名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩片和行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩片和行のプロフィール

岩片和行、いわかた・かずゆき。日本の経営者。エアアジア・ジャパン社長。東京出身。早稲田大学法学部卒業後、専門商社に勤務。海外駐在員として勤務したのち、全日本空輸(ANA)に入社。同社で経営企画室主席部員、運航本部乗員業務部主席部員、アジア戦略室長などを務めた。アジア戦略室長時代、エアアジア・ジャパンの設立に関わり、初代社長に就任。

岩片和行の名言 一覧

現場をスムーズに回すためには、スタッフたちに「うちのリーダーは頼りになる」と思ってもらえるかどうかが、ひとつの勝負でした。


日常的に現場でスタッフと話していれば、他のスタッフも「気軽に相談してもいい人なんだな」と感じてくれます。


スタッフのミスも頭ごなしに叱ることはしないで、そのスタッフの言い分もしっかり聞くようにしました。部下からの信頼を得て、それをもとに彼、彼女らの仕事の質を上げていくためには必要なことだと思います。


たとえばクレーム対応の際、「義務」だと思っていると面倒な仕事でしかありませんが、「なぜお客様はこうおっしゃるのだろう?」「スタッフはなぜこの判断をしたのだろう?」と好奇心をもってお客様やスタッフと接すれば、非常に興味深い仕事に変わります。その態度があるのとないのとでは、同じ仕事をしても経験の質と量がまったく違ってきます。当然、その後の改善にも影響するでしょう。


出世街道から外れた、得意な仕事じゃないなどと余計なことを考えずに、与えられた仕事をしっかり受け止めていけば、40代でも、20代のころと同じように成長できるのではないかと思います。


私は広報部や国際交流室など、未経験の部門をたくさん経験してきましたが、そのすべての経験がいまにつながっています。


新しくて小さな航空会社ですから、社長自身があらゆる業務に関わる必要があります。それには現場の仕事の勘所やお客様の気持ちを理解しないと判断できません。空港の現場の仕事を経験したことは、いまの社長の仕事にも活きています。


本社部門から現場への異動は出世コースを外れることという見方があることは否定しません。しかし、私自身にとっては念願の異動でした。それまでBtoBの仕事の経験しかなく、長い間BtoCの仕事がしたいと考えていたのです。


若いスタッフたちと日々泣いたり、笑ったりしながら、楽しく仕事ができました。「いままでの仕事の中で、もう一度経験するとしたら?」と聞かれたら、真っ先にこの空港の仕事を選びます。


クレームがあったら積極的に自分が対応しました。これは、スタッフを信頼していないからではなく、役職者が出ていった方が、話が早いからです。多くの場合は、お客様の話をじっくりとお聞きして対応すれば納得していただけるものです。


仕事に慣れてくると、自分の論理を優先して相手のことを考えなくなってしまう場合もあるかもしれません。それを防ぐためにも、相手の立場に立って、自分の仕事を外から眺めるような視点を持つべきです。


現場にいれば、問題発生とその解決を膨大な数で経験できます。この経験はより大きな問題に接した場合でも、必ず活きてきます。


会社の論理に染まりきらないよう努めています。これは6年間担当した広報業務の影響です。会社の論理だけに立てばマスコミから信頼されず、好意的には報じてもらえません。かといって会社と反目するようでは、そもそも広報は務まりません。ですから、党内野党のように健全な批判精神をもって会社に接することを心がけてきたのです。すると、会社の問題点などを客観視できるようになりました。これは広報でなくても必要な姿勢だと思います。


信頼関係を築くには、自分から歩み寄って、相手を知ることが大切だと考えました。現場でスタッフが働く様子を日々間近で見ていれば、200人いても顔と名前が一致してきます。また、何かを話したがっているスタッフの存在にも気づきます。そうした場合に、立ち話でもいいから話を聞くことで、その人が抱えている悩みや将来の希望などがわかります。机に座りっぱなしでは、こうした情報は得られません。


