名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

岸本正壽の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岸本正壽のプロフィール

岸本正壽、きしもと・まさとし。日本の経営者。オリンパスの社長・会長。鳥取県出身。早稲田大学法学部卒業後、オリンパスに入社。第一営業部長、取締役、経理部長、常務、広報室長、専務などを経て社長・会長を務めた。オーストリア共和国有功大栄誉金章星付勲章、ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章、旭日中綬章を受章。

岸本正壽の名言 一覧

構造改革はもちろん必要ですが、それだけでは日本の企業が力強さを取り戻すのは難しいでしょう。新製品、新事業で活力を高めるという企業本来の姿を見失ってはいけません。


投資のカネをつける、人を振り向けるだけでは足りません。ことあるごとにスピーチで話したり、デバイスメーカーとの交渉にトップ自ら乗り込んだり、あらゆる手を尽くしてやる気を示し、会社の協力体制を作る必要があります。


私は伊那工場に勤務していた入社2年目に、自ら提案して顕微鏡の原価計算の方法を変更した経験があります。ドイツでは内視鏡など医療分野の市場導入をし、販売事業を一から立ち上げました。新しいことに挑戦することは、企業活動の原点です。


デジカメの成功は世の流れに適合したという幸運もありました。ただ、新事業を起こすための手順、手法を決め、闇雲に新しい事業に金を突っ込んでしまう愚を避ける手も打っているんです。具体的には、事業のチャンスはあるのか、技術や販売網など保有資産を有効活用できるか、3年目には収支がトントンになり5年目で累積損失を一掃できる目途があるのか、という3つを新規参入の条件として明確に打ち出しました。


新製品の第一弾となったのが、デジタルカメラでした。デジカメには、半導体デバイス、電子回路、光学系の三つの技術が必要ですが、当社が得意とするのはレンズなどの光学技術しかありません。この光学技術を生かせるよう、高画質を追求した戦略がうまく当たりました。デジカメの成功で社内が活性化され、赤字だった既存のカメラ事業さえ黒字転換する効果も出ました。


当社は顕微鏡に始まり、カメラ、内視鏡とざっと17から18年単位で事業を創生してきましたが、光磁気ディスク(MO)などの情報機器を最後にしばらく目ぼしい事業がありませんでした。社長になったとき、さっそく新事業の創生を経営方針の柱に掲げました。技術のネタを培養し、新事業として立ち上げるかどうかを検討する専任部署を設け、事業家までに6回の常務会が必要だったのを半分の3回で済むようにしました。


有力な新規事業が出れば、市場が成熟化している既存事業の人材や技術資産といった経営資源を有効活用する道が開けます。単に収益水準を押し上げる以上の効果が出て来るのです。経営トップは何よりも新規事業の育成にリーダーシップを発揮すべきだと思います。


人事を堤に例える考え方があります。山の湧水をためておき、田植えのときに開け放って水を流す。あの堤です。かけがえのない水も、あまり長くとどめておくと藻が生え腐ってしまう。だから人事は停滞させることなく、流していかないといけない。メーカーの場合、それには何よりも新製品、新事業を立ち上げることが重要です。


経営トップは何よりも、新事業の育成にリーダーシップを発揮すべきだ。
【覚書き:デジタルカメラ事業の成功後、未知のデジタルカメラ分野に挑んだことについて語った言葉】


岸本正壽の経歴・略歴

岸本正壽、きしもと・まさとし。日本の経営者。オリンパスの社長・会長。鳥取県出身。早稲田大学法学部卒業後、オリンパスに入社。第一営業部長、取締役、経理部長、常務、広報室長、専務などを経て社長・会長を務めた。オーストリア共和国有功大栄誉金章星付勲章、ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章、旭日中綬章を受章。

他の記事も読んでみる

兼元謙任

頭の中の回路を、目標を「考える」から、勇気を出して目標を「決める」に切り替える必要があります。ああでもないこうでもないと悩んでいるだけでは、目標なんていつまで経っても決まらないし、目標が決まらなければモチベーションも上がらないということを知っておくべきです。


松本久晃

当社も自社内でエコ活動を積極的に行っています。若い社員たちがポジティブに楽しみながらやってくれていることが何よりも嬉しい。自分たちが会社を創りあげていく気概が芽生えてきたのではないでしょうか。


矢野博丈

知恵を働かせることができるのも、人間が将来を怖がる生き物だからなんです。せっかくそうした感性があるのだから、格好つけずに将来を思う存分におそれればいいと思います。不安が強ければ強いほど、努力ができるはずですから。


三木雄信

些細なことでも、できることを実行することで、不安は確実に減っていきます。


信田さよ子

兄弟で同じスポーツや習い事をするのは避けたほうがよいでしょう。もし、兄弟が同じ習い事をすることになっても、親は絶対に兄弟を比較してはいけません。親がしなくても、世間が勝手に比較します。親くらいは比較せずに、それぞれの存在を認めてあげましょう。


岩瀬大輔

年齢も出身も経歴も、様々なバックグラウンドの仲間がいるほど強いことはありません。多様性こそ、アイデアや勢いを生み出す原動力です。


松下幸之助

まず汗を出せ。汗の中から知恵を出せ。それができない者は去れ。


牧野正幸

私は「新しいものを作り上げたい、新しい仕組みで社会貢献したい」と思っている若いビジネスパーソンには、ぜひ「最悪の丸投げ」環境で働くことにチャレンジしてほしいと思う。こういう環境でこそ、人は最速で成長できると思うからです。


平尾喜昭

仮説を言われても自分はそうは思わない、ということは多いはず。でも数字で明らかにすれば、結果に納得感が生まれる。


和田毅

挑戦してよかった。人生って、なかなか思うようにいかないもの。だからこそ人生って面白いんじゃないですか!


横田雅俊

営業マンの中には「相手が腕を組んだら拒絶サイン」などと、しぐさから感情を読み取ろうとする人がいます。しかし目や手の「動き」に注目するほうが効果的です。しぐさはその人の癖と見分けにくく、必ずしも内心を表しているとは限りませんが、面談中に何かに触れたり視線を宙に投げたりする「変化」は、感情の動きを表すからです。手の動作に「急にメモを取り出す」「片手でもう一方の手をつかむ」「資料に触る」といった変化があれば、何かしらその原因があるはずです。その原因こそが相手の本音に直結します。


福原義春

よく自分探しと言いますけど、あんまり自分探しに深くのめりこんじゃって、何が何だか分からなくなっちゃうような必要はぜんぜんない。自分は社会に対して何をしてあげられるのか。もしボランティアをしてそれが役に立てばそれでもいいじゃないですか。そのうち、さらに自分が何であるかということをもっと深く知るようになると思う。そうすると自分らしい自分を考えていく。そして人と付き合っていく。さらに社会の中で成長していく。そう考えることが大事だと思うんです。