名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

岩波貴士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

岩波貴士のプロフィール

岩波貴士、いわなみ・たかし。日本の経営コンサルタント。「日本アイデア作家協会」代表。千葉県出身。東洋大学経済学部卒業、中央大学法学部卒業。特許調査事務所などを経て独立。

岩波貴士の名言 一覧

ヒットするアイデアは何気ない日常にたくさん潜んでいる。それをいかにしてすくい上げるか。これには少しのセンスとコツが必要。


冠婚葬祭は特別な日。ゆえに、お金も惜しまないし、記念に何か残したいという思いも生まれます。こういった財布のひもが緩むところにビジネスチャンスがある。


アイデアのキモになるのが、「強み」と「悩み」の足し算。要は「困っている」「必要としている」物事に注目し、解決策をビジネスにするのです。


今日のビジネスは非常に細分化され、様々な商品やサービスに溢れています。一見、チャンスがないように見えますが、アイデアひとつで大ヒットを生み出せる状況ともいえる。


会社にいても、会社の外に出ても、稼ぐ力があれば困らない。長く安定収入を確保し、充実した人生を送ることが出来る。


本来の自分とは違う行動をして、いろいろな体験をしてみる。そうすれば、今まで気付かなかった他人の欲求が、たくさん見えてくる。


世の中が細分化すればするだけ、新しい市場が増える。ビジネスは例えれば円のようなもので、その数が増えたとしても、その分だけ円と円との隙間は増え、決してなくならない。


現代は悩み多き時代です。そこに目をつけて、人に言えない悩みを抱えた人を対象にした、悩み解消ビジネスは結構ニーズがあるんです。合コンで成功する方法、カラオケがうまくなる方法、人前でのスピーチの仕方など自信のある分野を苦手な人に教えるだけで、ビジネスが成り立ちます。


人工知能やロボットの進化により、正社員の仕事がどんどんなくなると言われています。そんな流れの中でひとつの仕事に縛られるのはリスクが高い。これは自営業も同じです。自分や家族の身を守るために、稼ぎの場を広げておいたほうがいいでしょう。


ヒット商品は、「言葉にはしない程度の、ささいなイラつきやまごつきを解決してくれる」という特徴がある。例えばPCメガネも、あえて言葉にはしない不満を解消してくれる。かつて大ヒットしていまや定番商品になっている角消しゴムも、消しゴムの角で消せたら嬉しいというささいな欲求を解決するものでした。


老舗箸メーカー「兵左衛門」の「かっとばし!!」が大ヒットしました。折れたバットを再利用した箸です。ただの箸ならどこにでも売っていますが、プロ野球選手のバットを使うことで、特別な価値がつく。話題性もあるので、野球ファンがネット上に書き込み、クチコミで広がることだってあるでしょう。モノがあふれる時代、普通のモノはすでに持っているからこそ、ここでしか手に入らないというプレミア感が財布のひもを緩めるポイントなのです。


岩波貴士の経歴・略歴

岩波貴士、いわなみ・たかし。日本の経営コンサルタント。「日本アイデア作家協会」代表。千葉県出身。東洋大学経済学部卒業、中央大学法学部卒業。特許調査事務所などを経て独立。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

生活習慣病にならないように心がけている人は増えても、うつ病の予防対策を立てている人は極めて少ない。しかし、うつ病に対して何の予防策も取らないのは極めてリスクが高い行為です。うつ病になれば仕事にも大きな影響が出ますが、能力が十分発揮できない社員を雇い続ける余裕のある企業は多くありません。また、休職をするにしても、規定の体職期間が満了して仕事に復帰できなければ失職してしまいます。転職をするにしても、以前の会社と同じ条件で転職するのはなかなか難しいでしょう。なかには働くことができなくて、生活保護を受けることになる人も少なくありません。このようにうつ病は、人生を大きく変えてしまうほどの影響力を持っています。ですから、「うつ病かもしれない」と思った場合には、早めに診察を受けることをお勧めします。


川淵三郎

世界基準に沿って課題を突き詰め、定量的分析を基に改善策を具体的に明文化することが大事だ。それを各部門の専門家や各年代の指導者で共有することが未来への大きな布石となる。


