岸田浩和の名言

岸田浩和のプロフィール

岸田浩和、きしだ・ひろかず。日本の映像作家、映像記者。京都府出身。立命館大学卒業後、レンズメーカー勤務の傍ら、ライター、カメラマンとして活動。その後独立しドキュメンタリー4を設立。

岸田浩和の名言 一覧

気になるメディアの社長が登壇するイベントに押しかけては名刺を渡して売り込みました。本気でかかっていけば、向こうも「こいつは何者だ?」って本気になってくれるんですよ。


35歳を超えて、普通の会社員から映像作家へ。こんな転身ができたのはその年齢が熱源になったからだと思うんです。


岸田浩和の経歴・略歴

岸田浩和、きしだ・ひろかず。日本の映像作家、映像記者。京都府出身。立命館大学卒業後、レンズメーカー勤務の傍ら、ライター、カメラマンとして活動。その後独立しドキュメンタリー4を設立。

他の記事も読んでみる

松本幸夫

「するべきこと」「やっておかなくてはいけないこと」を書いておくのがToDoリストです。ToDoリストは、スケジュール欄と同時に目に入ってくるように、同じ見開きのページに書き込みます。気をつけるのは、スケジュール欄と同じ内容をそのままToDoリストにしないこと。スケジュール欄には書ききれない、細かい作業をリストアップして、ひとつひとつ終わるごとにチェックして消していけば、リズムよく仕事をさばくことができます。


藤原弘治

まずは人を育て、組織を鍛える。金融業は製造業と異なり目に見えないものであり、人そのものがサービスだ。長時間労働の是正はもちろんのこと、成長と挑戦の機会を与え、個が輝き、豊かな人間性を育む土壌を根づかせたい。


佐治信忠

「来年春に出します」というので、私は「冬でもいいからすぐ出せ」と命じて12月に発売しました。当時、新製品を冬に出すビールメーカーはありませんでしたが、いいものなら業界の慣例に従う必要はなく、早く出したほうがいい。先行することが大事です。
【覚書き|発泡酒を開発し売り出したときを振り返っての発言】


八ツ井慶子

「貯蓄」はすべての人にとって重要なテーマです。なぜなら、今の収入をずっと得続けられる人はほとんどいないからです。多くの人はいずれリタイアし、収入は年金のみとなります。そのときに備えて現在の収入から将来の資金を取り分けること、それが貯蓄の役目です。


土屋敦之

業界初の新たな取り組みを始めます。それが高校生の無料利用「HIGH SCHOOL PASS」です。部活や勉強、自分の将来について様々な悩みを抱える時期であるからこそ、心と身体に正しく向き合って欲しいという思いから、この制度を始めました。


ますい志保

いま、いわゆる「つなぐ」ことができる男は本当に強いと思うのです。異なった職種の人どうしをつないだり、他の部署の人を巻き込んだりすることで、大きな仕事ができるからです。


上西京一郎

価値はこちらが提供するものですが、こちらの論理だけで提供しても、結局、消費者から見たら違うよねと言われたら、それは価値ではありません。


中條高徳

小さくてもポジティブな動きが全体に波及していけば、やがて大きなうねりとなり、組織は生き生きと輝き出す。


永守重信

特別なことは何もありません。当たり前にやるべきことを、やっただけです。例えば「怠ける、休む、モノを高く買う、工場が汚い……」ということを全部、改めただけです。
【覚え書き|赤字が続いていた三洋精密を買収し、1年で黒字化したことについて】


鈴木義幸

我々は無意識のうちに、「これは自分に必要な情報」「これは必要ない情報」と分けて情報処理をしています。憧れやビジョンを意識すると、より確実でスピーディに有益な情報を手に入れることができるようになります。反対にビジョンがない人は、「落ちている小判に気づかない」状態なのです。


蒲島郁夫

すべてリスクは取る覚悟で決断しています。


レイ・クロック

やり遂げろ!この世界で継続ほど価値のあるものはない。才能は違う。才能があっても失敗している人はたくさんいる。天才も違う。恵まれなかった天才はことわざになるほどこの世界にいる。教育も違う。世界には教育を受けた落伍者があふれている。信念と継続だけが全能である。


夏野剛

仕事が遅い人は、「15分では仕事が中途半端になるからやめよう」と言ってダラダラ過ごしてしまう傾向があります。15分では仕事が中途半端になるといいますが、仕事はそもそも短時間では終わらないものなので、途中で終わってもいいのです。15分でもいいから先に進めることが大事です。


納富貞嘉

個々のスキルを高く保つこと、そして新しい技術にも取り組んで行く姿勢は起業して以来ずっとこだわりを持ち続けています。ITの世界は日進月歩のため、技術をキャッチアップするのは容易ではありません。でも、そこにとにかくこだわっていく。


横田雅俊

部下に成功体験を積ませることも効果的だ。ここでいう成功体験とは、大きな案件を受注することではない。必要なのは、プロセスの成功体験。アポが取れなかった顧客とようやく会えた、キーマンが不明だったのにヒアリングを通して判明したといった小さなプロセスを一歩前に進めた経験を積ませることで、部下に自信をつけさせていく。


ページの先頭へ