岩片和行の経歴・略歴

岩片和行、いわかた・かずゆき。日本の経営者。エアアジア・ジャパン社長。東京出身。早稲田大学法学部卒業後、専門商社に勤務。海外駐在員として勤務したのち、全日本空輸(ANA)に入社。同社で経営企画室主席部員、運航本部乗員業務部主席部員、アジア戦略室長などを務めた。アジア戦略室長時代、エアアジア・ジャパンの設立に関わり、初代社長に就任。

他の記事も読んでみる

マイケル・ポーター

毎年、数人の教え子が「私はこれから何をすべきでしょうか」と聞きに来ます。私のアドバイスはいつも同じです。「報酬をもらえなくてもやりたいと思えることは何かを考えなさい」と。名声や高額の報酬を得たくて仕事を選ぶ人は、偉大な経営者にはなれません。


上野金太郎

右肩上がりは経営者が目指すべきもの。新しい試みへの挑戦はブランドの鮮度を保つためでしょう。


渡文明

デフレ下で何をするべきかと言ったら、不要なコストのカット、不要不急な部門の閉鎖、商品の質の向上による差別化、企業の場合これ以外方法はない。


渡邉美樹

私は「鈍」であれといいたい。鈍な奴は必ず成功している。人生はとにかく鈍でいこう。鈍とは鈍いということ。頭が悪くて、表現もうまくない。しかし、こういう鈍な人間が社会的に影響力を持っている。私くらいの歳になって、会社の中でも確固とした地位を持ってリストラにも無縁の奴は、「鋭にして鈍」「鈍にして鈍」な人間である。頭は良くてもよくなくても、一つのことをきちんとできる人間だから、人生がうまくいく。


施崇棠(ジョニー・シー)

受け入れやすい価格で、最高のパフォーマンスを出すために、なにが必要か。我々はその点を磨き続けてきた。


大河原愛子

母が私たちによく言っていたのは「お金やモノを失くすことは仕方ない。ただ、学んだことは知識となり、誰にも取られたりしません」という言葉でした。これを聞いて、私自身も本を読んだり、勉強して学んだことは自分の糧になるんだという信念を持ちました。


山本利行

経営環境は不透明さを増すばかりですが、ものづくりの会社という原点に立ち返って、世の中にない新製品の開発で市場を切り拓いていきたい。


森川亮

一般的にネットの会社にはエンジニアが多いのですが、エンジニアの人ってロジックでコミュニケーションをする癖があります。そういう人ほど手短にコミュニケーションを済ませようとするのですが、一般の人ってそうじゃないですよね。ロジックではなくて感覚を共有したいとか、気持ちを伝えたいという人がほとんどだと思います。


吉越浩一郎

残業を減らすことでできた時間の使い道は、個人が考えることなので、会社が関与することではありません。ただ、第二の人生を歩きはじめた私の経験からいわせてもらえば、個人の趣味や家族のためにその時間を使った方がいいと思います。人生80年時代においては、仕事をしている時間よりも、それ以降の方が長いのですから、アフターファイブはそのための準備に費やしたほうが、より人生が豊かになるでしょう。


三枝利行

「自ら壁を作らず、先入観を持たず、まずやってみること」。これを社員には繰り返し伝えています。


石黒和義

人の一生の中では、ゆったりと過ごす「ラーハ」のような時間も必要ですし、仕事が全てではないと思う。


夏原武

おかしな話ですが、詐欺は信頼が命です。いかに人を説得して、信用してもらうかが勝負となります。そこで説得に利用されるのが、私が「三種の神器」と呼ぶ3つの仕掛けです。

  1. 既存の金融商品とどことなく似ていて、かつわかりやすいシステム。
  2. 芸能人などの派手な広告等。
  3. セレブ感たっぷりな会場などの舞台装置。