岸本正壽の名言

岸本正壽のプロフィール

岸本正壽、きしもと・まさとし。日本の経営者。オリンパスの社長・会長。鳥取県出身。早稲田大学法学部卒業後、オリンパスに入社。第一営業部長、取締役、経理部長、常務、広報室長、専務などを経て社長・会長を務めた。オーストリア共和国有功大栄誉金章星付勲章、ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章、旭日中綬章を受章。

岸本正壽の名言 一覧

構造改革はもちろん必要ですが、それだけでは日本の企業が力強さを取り戻すのは難しいでしょう。新製品、新事業で活力を高めるという企業本来の姿を見失ってはいけません。


投資のカネをつける、人を振り向けるだけでは足りません。ことあるごとにスピーチで話したり、デバイスメーカーとの交渉にトップ自ら乗り込んだり、あらゆる手を尽くしてやる気を示し、会社の協力体制を作る必要があります。


私は伊那工場に勤務していた入社2年目に、自ら提案して顕微鏡の原価計算の方法を変更した経験があります。ドイツでは内視鏡など医療分野の市場導入をし、販売事業を一から立ち上げました。新しいことに挑戦することは、企業活動の原点です。


デジカメの成功は世の流れに適合したという幸運もありました。ただ、新事業を起こすための手順、手法を決め、闇雲に新しい事業に金を突っ込んでしまう愚を避ける手も打っているんです。具体的には、事業のチャンスはあるのか、技術や販売網など保有資産を有効活用できるか、3年目には収支がトントンになり5年目で累積損失を一掃できる目途があるのか、という3つを新規参入の条件として明確に打ち出しました。


新製品の第一弾となったのが、デジタルカメラでした。デジカメには、半導体デバイス、電子回路、光学系の三つの技術が必要ですが、当社が得意とするのはレンズなどの光学技術しかありません。この光学技術を生かせるよう、高画質を追求した戦略がうまく当たりました。デジカメの成功で社内が活性化され、赤字だった既存のカメラ事業さえ黒字転換する効果も出ました。


当社は顕微鏡に始まり、カメラ、内視鏡とざっと17から18年単位で事業を創生してきましたが、光磁気ディスク(MO)などの情報機器を最後にしばらく目ぼしい事業がありませんでした。社長になったとき、さっそく新事業の創生を経営方針の柱に掲げました。技術のネタを培養し、新事業として立ち上げるかどうかを検討する専任部署を設け、事業家までに6回の常務会が必要だったのを半分の3回で済むようにしました。


有力な新規事業が出れば、市場が成熟化している既存事業の人材や技術資産といった経営資源を有効活用する道が開けます。単に収益水準を押し上げる以上の効果が出て来るのです。経営トップは何よりも新規事業の育成にリーダーシップを発揮すべきだと思います。


人事を堤に例える考え方があります。山の湧水をためておき、田植えのときに開け放って水を流す。あの堤です。かけがえのない水も、あまり長くとどめておくと藻が生え腐ってしまう。だから人事は停滞させることなく、流していかないといけない。メーカーの場合、それには何よりも新製品、新事業を立ち上げることが重要です。


経営トップは何よりも、新事業の育成にリーダーシップを発揮すべきだ。
【覚書き:デジタルカメラ事業の成功後、未知のデジタルカメラ分野に挑んだことについて語った言葉】


岸本正壽の経歴・略歴

岸本正壽、きしもと・まさとし。日本の経営者。オリンパスの社長・会長。鳥取県出身。早稲田大学法学部卒業後、オリンパスに入社。第一営業部長、取締役、経理部長、常務、広報室長、専務などを経て社長・会長を務めた。オーストリア共和国有功大栄誉金章星付勲章、ドイツ連邦共和国功労勲章大功労十字章、旭日中綬章を受章。

他の記事も読んでみる

菅谷信一

大企業に勤めていた人は、会社の看板を使って簡単に集客していたことでしょう。だから、どうしても集客を軽視し、商品の向上や優秀な人材の採用などに力を入れがちです。ところが、起業するときは優先順位が間違っています。社内の体制づくりより、集客の方が業績への影響力が大きいのです。