辻本憲三

もともとは高校を卒業して、叔父が経営していた菓子問屋を手伝っていました。ところが、数年して叔父が店を畳むというので、21歳で独立して菓子店を開いたんです。その後、取引先が持ち込んできた綿菓子製造機に興味を持って行商を行うことにし、九州の駄菓子屋さんで子供向けに改良した改造パチンコに出会ったんですね。改造パチンコというのは、中古のパチンコ台を子供向けに作り直したもので、子供がそれに熱中している様子を見て、ゲームに注目するようになりました。当時は娯楽が無い時代だったので、駄菓子屋やスーパーに置いたら、大人気。子供だけでなく、いろいろな人が集まってきました。その後、米国で流行していたピンボールのレンタルをやるようになりました。当時のゲームはみな米国製ですから、米国に行き来するようになったのですが、米国でテレビのモニター上でピンポンをやるソフトが開発されたというので、見に行ったんです。それがテレビゲームのはしりで、当社でもテーブル筐体型のゲームを生産することにしたんです。それがインベーダーゲームのブームと相まって大ヒット。タイトーさんからライセンスを取得して、生産したら相当売れました。


平林岳

僕にとって審判という職業は、お金を稼ぐためだけの仕事ではないんです。好きなことであり、趣味、生きがいなんです。お金が目的なら米国のマイナーリーグに戻る理由など何もありませんでしたが、我慢してやりたくないことをやっているよりは、やりたい審判をしたかった。


中林美恵子

二大政党制のアメリカでは、予算委員会に共和党と民主党のそれぞれが独自のスタッフを擁しています。予算委員会で働いていたとき、私が所属したのは共和党側です。議会で党の主張をはっきりアピールし、滞りなく議案を通すことができるかどうかは、私たちの働きにかかっています。書類の数字ひとつ打ち間違えるわけにはいかない責任重大な仕事です。早く仕事を覚えよう、チームに貢献しようと懸命に働く日々。忙しい時期には、2、3日ろくに眠らないこともありました。それでも、つらいと感じることはありませんでした。私にとって未知の経験ばかりでしたから、ひとつひとつの仕事に取り組むたびに、自分の世界が広がっていく感覚があったのです。


アレックス・ゴルスキー

買収した企業に哲学を根付かせるために重要な役割を担うのが買収先の企業に派遣された経営幹部やリーダ一です。彼ら、彼女らがどのようにクレドに基づいた働き方を実践しているのか、買収先の社員に直接見てもらうことで、「生きた見本」になるのです。1~2年かけて価値観を共有できたかどうかを常に確認しています。


ドン・キング

私が君の人生のむなしさから救い出し、大金を稼がせてあげよう。
【覚書き|父親、親しいマネージャーを亡くし、結婚生活が破綻寸前だったマイク・タイソンに言った言葉。タイソンはキングによって選手生命を復活させた】


永守重信

「世界一のモーターメーカーになる」という大きな夢を抱いて社業をスタートしたものの、競合は日立や松下など日本を代表する大企業ばかり。我々とは人、モノ、カネ、すべてにおいて比較にならないほどの差があった。それでも何とかして彼らに勝つ方法がないか。必死で考え続けた結果、我々零細企業も社員数が何万人の大会社も、たったひとつだけ、まったく平等な量の「資産」を持っていることに気づいた。それは「時間」である。1日が24時間であることは、大企業のエンジニアも我々もまったく変わらない。「相手が8時間働くならば、その倍の時間、働けば勝てるかもしれない」。そう考えて、仲間とともに食事や風呂、睡眠時間を除いた1日16時間、懸命に働き続けることにした。


森川亮

本当にいいプロダクトやサービスとは、おばちゃんがマニュアルなしにすぐ使えるもの。


勝俣宣夫

丸紅では、経営戦略、経営管理システムを全員に浸透させています。それらを頭に入れながら、自らのビジネスモデルをつくりあげ、実行できる人材が必要なんです。


杉山金太郎

一寒村の小農の家庭に生まれたため、幼少から、常にものを大切にするように、しつけられてきた。そのためか、自分の勤務先でもあらゆるものを大切にし、たとえ一枚の紙、一本の鉛筆、一粒の大豆でも、必ず無駄にしないことを念願して、社内の従業員にも、厳にその心構えを伝えているのである。


橋口昌弘

お客さんは100%満足していない、という考えが前提としてありました。ならば、どんな小さなことでも、1つ1つ問題点や不満に応えていこう、と。この愚直な積み重ねが現在につながっていると思います。