岸上克彦の名言

岸上克彦のプロフィール

岸上克彦、きしがみ・かつひこ。日本の経営者。「アサヒ飲料」「カルピス」社長。京都出身。立教大学経済学部卒業後、カルピス食品工業(のちのカルピス)に入社。常務執行役員、アサヒ飲料専務などを経てアサヒ飲料、カルピス社長に就任。

岸上克彦の名言 一覧

メーカーとして、商品の供給を途絶えさせることは許されない。


商品の価値をどう伝え、ブランド力を高めるにはどうしたらいいか。今も変わらず持っている問題意識です。


岸上克彦の経歴・略歴

岸上克彦、きしがみ・かつひこ。日本の経営者。「アサヒ飲料」「カルピス」社長。京都出身。立教大学経済学部卒業後、カルピス食品工業(のちのカルピス)に入社。常務執行役員、アサヒ飲料専務などを経てアサヒ飲料、カルピス社長に就任。

他の記事も読んでみる

大内厚

副支店長として赴任した当時の大阪は、東京など国内の他都市と比べて経済環境が優れず、客先である企業の設備投資も活発ではありませんでした。そうした諸々の環境があるために、当時の大阪支店の営業部門には、諦めムードが漂っていました。しかし、状況はどうあれ、諦めるわけにはいきせん。赴任後すぐに、自らが範を示すつもりで積極的に外へ出ることにしました。


渡邉洋介

以前、社内のさまざまな企画書を読んでみたところ、アイデアがすごいなと思った企画書は、どれもわかりやすく書かれていました。ビジネス文書というと、自分を賢く見せようとしたり、知識をたくさん書きたくなりますが、相手はそれを求めていません。こちらの思いを押しつけることなく、専門用語を含まない平易な言葉の使用を心がけるべき。


築山節

朝の時間を有効に活用するキーワードは、「手・口・足を動かせ」です。朝の脳はぼんやりしています。覚醒度は低い。そこで、起床後2時間、脳の運動系と呼ばれる機能を使うことでウォーミングアップをするのです。ウォーキング、部屋の片付け、朝ごはんづくり、家庭菜園、ゴミ出し、丁寧な歯磨き・洗顔など、ごく簡単にできることはたくさんあります。


大川隆法

イノベーションには非常に難しい面があります。これまで自分たちにとって大事であったものや、成功の要因であったもの、うまくいっていたものを、自ら捨てていくことがあるため、自分の内部に敵と味方が住んでいるようなかたちになるのです。


竹中平蔵

マーケットを広げるには消費者の教育も必要。


西田文郎

どんな困難があっても「自分はできる」と、そんな楽観的な思考が、壁を楽々と乗り越える原動力になる。否定的な意識をなくすと、壁という認織すらもなくなる。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

メンバーを見守り続けること、人間を見ていくこと、それを面倒くさいと感じるならば、あなたはリーダーになどなるべきではない。だからこそリーダーは現場に降りてメンバーのすることを丹念に見つめなければならない。何度でも繰り返すが、椅子にふんぞり返っている暇などないのだ。


夏野剛

人に対して何か働きかけるとか、ゴマをするとかいうのは、すごくつまらない。というのは、そういう人との関係はその会社限定のことだからです。


パルメニデス

あるものはあり、あらぬものはあらぬ。


上野和典

去年売れたものを、マイナーチェンジしてもう一度出す、といった方法は3回が限界。それ以上やると飽きられます。定番となっているコンテンツを扱う際は、とくに意識して新規性を出すよう努めています。


上岡敏之

新日本フィルの活動拠点は、東京都墨田区の「すみだトリフォニーホール」。墨田区もこのホールも、音楽をやるのにちょうどいい大きさです。我々も、もっと地元の皆さんに愛されるオーケストラになっていきたいと思っています。そのためのアイデアはいろいろあります。例えばオーケストラと地元の子供たちの演劇やダンスを組み合わせたり、障害のある方と一緒にやるなど、区民の皆さんにどんどん舞台に上がって参加してもらいたいと考えています。夢はオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を小学生に演じてもらうこと。墨田区の小学生は全員それをやる、なんていうことができたら、区民共通の素敵な思い出になると思うんです。


柳川範之

ファミリービジネスの利点の一つは、経営者のモチベーションの強さです。創業者のモチベーションが強いのは当然としても、後を継いだ経営者にも、家族によって代々受け継がれてきた事業を、将来にわたり継続させたいという強いモチベーションが働きます。こうした経営者のモチベーションは、企業のパフォーマンスに大きな影響を与えます。


柳井正

やはり「褒める」と「叱る」の両方ともやって、その人にいいダイレクション(指導)を与えて、自分で考えるようにもっていかないと、人は育成できない。


稲盛和夫

最近は、上司が部下を叱るのを避ける風潮があるようです。しかし、叱ることができないのは、信念も思いも希薄な証拠です。リーダーが叱らざるをえないときに叱らないと、組織は弱体化します。


澤田秀雄

いくら商品が良くても、営業や宣伝が弱ければ売れません。逆にいくら一生懸命売っても、商品が悪ければ買う人はいない。営業力が弱いなら営業力を、商品力が弱いなら商品開発力をまず改善すべきなのです。


ページの先頭へ