名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩片和行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩片和行のプロフィール

岩片和行、いわかた・かずゆき。日本の経営者。エアアジア・ジャパン社長。東京出身。早稲田大学法学部卒業後、専門商社に勤務。海外駐在員として勤務したのち、全日本空輸(ANA)に入社。同社で経営企画室主席部員、運航本部乗員業務部主席部員、アジア戦略室長などを務めた。アジア戦略室長時代、エアアジア・ジャパンの設立に関わり、初代社長に就任。

岩片和行の名言 一覧

現場をスムーズに回すためには、スタッフたちに「うちのリーダーは頼りになる」と思ってもらえるかどうかが、ひとつの勝負でした。


日常的に現場でスタッフと話していれば、他のスタッフも「気軽に相談してもいい人なんだな」と感じてくれます。


スタッフのミスも頭ごなしに叱ることはしないで、そのスタッフの言い分もしっかり聞くようにしました。部下からの信頼を得て、それをもとに彼、彼女らの仕事の質を上げていくためには必要なことだと思います。


たとえばクレーム対応の際、「義務」だと思っていると面倒な仕事でしかありませんが、「なぜお客様はこうおっしゃるのだろう?」「スタッフはなぜこの判断をしたのだろう?」と好奇心をもってお客様やスタッフと接すれば、非常に興味深い仕事に変わります。その態度があるのとないのとでは、同じ仕事をしても経験の質と量がまったく違ってきます。当然、その後の改善にも影響するでしょう。


出世街道から外れた、得意な仕事じゃないなどと余計なことを考えずに、与えられた仕事をしっかり受け止めていけば、40代でも、20代のころと同じように成長できるのではないかと思います。


私は広報部や国際交流室など、未経験の部門をたくさん経験してきましたが、そのすべての経験がいまにつながっています。


新しくて小さな航空会社ですから、社長自身があらゆる業務に関わる必要があります。それには現場の仕事の勘所やお客様の気持ちを理解しないと判断できません。空港の現場の仕事を経験したことは、いまの社長の仕事にも活きています。


本社部門から現場への異動は出世コースを外れることという見方があることは否定しません。しかし、私自身にとっては念願の異動でした。それまでBtoBの仕事の経験しかなく、長い間BtoCの仕事がしたいと考えていたのです。


若いスタッフたちと日々泣いたり、笑ったりしながら、楽しく仕事ができました。「いままでの仕事の中で、もう一度経験するとしたら?」と聞かれたら、真っ先にこの空港の仕事を選びます。


クレームがあったら積極的に自分が対応しました。これは、スタッフを信頼していないからではなく、役職者が出ていった方が、話が早いからです。多くの場合は、お客様の話をじっくりとお聞きして対応すれば納得していただけるものです。


仕事に慣れてくると、自分の論理を優先して相手のことを考えなくなってしまう場合もあるかもしれません。それを防ぐためにも、相手の立場に立って、自分の仕事を外から眺めるような視点を持つべきです。


現場にいれば、問題発生とその解決を膨大な数で経験できます。この経験はより大きな問題に接した場合でも、必ず活きてきます。


会社の論理に染まりきらないよう努めています。これは6年間担当した広報業務の影響です。会社の論理だけに立てばマスコミから信頼されず、好意的には報じてもらえません。かといって会社と反目するようでは、そもそも広報は務まりません。ですから、党内野党のように健全な批判精神をもって会社に接することを心がけてきたのです。すると、会社の問題点などを客観視できるようになりました。これは広報でなくても必要な姿勢だと思います。


信頼関係を築くには、自分から歩み寄って、相手を知ることが大切だと考えました。現場でスタッフが働く様子を日々間近で見ていれば、200人いても顔と名前が一致してきます。また、何かを話したがっているスタッフの存在にも気づきます。そうした場合に、立ち話でもいいから話を聞くことで、その人が抱えている悩みや将来の希望などがわかります。机に座りっぱなしでは、こうした情報は得られません。


