岸田祐介の名言

岸田祐介のプロフィール

岸田祐介、きしだ・ゆうすけ。日本の経営者。オンライン弁当宅配サービス「ごちクル」などを展開する「スターフェスティバル」社長。兵庫県出身。近畿大学中退後、楽天に入社。その後、無店舗弁当店「南青山惣助」オープンを経て「ごちクル」を設立。

岸田祐介の名言 一覧

本当に大事で大変なのは、地味で基本的なこと。


周囲からやりすぎと思われるくらいがちょうどいい。


熱意と強い意志があれば不可能はないし、願いをかなえる手段は必ずある。


ビジネスの本質は信頼されるかどうか。


何より大事なのは、自分の直感を信じて行動すること。周囲に強引だと少々思われても全然いいんです。


つくる、運ぶ、売る、それぞれプロを集めたほうが、お客様にいいサービスを提供できる。


30分で人間を判断する採用面接だって強引じゃないですか。だったら、面接を受ける側も遠慮していてはいけない。相手がゾッとするくらいの熱意を積極的に伝えるべきだと思う。


難解な言葉は使わない。小学生でも理解できる易しい言葉、表現を使うべきでしょう。すると、自分も自信を持って相手と向き合えるから、信頼が生まれてくる。


私は足し算の発想が重要で、そこに成功のカギがあると考えています。既存のものに新たなニーズを加えていく足し算の発想で、今後もサービスの質を高めていけると思っています。


「オリジナリティーは大事」。確かにその通り。でも、「ないものを生み出す」ことがマストではないと思う。iPhoneも、携帯電話に「こんなことができたら便利だね」という機能がどんどん加えられて、今やこれほど人々に支持されているじゃないですか。


「ごちクル」は発展途上です。伸びしろはまだまだある。最近、生花のデリバリーも始めました。パーティーの時など、料理と花を同時に手配できれば、幹事は準備が楽になるでしょう。


結局、ただの「好き」ではダメ。応募者全員が「野球が好きです」と言いますからね。社外からも楽天球団創業メンバーを募ったんですが、こちらは競争率400倍。例えば、「今日開催される、日本のプロ野球と米国のメジャーリーグの全試合の主審の名前を全員挙げられる」と豪語した人。あるいは、新球団のゼネラルマネジャーの自宅の前に3日間泊まり込んで採用を訴え続けた人。2人とも合格したんですが、「好き」の程度がケタ外れでしょう?


IT系で同じことをしている会社さんもいくつかは出始めています。ただ、まだ大きな競合にはなっていないですね。IT企業にとって、お弁当の宅配は案外ハードルが高いんです。ネットだけでなく電話でも注文を受けるコールセンターがいるし、お弁当の商品開発では、卵焼きの味つけをどうしようかということまで考えないといけない。そうすると、一般的なIT企業にいる人材だけでは対応できないので。


世の中には、美味しいけど出前をやっていなかったり、出前しても近所だけという飲食店がたくさんあります。それらの店と契約して料理をお届けできれば、お客様に喜んでいただけるはず。そう考えて、有名店にお声がけしました。


小澤(隆生)さんが「家の前のスペースをタダで貸してあげるから、何かやってみれば」と言ってくれまして。飲食店経営にかかる家賃、人件費、食材原価のうち、家賃がダダになるならチャンスがあるかもしれない。再検討して、お弁当屋さんを始めることにしました。準備万端でエプロンまで揃えたのですが、直前に小澤さんの奥さんから「家の前でお弁当を売られると困る」とストップがかかりまして。結局、事業構想は白紙になりました。でも、結果的にはそれがよかった。リアルな場所がダメならどうすればいいのかと考えた結果、いまのインターネットで販売するモデルにシフトできた。奥さんがノーと言っていなかったら、いまのビジネスはなかったかもしれません。


自分の人生を振り返ったところ、僕はカラオケボックスや楽天デリバリーで食べ物にかかわっている時間が長かった。一方、球団の動員責任者になって、球場にきたお客さんが楽しんでいる光景も心に残っていた。この二つを考えると、食というテーマでたくさんの人に喜びを感じてもらえる仕事がいいなと。


楽天は合計で5年半お世話になりました。もともと30歳で辞めて起業するつもりでした。それは楽天に入社したときに決めていて、入社早々、まわりに宣言していました。退職後に何をするのか決まっていなかったのですが、実際に30歳になってしまったので、もう辞めざるをえないなと。


