岩谷直治の名言

岩谷直治のプロフィール

岩谷直治、いわたに・なおじ。日本の経営者。「岩谷産業」社長。高校卒業後、運輸会社に数年勤務しガスの製造販売の岩谷直治商店を創業。日本初のカセットボンベ式卓上コンロを製品化。プロパンガスの父と称えられた。

岩谷直治の名言 一覧

事業は三代かかって完成すると思っている。一代で何でもやろうとしてはいけない。会社を早く大きくしようとして、無理をすれば初代でつぶれる。仮に続いたとしても、子や孫の代に滅びる企業は実に多い。


ヒトマネでない事業を求め続けるのが私の経営の信念。本当に人々の生活に必要なものなら、必ず事業化できる。


多くの経済人を知っていますが、金儲けをしようとして金儲けを狙って儲けた人はみんな駄目になっています。これはたとえば宝くじに当たった人が、金が身に付かずに駄目になっていくのと同じだと思うんです。事業というものは植林と同じです。苗を植えて肥料をやり、草をむしり、丹精を込めて育てなければいけない。


岩谷直治の経歴・略歴

岩谷直治、いわたに・なおじ。日本の経営者。「岩谷産業」社長。高校卒業後、運輸会社に数年勤務しガスの製造販売の岩谷直治商店を創業。日本初のカセットボンベ式卓上コンロを製品化。プロパンガスの父と称えられた。

他の記事も読んでみる

矢野龍

20年ほど前、海外のファンドが当社の森林資産を買いたいと言ってきたことがありました。安く買って短期に高く売ろうと考えたのでしょうが、私は「安く買えるけど、九州の山奥のヒノキを買っても、すぐには買い手はつきませんよ」と伝えました。彼らは納得したらしく、最後は非常に感謝されました。森林の仕事は30年、40年のロングスパンです。当社の株主の多くはその視点で見てくれています。


竹田和平

株で失敗する人は多いけれど、みんな明日の夢ばかりを買いすぎるのが原因だと思います。だからケガをする。多くの人がみんな夢ばかりを追うので、夢のない会社の株は、本来の内容に比べて圧倒的に安い値段で叩き売られる。それがいまの日本です。だけど世間の人がどう思おうと、割安で買える株があるなら、僕は黙ってそれを買うだけです。


重田みゆき

クレーム対応のとき「謝らなくては」と思って頭を下げてばかりいると、丁重さを通り越して卑屈な印象になってしまいます。怒っている相手に、とりわけ多忙な人の場合は、「おろおろと平謝りをするスタッフ」が出てくると、怒りを倍増させます。私はホテル勤務時代、クレーム対応の際には、笑顔で入室し、最初にしっかりと謝罪をして頭を下げたあと、すぐに本題に入っていました。結果、例外なくすべてのお客様が怒りを解いてくださいました。自信と迅速さこそ、解決への最短距離を拓くものなのです。


澤田秀雄

調べると、ホテルの一番のコストは人件費、光熱費であることが分かった。世界一生産性の高いホテルを作ろうと考えた時に、この人件費と光熱費をどう削減させるか。それにはロボットや自動化されたシステムが必要なのではないか。そう考えたのです。最初からロボットホテルありきだったわけではありません。しかしロボットホテルを作ったことで世界から注目されるようになり、集客を後押しする結果になりました。


石渡美奈

新しい宣伝の可能性を探し続けたところ、目に留まったものがありました。車体を広告にしたラッピングバスです。さっそく、ホッピーの物流トラックを走る広告塔「ホピトラ」に変えたところ、マスコミでも話題となり、ホッピーへの興味を高めることに成功しました。


中原淳

中には、キレると沈黙する人もいます。「君はどう思う?」と話を振っても、黙ることで不満を表わすタイプですね。もし相手が沈黙してきたら、こちらも黙って待つのが正解。「1時間でも2時間でも待つ」という覚悟を持ちましょう。そうしてこちらの本気度を示せば、相手が根負けして口を開いてくれるものです。


糸井重里

「虫歯をなくそう」だとか、「風邪をひいたら休め」だとか、「とにかく健康でいましょう」だとかね、子供に言うようなことを、言い続けているのです。いざというとき「ここで無理しようぜ」という余裕を残しておけるのも、健康あればこそですから。


筒井康隆

僕は自分が一度書いたアイデアだって、二度と使わない。ファンの中にはいるんですよ、「ここに書かれているのは、この前と同じだ」っていってくる人が、必ず(笑)。そのためにも自己盗作というのを絶対やらない……といっても、締め切りに追われて、1、2回はやってるんですけどね。どうしてもアイデアが浮かばなくて。『ビタミン』という短編を書いて、評判がよかったもんだから、その後に『ホルモン』というのを書いたりして(笑)。これ二番煎じなんですよ。切羽詰まって、そういうのが2回ほどあったかもしれない。でも、それ以外はなかったんじゃないかな。二番煎じというのは、書いてても面白くないし……。


安藤忠雄

いまの世の中には、社会が面白くないといって現実から目を背けている若者が多いようです。しかし、たとえどんなことがあっても、一度、極限まで突き詰めてみるべきだと思います。そうして自分をギリギリにまで追い込むことで、冷静な判断力と、常に平常心を保つ精神力を養うことができます。


黒川博昭

米国はまだシェアが低く、競争力強化は道半ばですが、1兆から2兆円をかけて強引に先行企業を買収しても成功するとは思えません。力を入れる領域で買収は続けますが、尺取虫のように時間をかけて、人を育てながらきちんとやっていきます。


秦建日子

1冊の本を読むには、かなりの時間がかかります。読者からそれだけの労力を頂いている以上、何らかのポジティブなものを残すのは書き手の義務だと思っています。


西脇俊二

だるさを感じる原因の一つは、老廃物が排出されず、身体の中に蓄積されてしまうことです。老廃物が溜まると、身体に様々な悪影響を及ぼします。ところが、老廃物を運ぶリンパ管には、ポンプ機能がありません。血管には心臓というポンプがあるので、寝ている間も全身に血液が巡ります。しかしリンパ管には、リンパ液を送り出す装置がついていないのです。では、どうすればリンパ液が流れ、老廃物が溜まらないのかというと、全身運動で筋肉を動かすことです。しかし、多くの人は、仕事で疲れたからといって、休日は身体を動かさずにゴロゴロして過ごします。それではますますリンパ液の流れが滞り、「休んだはずなのに、だるさが取れない」ということになります。つまり、「だるいから連動しない」というのは、逆効果なのです。


藤巻健史

プロフェッショナルになるのは、どんな分野でも構わない。先日、片づけのスペシャリストである近藤麻理恵さんが、『TIME』誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。片づけも極めれば、世界で注目される。


竹中平蔵

チャレンジするという言葉が経営の全て。とにかく批判せずにやってみる事が重要。


定保英弥

考えることよりも、とにかくまず行動。悩みに直面した時は、ダメもとでも動いてみる方が、結果的に近道であることが多い。


ページの先頭へ