岩片和行の経歴・略歴

岩片和行、いわかた・かずゆき。日本の経営者。エアアジア・ジャパン社長。東京出身。早稲田大学法学部卒業後、専門商社に勤務。海外駐在員として勤務したのち、全日本空輸(ANA)に入社。同社で経営企画室主席部員、運航本部乗員業務部主席部員、アジア戦略室長などを務めた。アジア戦略室長時代、エアアジア・ジャパンの設立に関わり、初代社長に就任。

他の記事も読んでみる

田中健介(経営者)

経営と囲碁の共通点は未来をシミュレーションし、その見通しから現実を変えていく視点です。囲碁で言えば、最後の終局を目指しながら打っていくということです。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

ほぼ日手帳のマス目を4mmから3.45mmに変えたとき、ユーザーの方から使いにくくなったというご意見を頂いて、糸井(重里)さんと「はっ、これは……!」と顔を見合わせました(笑)。ユーザーの方に集まっていただき、使い心地をテーマに座談会を開いて、僕も参加したんです。皆さん、はっきりおっしゃる(笑)。でも、挑戦したものに対する、エンドユーザーの声を聞くことは本当に貴重でしたし、最初から現在の3.7mmに着地するのではなく、3.45mmを一度ユーザ-の方と確認できたことは良かったと思います。ユーザーの声を聞きながら輪郭を探ってきたものは、スタンダードと言われる商品になりますから。


星野佳路

会社員という立場だった時は、課題に直面しても「会社には会社の都合もある。ある程度は仕方がない」などと妥協することもあった。でも、経営者という立場になり、すべて自分で舵を切ることができるようになると意識が変わった。その時から、経営学の本1冊を軸にして、一気に舵を切る方法を取るようになったのです。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

原宿、代官山、青山エリアなどにも手を入れていこうかと考えています。東急にはそんなにまとまった土地はないのですが、我々が真ん中で再開発する絵は見えているので、おのずと投資が生まれると見込んでいます。言い方は悪いですが、乗り遅れないようにという心理が働くものです。その証拠に、「どこどこの開発で東急さん、一緒にやってくれないか」という話がぽつぽつ入ってきています。


國光宏尚(国光宏尚)

今回のトラブルも後ろ向きにとらえるのではなくて、失敗から学んで同じことを繰り返さない体制をつくり、次の挑戦につなげていきたい。


南佳孝

実は、この2曲(「モンロー・ウォーク」「スローなブギにしてくれ」)とも15分くらいでできたんだ。だからヒット曲というのは意外とパンとできちゃうものでね。不思議だよね。


髙松修身(高松修身)

顧客の環境に合わせてフレキシブルに対応できたことがここまで成長できた要因。


オグ・マンディーノ

苦労に苦労を重ねて獲得したものこそ、最も長持ちするのです。自分で財産を築いた者の方が、相続した者より自分の財産を大切にするのと同じです。


横山進一(経営者)

現場も頻繁にまわります。地方の小さい支社の営業職員の大会や懇親会にもよく出席します。第一線の営業職員とじかに話ができますから。トップは現場に近くないとだめです。現場の営業職員から聞いたことが、私のエネルギーになっている。だから私は彼らの要望を聞くんです。要望を聞くからには実行しなくてはいけません。現在も、何十という宿題を抱えています。


河合薫

「ダイバーシティ」を掲げる企業も多いですが、本来の意味でのダイバーシティをしている企業は非常に少ない。国籍、年齢、採用形態などあらゆる属性の人と一緒に協働するという概念なのに、なぜか女性登用の話ばかりなのです。「なんの目的でダイバーシティをなさっているんですか?」といっても、答えられるリーダーはほとんどいません。これでは、いつまで経っても多様な人が能力を発揮できる職場にはならないでしょう。


小林一雅(小林製薬)

市場が拡大し始めた際の注意として、ライバルをつぶしにかかってはいけません。特に、いじわるはダメ。問屋を介して圧力をかけたり、原材料メーカーを通じて供給を止めたり、といった妨害は、法に抵触するだけでなく遺恨も生まれます。「窮鼠猫を噛む」というように、いまは小さな存在だとしても、いずれ自社を脅かす存在になるかもしれません。


弘兼憲史

あらゆる仕事はチームワーク。漫画家も、本人の才能だけでは連載は続けられません。周囲の助けが必要です。