名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩淵克郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩淵克郎のプロフィール

岩渕克郎、いわぶち・かつお。日本の教育者。岩手県出身。満州国立建国大学政治学科に第一期生として入学。在学中に造園・緑化に興味を持ち、キャンパスの造園計画を作成し実行する。満州建国大学卒業後、岩手に戻り農業をしながら「鶏鳴塾」を開設。酵素肥料の普及促進活動を行い、農作物増産に貢献。京都地方法務局長、白河市公証人、立教志塾初代塾長などを務めた。

岩淵克郎の名言 一覧

一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日です。一日を一生のごとく真剣に生き、一生を一日のごとく気楽に生きたい。


岩淵克郎の経歴・略歴

岩渕克郎、いわぶち・かつお。日本の教育者。岩手県出身。満州国立建国大学政治学科に第一期生として入学。在学中に造園・緑化に興味を持ち、キャンパスの造園計画を作成し実行する。満州建国大学卒業後、岩手に戻り農業をしながら「鶏鳴塾」を開設。酵素肥料の普及促進活動を行い、農作物増産に貢献。京都地方法務局長、白河市公証人、立教志塾初代塾長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

お金は1か所にとどまらせていてはいけない。働かさないことには、新たな価値を生まない。


是枝伸彦

私が解せないのが、なんで大企業はあんな簡単に従業員の人員削減に手を付けるのだろうということ。企業にとって最大の資産は人材なんです。モノや発想を生み出すのは機械でもなんでもなくて、人なんですよ。それをなんでいとも簡単に首切りしてしまうのか、と思うんです。


徳力基彦

パソコンからネットを始めた人は、ネットは「検索」のできるオープンな空間だと理解している人が多いでしょう。一方、スマートフォンからネットを始めた人は、ツイッターやLINEなどからネット活用を始めた人が多く、ネットとは友人とつながる。プライベートな空間だと誤解しがちです。ある経営者は、従業員の前で、ツイッターの過去の書き込みがすべて検索できることを実演してみせて、はじめて軽率な書き込みの怖さをわかってもらえた、と話していました。


武田信繁

武人にとって最も大切なことは、弓や馬に対する常日頃の心がけである。『論語』に、「わが道でないところにかれこれと手を出して、肝心の己が大道をなおざりにすることは、害ありて益なし」といっている。


枝川義邦

ワーキングメモリという記憶を蓄える仕組みは、脳内のネットワークで形成されていますが、前頭前野がメインプレイヤーを担っています。この前頭前野の機能が低下したときによいのは、まず「昼寝」をすることが挙げられます。前頭前野は、会社で言えば社長や役員のような、高位な意思決定機関です。そのため、朝起きてからずっと様々な情報が入り、昼過ぎには積み重なっている状態に。それをいったんリセットするのが「昼寝」というわけです。昼寝が難しければ、何も考えずボーッとするだけでも、前頭前野の休息になります。同様に、自身を内省する「瞑想」をするのも良い方法です。


木島洋嗣

人とのつながりは重要です。僕の場合、「この仕事は何がきっかけで始まったのか」ということは、いつも振り返るようにしています。すると、つれていってもらったバーで隣に座っていた人が日系企業のトップで、のちに仕事につながったというケースが結構あります。だから人間関係づくりには、お金を惜しまないようにしています。といっても、飲み代と交通費ですが。


小林敏(経営者)

人間の促成栽培はできないぞ。


糸井重里

スタッフには、「自分たちが、まず消費者であり、第一のお客さんなんだ」と繰り返し言っています。


井上英明

私は以前、自分は何のために生きているのかその答えを見つけるために、集中的に本を読んでみました。いろいろ読んだ中で、中村天風さんの本に書いてあった「エレベーション」という言葉がピンときたんです。人間は限られた人生の中で、自分を高めるために生きているんだ、と。


江上治

失敗も挫折も、そこに至る過程で人生の選択をしてきたのはすべて自分です。他人のせいにするよりも、覚悟を決めて問題解決にあたった方が自分の成長にもつながります。気付かずに「でも」と言い訳を口走っている人は、その口癖からまずは改めてみてください。


松﨑暁(松崎暁)

海外で支持されている理由は、品質、デザイン、機能性だと思います。生活の基本となるものを扱っていて、そこに価格の合理性もある。どの国でも起きて食べて寝てという行動は変わらないので、基本的な品ぞろえは、全世界ですべて同じです。


櫻川七好

太鼓持ちはお客様を「ヨイショ」しますが、よくいう「ゴマスリ」とは違うんですよ。たとえば、ご贔屓の旦那がベンツを買ったとしましょうか。「さすがですね。羨ましい」と、お追従をいうのは誰でもできるので、つまらない。そこで、「ときに、ベンツって、タイヤは4つ、ちゃんとついているんですか?」と、ボケてみせたりするわけです。すると旦那は「馬鹿だね、おまえは。よし、それじゃ今度乗せてやるから、よく見てみろ」といった具合に返すので、会話が弾む。相手を持ち上げるだけでなく、ときには軽妙なユーモアを交えて、ほどよい塩梅で相手を落とすのも、トークのスパイスになる。それがヨイショのツボで、互いに胸襟を開いた関係になる。