岸田祐介の経歴・略歴

岸田祐介、きしだ・ゆうすけ。日本の経営者。オンライン弁当宅配サービス「ごちクル」などを展開する「スターフェスティバル」社長。兵庫県出身。近畿大学中退後、楽天に入社。その後、無店舗弁当店「南青山惣助」オープンを経て「ごちクル」を設立。

他の記事も読んでみる

橋下徹

立場・価値観というのは論理的に絶対的に正しいというものがない。自分の価値観はどちらなのかというある意味単純なもの。好き嫌いに近い。


佐瀬守男

タコは値段の変動が激しく、価格に経営状態が左右されていました。そのため、タコを安定的に供給できるようにすることが私たちの最大の課題だった。出された解決方法は2つ。タコを穫る場所から考え直す案と、タコを養殖する案です。タコの養殖は世界に前例がなかったのですが、「初めてを自分たちでやってみよう」ということで養殖に着手しました。


稲盛和夫

環境が良くても悪くても、その中で必死で努力をするのが大切です。最近は、環境が悪いときには悲観して努力をせず、環境が順調であればあったで努力をしようとしない人が多いと思います。環境が悪くても良くても、努力を惜しまない。先が見通せない時代こそ、それを徹底するしかありません。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

目標を達成するには、目標を達成しようと本気で思っているかどうか。これに尽きるのではないでしょうか。


星野佳路

会社員という立場だった時は、課題に直面しても「会社には会社の都合もある。ある程度は仕方がない」などと妥協することもあった。でも、経営者という立場になり、すべて自分で舵を切ることができるようになると意識が変わった。その時から、経営学の本1冊を軸にして、一気に舵を切る方法を取るようになったのです。


向田邦子

言葉は恐ろしい。たとえようもなく気持ちを伝えることの出来るのも言葉だが、相手の急所をグサリと刺して、生涯許せないと思わせる致命傷を与えるのも、また言葉である。


滝久雄

悪意ではなく無意識で行った情報の扱い方が時に不当な結果をもたらす場合もある。そのような事態に気づいた時点で速やかに指摘し、話し合い、あるべき公平な姿を修復するよう努める。ITが関わるビジネスは予想をはるかに超えるビジネススピードで成長するので、対応の速さがとりわけ重要だ。


高井伸夫

仕事柄、成功している企業の社長などとよくお会いしますが、彼らは口をそろえて、今があるのは「出会いに恵まれたから」と言うんです。衝撃的な出会いがあるわけでなく、いい出会いに恵まれる人は、わずかなご縁を大切に育み、良い出会いにしている。つまり、誰しも他人との関係を良縁にし、運命的な出会いにできるんですよ。


澤田秀雄

海外には現在、200以上の店舗があります。理念やポリシーについては、現地の言葉に翻訳して伝えていますが、唱和するという点は日本と変わりません。考え方の基本、つまり理念の重要性は全世界どこでも同じ。


栩木敬

さまざまな休暇制度も現状では必ずしも歓迎されていません。容易には使えないためでしょう。休暇の権利が発生すればすぐに利用する欧州などと違い、日本の会社は代替要員を確保していません。というより、日本の休暇制度はほとんど使わないことが前提だからこそ、代替要員もいないのかもしれませんね。


森内俊之

経験を積むとミスを避けるような指し方もできるようになる。しかし、ミスを避ける指し方では勝てない相手もいる。リスクをとらない勝負をしていると自分の力が伸びていかない。


服部真二

あまりに技術革新しすぎて二歩三歩進んでしまったら、お客さまには受け入れられない。


堀田力

継続的、恒常的に、みんなが自分のできることを少しずつやって助け合っていく社会にしていきたいというのが私たちの願いです。


宮沢俊哉

話すことへのコンプレックス克服は、「自分は話すのが苦手」という思い込みを解くことから始めました。やらされ感があるうちは上手くいきませんが、相手に伝わる話し方の価値や必然性を感じてからは、自分で話し方を工夫するようになりました。いま、自信を持って言えることは、何度もやり続ければいい、いずれ伝わる話し方ができるようになるということです。


菊地哲(経営者)

面白い文章を書くには、当たり前ですが考えなければいけません。それに効くのは、やはり読書体験です。


ページの先頭へ