか拾いません。常にフィルターを通して取捨選択している。ならば、キーワードを決めてフィルターを意図的に操作し、対象を絞り込んで観察する。今まで気にもしなかったものが、自然と視界に飛び込んできて、新たな発見につながる。


西原理恵子

自分の実力を認めるって怖いもんね。でも、要らんプライドをへし折られて、初めて自分の立ち位置がわかるから、若いうちはどんどん失敗したらいいんです。


蒲生氏郷

春夏秋冬どれか一つにかたよらず、家風を正すことが主将の器と言うべきであろう。
【覚書き|優しさだけでなく、厳しさだけでなく均整のとれた家風をつくり上げることができるかどうかがリーダーの器という趣旨の発言】


小林喜光

最後は、いかに付加価値を上げるかということに行き着く。そのためにも、コトづくり、ストーリーづくりが大切。


吉永小百合

スポーツ選手とかは結果が全部数字に出ますよね。だけど私たちの仕事っていうのは、どこまでやれるか自分の感覚しかなくて、どこで幕を下ろすのか。ただ昔は「引退」っていうと、そのまま原節子さんのように、誰の目にもふれないで生きていけたけれど、今は難しい。だからやっぱり考え直して、自然な形で表現者として生きていくのが一番よいかな、と。


三浦博史

誰でも新しいテーマでスピーチをしようとすると、緊張してしまい、うまくいかないものです。そこで「カラオケ十八番」作戦です。カラオケでいつも同じ歌を歌えばうまくなるように、スピーチも聴衆を問わず、できる限り同じ話を繰り返すのです。カスタマイズは、必要最小限に押さえます。場数をこなすうちに話がうまくなります。


朝原宣治

筋力も骨格も日本人より優れている外国人選手とどう戦うか。私は「彼らが優れている部分」で競争するのではなく、それ以外の能力を伸ばすことで戦おうと考えました。それは、「楽に走ることができるか」「隣のレーンの速い選手を意識せず、自分の走りに集中できるか」といった、本番で自分のパフォーマンスを最大限に発揮するための能力を磨くこと。そのため、自分で心身をコントロールできるよう感覚を磨きました。