岸田雅裕の名言

岸田雅裕のプロフィール

岸田雅裕、きしだ・まさひろ。日本のコンサルタント。「A.T.カーニー」日本代表。愛媛県出身。東京大学経済学部卒業後、パルコ、日本総合研究所を経てニューヨーク大学スターン経営大学院でMBAを取得。米ブーズ・アレン&ハミルトン、独ローランド・ベルガー、米ブーズ&カンパニーなどを経て米A.T.カーニーに参画。その後、日本代表に就任。

岸田雅裕の名言 一覧

目先のお金に追われるのではなく、妥協せず、自分に投資すればお金は後からついてくる。


「元を取れるかどうか」は重要ではない。これを考え出した途端、「期待外れだったらお金がもったいないから、少し安いのにしようか」などと妥協するようになってしまう。


一番欲しいもの以外を選ぶなら、お金が貯まるまで我慢した方がいい。


私の周囲で成功している人は、お金の使い方がきれいです。彼らが成功しているのは、実力に加えて、その「生き様」に共感する人たちが周りに集まるからでもあると思います。


転職希望者から「外資系コンサルって、給料はどのくらいもらえるんですか?」と聞かれることがあります。そんな時、私は「報酬が目的で入社する人は、同じ動機で早晩、辞めることになるから入社は薦めない」と言います。リーマンショックの時、投資銀行の年俸があり得ないほど下がり、「俺の価値が暴落した」と言った知人がいましたが、とても不幸な考えだと思いました。


自分が本当に欲しいものを買うには10万円必要だけど、8万円しか手元にないとします。この時、8万円で手に入るもので妥協すると「本当はもっといいものが欲しかった」という気持ちが残ってしまう。そんな気持ちで所有しているものに、目いっぱいの愛情を注げるとは思えません。だから私は、妥協するぐらいなら買わないことにしているんです。


「欲しいものは妥協せず、手に入れる」が、私の行動原則。限りあるお金の範囲内で「なりたい姿」を実現するために、ちゃんとマイルールを定めています。それは、「使うと自分が成長できそうなもの」だけを、買うということ。


岸田雅裕の経歴・略歴

岸田雅裕、きしだ・まさひろ。日本のコンサルタント。「A.T.カーニー」日本代表。愛媛県出身。東京大学経済学部卒業後、パルコ、日本総合研究所を経てニューヨーク大学スターン経営大学院でMBAを取得。米ブーズ・アレン&ハミルトン、独ローランド・ベルガー、米ブーズ&カンパニーなどを経て米A.T.カーニーに参画。その後、日本代表に就任。

他の記事も読んでみる

杉村太蔵

逆境のときは「いまやるべきこと」に全力で集中する。そしてそういった行動は、たとえ即効性はなくても必ず周囲の人には伝わるもの。逆境のときこそ、「自分の評価を高めようとしないこと」が、結果的に自分の評価を高める。


原晋

私の指導方針の一つの柱が、「規則正しい生活」をすること。朝は5時起床、門限は22時、就寝はカッチリ22時15分です。遊びたい盛りの若者には酷かもしれませんが、朝、決まった時刻に起き、みんなで練習し、食事に気を遣って、同じ時刻に寝る。単純なようで、人として当たり前の生活をするだけで、個々の能力が強化され、タイムに表れる。そして、チームの一体感も高まる。こうした生活の基本、時間の大切さに選手自身が気付き、しっかりと「核」を作ってこそ、1秒にこだわったレースができる。試合中のとっさの判断力、創造性も育まれる。


森岡毅

富士山に登ろうと思ったとき、青木ヶ原の樹海から富士山を見上げても道筋は見えないけれど、富士山の上から見下ろせば「あそこから登れる」「こっちは崖が崩れそうだ」とよく見えます。


谷脇宗

当社では様々な飲食業態を手がけていますが、共通するのは、流行の業態よりも根づいたもののほうがずっと長くやっていけるということ。


高須武男

バンダイとナムコの経営統合のときに中村(雅哉)さんには、持ち株会社で代表権を持つのは1人だけにすべきだと提案しました。ツートップでは社員はまとまりません。中村さんは当初はノーコメントでしたが、最終的には私をトップにしてくれました。その決断には、本当に感謝しています。


有働由美子

いまでも現場に取材に行って、自分で原稿を書くこともあります。もともと記者職が第一志望だったくらいで、書くのは大好きなんです。


林元徳

私には特別な才能がありませんので、優秀な経営者の真似をしたくてもできません。ただ人間が好きですので、いろいろな人との出会いを大切にしています。


松沢幸一

10年前のキリンは、会議と書類が多い会社でした。1980年代後半まで敗北を知らなかったのが一変して、何事につけても計画通りに行かず、言い訳が増えた結果でしょう。こうした会議や書類は消費者のためにはならず、決定的に時間を無駄にしていました。この間、市場は変化しライバル社は動いていたのですから。


岡ノ谷一夫

生き物のコミュニケーションがこれまでどのように進化して、人に行き着き、それに伴って人の心ができてきたのかを知ると、小さなことにくよくよしなくなり、少しは生きやすくなるのではないでしょうか。


本田宗一郎

人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである。長い目で見れば人生にはムダがない。


吉田松陰

彼の道を改めて我が道に従はせ難きは、なお我の万々(ばんばん)彼の道に従ふべからざるごとし。


吉澤欣一

若い社員に熱狂的な雰囲気が欠けている。上と下と両方がから互いに突き合い、攻め合う活力が欲しい。


中村獅童(二代目)

歌舞伎はもともと江戸時代では最先端のカルチャーで、現代のロックの精神に通じるものがある。


片岡聡一

日本の各地域に現在求められているのは何より独自性であり先見性。横並びの意識では生き残っていけません。そう考えたとき、企業というのは常に一歩先、二歩先を考えて他社との差別化を図っている。そうした考え方を市の政策に取り入れていくことは重要です。


橋本和仁

どんなに優れた技術でも、世に出れば模倣され陳腐化するのが運命だ。特許で守るにしても、ゴールが分かっていれば特許を迂回する方法は見つかるものだし、特許なんて関係ないという国や会社は世界中にいくらだってある。


ページの先頭へ