冨田和成

支出を抑える極意があるとするならただ一つ。大きな支出だけをコントロールすることです。血眼になって1円単位でお金をためても効果は限定的です。20代の前半に家計簿を付けていた時期があります。その結果、出費の大部分は自分の目標にとって必要ではない交際費で使われていることに気付きました。そうやってフィルターを掛けていくと、参加しなくてもいい飲み会が意外と多いことに気付きます。そこで私は考え方を改め、無駄な宴席には出ないと決めました。そうしてたまったお金で本を買ったり、スーツを買ったり、自分の仕事につながる分野に投資したりしていくことにしました。営業をしていたおかげもあって、その成果はすぐに収入面で出ましたし、この時の判断は私の成長にとって大きなターニングポイントになったと思います。


鏡リュウジ

仕事をすれば、必然的に多くの人と関わりをもつことになります。ですから、仕事運のよし悪しは人間関係に左右されるといっていい。いい人間関係の流れにいるか、悪い流れにいるか。その違いが一番大きいと思います。


平野友朗

良いメールかどうかを判断するのは書いた本人ではなく、受信した相手です。少しでも不愉快に思う人がいることはやらない方がよいでしょう。


伊藤真(弁護士)

流れのある話は、聞き手に時間を感じさせません。そのためには、メリハリをつけて話すことがポイントです。笑いがあれば緊張もあり、やさしい口調もあれば声を荒げる場面もある。内容についても、ヤマをどこに置くのか、あらかじめ頭の中でシナリオをつくっておきます。


佐野健一

新たなテクノロジーを駆使しながら、お客様のご要望にお応えしていく。そして価格競争力が圧倒的にある状態をつくり出すのが重要なポイント。


堺屋太一

経済格差があることがいいことか、悪いことか、これは難しい問題です。格差=悪と決めつけることは、ある一定の生き方、働き方を強要することにもなりかねません。誰もが正社員になって終身雇用で働いていた時代は、確かに格差は小さかった。でも、正社員と同じ給料でなくても、その分時間が欲しいという人もいるでしょう。働き方、生き方を自由に選べる社会では、結果として経済(所得)格差は残る。これは仕方がないことです。


鎌田浩毅

結果的に冒頭部分を最後に書くことになっても構いません。無理して最初から書き出すより、ずっと早く文章が完成するはずです。


猪熊弦一郎

絵はたまに描いたんでは駄目なんです。毎日頭から絞り出していないといけない。絵を描くには勇気がいるよ。


酒井貞彦

独立前に私が勤めていたのはある電機メーカーです。輸出業務に携わり、納入先のバイヤーともいろいろと付き合いがありました。そうした外国人バイヤーと話しているときに愕然としたのが、休日の過ごし方の違いです。彼らは実に多彩な趣味を持ち、生活を楽しんでいる。日本人の所得水準も急速に上がっていたので、いずれ欧米のようなライフスタイルへ移行していくことは自明の理でした。「レジャー関連産業は有望だ」と会社を設立することにしました。


梯谷幸司

「お金儲けは悪いこと」「私はお金のために働いているわけではない」と考えているうちは、大きな利益を生む発想などわきません。大事にしている価値を洗い出し、その優先順位を上げ下げすることで「自分を動かすプログラム」を作りましょう。


ヒラリー・クリントン

ファーストレディに訓練用のマニュアルなどなかった。この仕事に就いたのは、結婚した相手の男が大統領になったからだ。私の先輩たちは、それぞれ自分なりの姿勢、期待、好き嫌い、夢、疑問をホワイトハウスに持ち込んだ。どの人も自分自身の興味、スタイルを反映させて、それが夫、家族、国の要求に叶うようにバランスを取った。私もそうする気だった。私以前のファーストレディと同じように、私が引き継いだ機会と責任にどう応じていくか決めなければならなかった。


西山昭彦

会社という組織は、上にいくほどポストが少なくなります。必要とされなければ、それまでどんなに順調にきていてもスポイルされる。まして経営が厳しいこのご時世、誰もが明日「どん底」に陥る可能性がある。


矢部輝夫

当社では清掃活動を「新幹線劇場」と呼んでいます。これはお客さまが主役で、私たち従業員が脇役となって、一緒にこの場所で素晴らしい思い出を作ろうという意味合いです。


横山光昭

同じくらいの収入でも、確実に貯金ができる人と、あるだけ使い切ってしまい、ときには借金までつくってしまう人がいます。年収が高いからといって、貯金が多いとは限りません。私はこういった差は、お金の使い方について「自分の軸(価値観)」を持っているか否かによって生まれると考えています。


ページの先頭へ